一年で300万遍達成

今年1年間でちょうど唱題300万遍達成しました。年間のペースとしては自己最高記録となりました。広布の戦いにおいては、全て自己の限界突破の戦いをすることができました。自分らしく戦い切り、無事故・健康に一年を締めくくれるのが最大の功徳です。

来年こそは一枚も二枚も壁を突破して、折伏の結果をもぎ取っていきます! そのためにも、今年以上に一念強き題目をあげにあげて、法を聞かせる聞法下種の実践から徹底してやり切っていきます! ではまた恒例の御書拝読を致します。

問うて云く凡そ仏法を能く心得て仏意に叶へる人をば世間に是を重んじ一切是を貴む、然るに当世法華経を持つ人人をば世こぞつて悪(にく)み嫉(ねた)み軽しめ賎(いやし)み或は所を追ひ出し、或は流罪し供養をなすまでは思いもよらず怨敵(あだ・がたき)の様ににくまるるは、いかさまにも心わろくして仏意にもかなはず・ひが(僻)さまに法を心得たるなるべし、経文には如何が説きたるや、

答えて云く経文の如くならば末法の法華経の行者は人に悪まるる程に持つを実の大乗の僧とす、又経を弘めて人を利益する法師なり、人に吉(よし)と思はれ人の心に随いて貴しと思はれん僧をば法華経のかたき世間の悪知識なりと思うべし、此の人を経文には猟師の目を細めにして鹿をねらひ猫の爪を隠して鼠をねらふが如くにして在家の俗男・俗女の檀那(だんな)をへつら(諛)い・いつわ(偽)り・たぼら(誑)かすべしと説き給へり
(法華初心成仏抄p.555~)

世間の過失が一分も無いにも関わらず、法華経ゆえに悪口を言われたり迫害を受けるのは、正しい実践をしているからこそ、であるとの仰せです。ここで言う「実の大乗の僧」とは、世界で唯一正しく法華経の肝心を実践している創価学会(員)です。三類の強敵に怨(あだ)まれ、それらと戦い打ち破ってこそ、真実の法華経の行者なのです。

妙法蓮華経の徳あらあら申し開くべし、毒薬変じて薬となる妙法蓮華経の五字は悪変じて善となる、玉泉と申す泉は石を玉となす此の五字は凡夫を仏となす、されば過去の慈父尊霊は存生に南無妙法蓮華経と唱へしかば即身成仏の人なり、石変じて玉と成るが如し孝養の至極と申し候なり
(内房女房御返事 p.1423~)

二つ目の御書は、「変毒為薬」の法門を通して、南無妙法蓮華経には凡夫を仏となす功徳力があること。あなたの亡き父は生きていた時に、信心強き我が子からの勧めによって題目を唱えられていたのだから、即身成仏していることは疑いがないことをご断言されています。

本年も多くの方々から励ましと応援、ご指導ご鞭撻を頂き、深く感謝申し上げます。では皆さま、よいお年をお迎えください。

(平30.1.2 加筆・修正しました)

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA