小さな行動


昭和の末頃、私は神奈川県の大和市に3年ほど、一人暮らししていました。
短い期間でしたが、懐かしい思い出が多いです。
ここでは、それらの思い出を1つ1つ書きませんが、新・人間革命を読んで1つだけ思い出したことがあります。

ある日、勤務先から帰宅すると、ドア・ノブに手料理とメモを添えて袋が掛けられていたのです。
婦人部の真心の差し入れでした。
栄養不足と偏りを気遣っての食べ物に、1人暮らしの寂しさも癒される思いがし、深い感謝の念が止まりませんでした。
未だ二十歳を過ぎて間もない自分でしたが、学会の人間的温かさを感じ取りました。

新・人間革命では自らが苦しい生活の中、苦闘する後輩のためにとたくさんの餃子を差し入れする先輩会員の姿が描かれています。
後輩たちが餃子を食べ終わると、差し入れしたほうの先輩のお腹が、「グググーッ」と空腹で鳴ったという場面でした。

ヒューマニズムと言っても人類の宿命の転換と言っても、こうした脚光を浴びない小さな行動が、実は大きく1人の心をつかみ動かしていくことを学んだ出来事でした。

神奈川時代に悔やまれることが1つあるので、この機会に書かせてもらいます。
病気等の事情で北海道にUターンして数年後、法戦の交流で再び大和市のお世話になった地域を訪れました。
その時は私を含め男子部3名で、その地域のこれも男子部のお宅に泊めて頂きました。

共に戦いお世話になった地区やブロックの方たちが、一目会いたいと別会場に集まって下さっていると連絡があったのです。
しかし私はその日が余りにも強行軍で疲れが酷く、持病もあったので、無理をしないよう、断わってしまったのです。
(1日で、東京、千葉、神奈川と移動し、何軒も何軒も友人宅を周りました)

しかもおみやげに買った酒を飲むようにいわれ、晩酌をする余力だけはあったのですから、ひんしゅくを買い、集ってくれた人々を悲しませる行動でした。

このことが時々強く思い出され、悔恨にさいなまれたのです。
このブログを見てくれているかどうかは分かりませんが、この場を借りて、集って頂いた方々に深くお詫び申し上げます。

このような昔のことで個人的なことを、本来ブログで公開すべきではないことかもしれません。
過去の失敗は、繰り返すことのないよう深く反省しつつ、逆に信仰者として人に喜びと感動を与えていけるようさらに人間革命していきます。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村