学会指導

経営・リーダーシップ

項羽と劉邦

「天下分け目の戦い」といえば関ケ原です。実は、そこから遡(さかのぼ)ること1,800年、中国を二分し「項羽と劉邦の戦い」が繰り広げられたのをご存じでしょうか。この8年間に及んだ戦いに勝利した劉邦(りゅうほう)が建国したのが、あの漢王朝です。...
0
御書・教学

論議・講説等を好み自余を交うべからざること -指導集(33)

今年は来たる6月16日に任用試験が実施されます。そこで教学についての先生のご指導を中心にまとめました。 新・人間革命 第24巻「厳護」から また、1月末から2月中旬にかけては、教授認定試験も行われた。その日時、方法は、方面、県によって異なり...
0
指導集

夢の醸造所20周年に感謝

本年3月21日をもちまして、ブログ開設20周年となりました。当ブログの初期の記事を2013年4月に、ブログ・サービスを利用し、たった1冊のみですが書籍化したものが次の画像です。(著者名はボカシてあります。クリックすると画像が拡大します) 読...
4
御書・教学

極悪と戦ってこそ極善となる

3月3日に続いて、13日にも通算29回目となる十時間唱題を完遂しました。では早速、本題に入ります。 十界互具論から言っても、一人の内面には善と悪の両方の生命があるのが実相です。時々刻々と縁に触れて三悪道、六道から、さらに四聖までの、十界それ...
0
御書・教学

太陽・月が巡るのは仏法の力による

2月度「世界青年ブロック座談会」を、地域の同志の皆様のご協力・ご尽力により、大成功で終えることができました。この場を借りて心より感謝申し上げます。引き続き弘経の成就に向け、本年最初となる10時間唱題を3月3日に単独で完遂しました(通算28回...
4
題目闘争

心の財【体験談】

信仰体験集のページに新たに、壮年部・東大阪のヒデさんの体験を追加しました。 閲覧にはパスワード入力が必要ですので、次のページの説明をよく読んで操作してください。
0
破邪顕正

「人間のための宗教」こそ正道 -2月闘争の淵源(2)

●わが大闘争の歴史は「大福運」の歴史(続き) 「権威主義的宗教」か「人道主義的宗教」か 20世紀の最も著名な社会心理学者の一人に、ドイツのエーリッヒ・フロム(1900〜1980年)がいる。フロムは、精神分析の観点から宗教を二つに分類している...
0
折伏・弘経

広布への闘争力こそ信心 -2月闘争の淵源(1)

今回のB座談会の中心者を白ゆり長と共に仰せつかり、仕事が確定申告とも重なり多忙を極めています。約2週間ぶりの投稿となります。では早速、「伝統の2月」の淵源を先生のご指導から学びましょう。 ●わが大闘争の歴史は「大福運」の歴史 ー1992-8...
2
御書・教学

戒壇の御本尊は受持の対象としない

いつまでたっても、戒壇の大御本尊を振りかざすしか出来ない輩である。「学会には無いが宗門にはある。だから俺たちに従え」との、ステレオタイプの主張を繰り返している。 日蓮大聖人がなぜ御本尊を顕したのかという大事なことを、全く理解しようとしない。...
0
御書・教学

真心が最大に報われるのが大聖人の仏法

衛星中継にて池田先生がご指導されていたのが、昨日のことのようです。日蓮大聖人が米などのご供養を頂いた際に、門下の真心をどれほど賞賛されていたことかを、先生が教えてくださったことがありました。 数多くのお手紙の冒頭に、御供養の品々を一つ一つ取...
2