指導集

学会指導

「人間のための宗教」こそ正道 -2月闘争の淵源(2)

●わが大闘争の歴史は「大福運」の歴史(続き) 「権威主義的宗教」か「人道主義的宗教」か 20世紀の最も著名な社会心理学者の一人に、ドイツのエーリッヒ・フロム(1900〜1980年)がいる。フロムは、精神分析の観点から宗教を二つに分類している...
0
人材育成

広布への闘争力こそ信心 -2月闘争の淵源(1)

今回のB座談会の中心者を白ゆり長と共に仰せつかり、仕事が確定申告とも重なり多忙を極めています。約2週間ぶりの投稿となります。では早速、「伝統の2月」の淵源を先生のご指導から学びましょう。 ●わが大闘争の歴史は「大福運」の歴史 ー1992-8...
2
学会指導

真心が最大に報われるのが大聖人の仏法

衛星中継にて池田先生がご指導されていたのが、昨日のことのようです。日蓮大聖人が米などのご供養を頂いた際に、門下の真心をどれほど賞賛されていたことかを、先生が教えてくださったことがありました。 数多くのお手紙の冒頭に、御供養の品々を一つ一つ取...
2
学会指導

悪人は仏を炭とも敵とも見る -指導集(32)

正直なところ、読むのも気持ち悪いのだが、いつまでも創価ブログ村に居座って、学会への難クセに明け暮れている一人の退転者がいる。投稿時刻の記録を見ると日中に何度も投稿していることから見て、ろくに仕事もしていない人間であろうか。 批判・告発カテゴ...
0
世界平和

一闡提の対治こそ災難を防ぐ方途(2)

●前回のつづき 立正安国論講義(池田大作全集26巻)179ページ以降 「法蓮抄」には、この立正安国論の要点を、自ら次のように示されている。「彼の状に云く〔取詮〕此の大瑞は他国より此の国をほろぼすべき先兆なり、禅宗・念仏宗等が法華経を失う故な...
0
世界平和

一闡提の対治こそ災難を防ぐ方途(1)

各々、師子王の心を取り出だして、いかに人おどすともおずることなかれ。師子王は百獣におじず。師子の子、またかくのごとし。彼らは野干のほうるなり。日蓮が一門は師子の吼うるなり。 (聖人御難事1620㌻) 創価学会員が正義を叫ぶのは、師子が吼えて...
2
学会指導

創価学会 教学要綱

予定日より少し遅れて『創価学会  教学要綱』が、先日到着しました。本年の創立記念日に発刊された書籍です。中表紙には池田大作先生監修とあります。次の5枚の写真は、目次や奥付等です。画像の右に見える黒い物は読書用のクリップです。 (注意:画像は...
0
学会指導

宿命を使命に変える -指導集(31)

●寸鉄から 19-2-8 宿命と戦う姿をそのまま見せていけ――恩師。幹部(リーダー)の必死な姿に同志は続く。 ●珠玉の励まし「生涯、一兵卒として」 19-4-3付創価新報 1976年(昭和51年)8月25日、九州総合研修所に集った男子部、学...
2
信仰体験

不可能が可能になった -10時間唱題(27)

先月10月18日に今年12回目、トータル27回目の10時間唱題を完遂しました。そしてつい先日、見事に御本尊様の厳然たる功力が顕れ、自身の問題が解決に向け大いなる前進の結果が出ました。涙する思いで感謝の題目を捧げました。 関係者などに迷惑をか...
2
信仰体験

一遍の唱題に広大の功徳(3) -10時間唱題(25)

もう夏も終わり秋ですね。投稿が遅れましたが9月10日に、唱題10時間を完遂しました。7週連続となるとともに、本年11回目です。(昔、男子部有志で行なったのを含めると総計26回目です。) その題目の力としか思えないのですが、目前の絶体絶命の窮...
2