ナチスと手を結んだ大企業

下記のリンクで紹介した記事内の企業に、22歳から24歳まで勤めていました。といっても日本法人の方ですが。いろいろと仕事の上で良い刺激も受けましたが、信仰のことで一部の社員から迫害を受け、メンタル疾患にもなりました。昔から、利益のためには人命・人権を軽視する体質があったようです。

→ナチスと手を結んだ大企業1

→ナチスと手を結んだ大企業2


前の職場(古い話ですが)の悪口は言いたくないので、社名はずっと封印してきましたが、少しくらいはいいでしょう。次のような事件もありました。あろうことか、6年前には日本法人の元社長が、女子大生を盗撮し連行されたというのです。これは検索すればすぐに出てきます。こういう会社に深く関わらなかったことが、逆に守られたのかもしれません。次の先生のご指導を銘記し、肩書等にとらわれず一層、自分を磨いていきます。

一流と言われる会社にいる人が、
一流なのではない。
「一流の人間」が働いている会社こそ、
どこであれ、何であれ、
一流なのである。
(体験のページに引用されたSGI会長の指導 ‘08年3月10日付聖教)

 

(平30.10.1 加筆・修正しました)

 

 


2 Replies to “ナチスと手を結んだ大企業”

  1. 初めまして、都の月と申します。
    よろしくお願いします。

    レオさんは、大きな使命があったのでしょうね。
    使命を果たされたので、冥益となり出てきたのでしょうか、そう思いました。

    今は、法戦に向けての活動に入っています。
    勇気を出していくには、お題目ですね。
    そして、実践ですね。
    レオさんの勇気を見習って、祈り、御書、先生の指導、3つの根本で、いきます。

    朝晩は冷えてきました。
    無理をされずに体調の方も大事になさって下さい。

  2. 都の月さん初めまして、コメントありがとうございます。深いご理解に感謝です。使命を果たしたことによる冥益、本当にその通りだと思います。

    あの時、実践し切って折伏したからこそ、それが因となって、約30年経った今も広布の最前線で戦い続けることが出来ています。さらに、大きな試練・挫折を経験しても道を誤ることなく、人間としての正道を歩むことが出来ています。本当に創価学会に先生に感謝です。

    勇気を奮って祈り・御書・先生の指導は、まさしく3つの根本です。分かりやすいです、ありがとうございます。お互い健康に留意して、創立の日、そして本年の総仕上げを、勝利で飾っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください