インドの友を歓迎

研修会で来日したインド創価学会(BSG)のメンバー9名を、地元会館で歓迎メンバーとしてお迎えしました。歓喜漲る交歓会となりました。余り良い写真が撮れませんでしたが、1~2枚目は到着前の待機中の写真です。花でかたどったBSGの文字が見えます。天井からは、無事故・大成功を祈ってきた全地区の唱題表が掲げられています。

BSGメンバー歓迎会場ロビーの様子1

 

BSGメンバー歓迎会場ロビーの様子2

3枚目の写真は29日の聖教新聞の1面です。我が苫小牧の写真は掲載ならなかったです。2枚の緑と赤のカードは、来訪したインド・メンバーから私達歓迎メンバー等にプレゼントしてくれた記念の品です。

聖教新聞5月29日付1面

よく新聞に海外メンバーとの交流の模様が載っていることが、我が家の茶の間の話題になっていました。「北海道のましてこんな片田舎に、海外メンバーが来ることは永久に無いだろうね」という会話をしていたのを思い出します。戸田先生が池田先生に託した「仏法西還」「世界広宣流布」を担った海外の同志が、はるばる会いに来てくれたのです! 願いが叶い、こんなに嬉しいことはありません。

一緒に参加した壮年部の後輩も大歓喜していました。4人のBSGメンバーとハイタッチできたと喜んでいました。来苫したインドの友の顔や表情の色つやの良さ、颯爽とした動作、そして会館に集った苫小牧の全メンバーを圧倒する位の気迫漲る挨拶の声など素晴らしかったです。歓迎側も英語で挑戦した合唱や和太鼓、体験発表等々、本当に思い出に残る交歓会となりました。広布拡大の対話へと大きく挑戦し、一歩も二歩も成長の節目を刻めました。間違いなく、新たな世界広布の源流が開かれたことと確信します。(次の歌は、合唱で歌われた2曲です)

→大楠公

 

(平30.5.29 修正しました)

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


カスバの女/夜の女王(魔笛)

自分が生まれる前の歌ですが、味があります。80歳の父親に聞かせようとして、最近、ラジオでよく昔の歌を聞きます。その中の一曲です。

→フォレスター『カスバの女』

 

次はモーツァルト魔笛から「夜の女王のアリア」です。

 

→田中彩子『夜の女王のアリア(魔笛)』

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


精神医学特論

国内や海外の大学がインターネット上に、講義動画や eラーニングを無料公開して、その大学の特色を広く発信しようとの取り組みをオープンコースウェア (Opencourseware=OCW) といいます。gacco などのサイトが有名です。

特に放送大学では、動画または音声にて数多くの授業が無料公開されています。その中で、大学院の授業として「精神医学」の授業を次に紹介します。これは臨床心理士を養成するための一科目だと思います。

→精神医学特論の講義音声

メンタルの不調や精神疾患は現代病の一つとして、誰しも罹患【りかん】する可能性があります。例え自分がそうならなかったとしても、身近な人に患っている人がいるのが普通でしょう。しかし、メンタルの病について正しい医学的知識を持っている人は、意外と少ないのではないでしょうか。

正体が分からないものについて、我々は偏見や誤解、時には恐れなどを持つことがあります。そうした無知ゆえの弊害を改めさせる「学は光」の一助となれば幸いです。

 

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村