70項目の祈りが叶った

御祈念項目をノートに書き始めて約16年になります。題して『欲しいものリスト』です。最初は高価とは言えない物品から始め、物に限らず生活のことや仕事の目標、広布の節目の戦い、自分としては物凄いスケールの御祈念まで、16年間でその数170項目に達しました。

現在16年間で叶った項目はその内70個です。期間の前半8年間に限ってみると叶った率が高く、72項目中の52個が祈りが叶いました。パーセントにしてみると72%となります。

叶った内容としては、初の海外旅行(モスクワへの旅行)、30台で初めて彼女ができたこと、公営住宅に当選し入居、願った条件通りの車を購入、パソコンを合計4台買い換えたこと、25年間の悪癖を打ち破って禁煙し6年目に入ったこと、等々です。叶った時は確かに嬉しかったですが、この年になって振り返ってみると、境涯として次元の低さが露呈しているようです。

後半はなかなか簡単には実現し難いであろう、時間がかかる項目が増えてきたため、成就率が下がってきていると考えられます。あるいは自分の知らず知らずの信心の惰性であったとしたら、反省が必要かもしれません。

この御祈念ノートの書き方のルールは、次のようなものです。

1.どんな些細なことから壮大なスケールのことまで、自分が欲しいもの叶えたいことを何でも書いてよいです。人を害するような悪いこと以外は何でもOKです。

2.書き方は、まず記入年月日を書いて、叶えたいことを箇条書きに記します。いっぺんに多量に書くよりは、その時その時に欲しいなと強く思ったことを、書き加えていくとよいでしょう。

3.私の場合は、このノートを見ながら唱題して祈念するということは、特にしていません。ただ書いておくだけ、というのが手軽に続けられてよいのではと考えています。

4.定期的にノートを見直してみて、叶った項目があれば、横線でその項目を消します。叶った日付も記しておきます。

御書(道妙禅門御書p.1242)に祈りは「冥祈顕応」「冥祈冥応」であったとしても、すなわちハッキリとした祈りである「顕祈」でなくとも、信心に励めば現在・未来の祈りはすべて叶うと仰せです。その前提の上で、全力で努力を注ぐという意味と、自分の到達点へ心を定めるとの意味でも、また惰性を防ぐためにも、「何を、いつまで、どうするか」を具体的に決めて祈ることは大事です。

一念も新たに、先生と学会を宣揚できる自分になれるよう、いよいよ実証を示そう、功徳の体験を積もう、との決心で前進していきます。
(平成28.2.2加筆しました)

 

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


“70項目の祈りが叶った” への4件の返信

    1. トンさんこんばんは。トンさんてあの方かな? と思い当たる人を想像しています。

      記入年月日に目をつけて頂きましたか。そうです、これを書くことによって、成就日までにかかった日数も分かりますし、祈念項目を管理もしやすくなると思います。

      何より、学会員として祈って実践していれば、余り自覚はないですが、着実に1つ1つ祈りは叶っていっています。人間の欲望には際限が無い、それはつまり飽くなき向上心があることなのですが、また、叶ったことを1つ1つ意識に留めていないことも原因ですが、キチンと振り返ってみると、かなりの祈りが成就していることが分かります。

      我々はついつい大きな祈りに目が向きがちで、叶うまで時間がかかることに不満を持ちがちですが、小さくとも叶ったこと1つ1つにキチンと目を向ければ、着実にたくさんのことが叶っていることが見てとれます。また、そうした振り返りをしっかり行なうことで、大きな目標へも確信を持って取り組んでいくことができます。

      原因と結果が同時に具わる(種のなかに幹も葉も実も花も果実も全て具わる)という意味で南無妙法蓮華経は「因果倶時」なのですが、一朝一夕に種が大樹に育たないのと同じように、祈りの成就までは時間がかかります。その意味では、「因果異時」なのです。ですから途中の「信心」の持続、すなわち不退転の信心が大事なのですね。長文の返信になりスミマセン。

  1. 返信ありがとうございます、

    返信文を読み、さらに、アッ、と思いました。

    河合師範(今は副会長?)先生は「期限を決めて祈りなさい」
    戸田先生は「期限を決めるのはよくありません」

    どうしたら良いのか、迷っていましたが、

    >>これを書くことによって、成就日までにかかった日数も分かりますし、

    ああー、なるほど、と思いました。
    ちなみに、鯖さんから、東空(トンクウ)さんと呼ばれて(ネットで)いたので、そのトンです。

  2. やはり、東空さんでしたか、お久し振りです。鯖板いらいですね。調子はどうですか。

    戸田第2代会長が、期限を決めてはいけない、と言われたのは、真剣な実践もせずに、自分の勝手な都合だけでこの日までにと、御本尊に安易に功徳をねだる信心を、戒められたのでしょうね。自己の信・行が弱いが故なのですが、不信に陥らないように、との指導と考えられます。

    要は、自己満足のためだけの祈りは叶わないが、広布のための祈りは必ず叶います。それにつけても「何のため」との問いを、常に自らに発し続ける姿勢が大事ですね。生活・人生の1つ1つの勝利を、広布の前進のためにと、具体的に結び付けて祈ることです。そして今日一日、現実に自分がどういう広布の戦いを起こしていくのか、との「誓願」の祈りからスタートすべきなのですね。気付きの機会を頂き有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.