相手の幸福を祈る一念が折伏の秘訣

友人が信心するに当たって、仏法用語を並べ立てて教学がどうだ、先生がどう言っているだの、宗教の正邪がどうだ、といったことはハッキリ言って、最初は何の関係もないことだろう。それは自分が発心した時のことを思い浮かべても、ハッキリしている。中にはそういったことを理解したうえで、或いは完全に理解できなくても、一定レベルの説明や理解を伴ったうえで、入会に踏み切る人も居ることとは思う。

大部分の人は、相手への関心や思いはそっちのけで、これが正しいとまくしたてられても、壁を作られるのが落ちであろう。その人と本当に人間関係を築きたいのなら、最初は遊びオンリーでもよいと私は思う。何気ない人間的お付き合いや趣味等から、人間関係を築き上げるのは自然なことだと思う。ついつい自分も、折伏することが最高に相手のためになるのだからと、気ばかり焦って、信心を押し付ける対話に終始しがちなことが多い。

そこで大切なことは、「話し上手より聞き上手」と言われるように、相手の話しを聞くことである。口が一つなのに対して耳が二つあるのは、人間は聞くことが大切であることを表しているからだ、と聖教で読んだこともある。それがどれだけ正義であり偉大なことであろうとも、顔を合わせれば一方的に学会のことを話すのであれば、人間関係は築かれない。時には、関係を壊してしまい、疎遠になる場合もあるかもしれない。

友人にしてみれば、学会の教義がどうのこうのや、学会からの一方的な都合は、友人自身には全く関係ないことだ。では、対話において何が大事なのだろう。それは、その友人自身の悩みを知り、願いを知り、それらを解決し叶えるためには、学会の信心がいかに力を発揮するかを、確信をもって語ることだけである。「信心即生活」との指導にあるように、生活から遊離した正邪の論議は、何も役に立たないのであり、職業宗教家の道具に過ぎないのである。

お互いの心を開いた対話と、「この人の言うことなら聞ける」という信頼関係を築くことが大切になる。その意味では、相手に媚び、いつわり親しむような関係では、信頼は築けない。時には、腹の底から思うことをぶつけ、真剣に喧嘩することも必要であろう。そのためにも、会っていきなり本音をぶつけあうのは無理であるから、当り障りのない遊びや趣味などの、何気ない付き合いを重ねることが大切と思う。それが土台となって、深いぶつかり合いも可能になると思う。

広宣流布への深い使命感や、三代会長への報恩などは、早くから語ってもよいとは思うが、本当に実感として分かるのは、もっと後のことになるだろう。ここまで種々述べたが、最も大事なのは、「相手の幸福を祈る一念」だと思う。自分が折伏をやったと称賛されたいがために、友人を利用する一念であれば、どこかで相手にも通じることだし、本当の仏界の力用は出てこないと思う。

相手の幸福を祈る一念は、やみくもに御本尊に向かうだけでは持てないだろう。友人を思う行動の積み重ねあってこそ、その一念を持てるものであろう。しばらくその友人に会えてもいないで、相手の幸福を祈るといっても無理な話であろう。このことからも、まず会うこと、そして対話すること、時間を共に過ごすこと、がいかに大事なことかが分かる。改めて自分も、そこから始めていきたい。

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


誓願勤行会

昨日、広宣流布誓願勤行会に参加のため、ここ北海道から東京へ行ってきました。誓願勤行会は素晴らしかったの一言です。あれほど広布に一念を定めた深き祈りを捧げたのは初めてだと思います。世界中から集ったメンバーの紹介もあり、手を振って笑顔でエールを交換しました。(写真はイメージ画像です)

 
 


 
 
終了後、信濃町から隣駅の千駄ヶ谷駅に向かい、日本将棋連盟の東京将棋会館に見学にも行きました。ずっと以前から行きたいと思っていましたが、やっと念願が叶いました。次の写真は、将棋会館の正面から撮影したものです。
 
 

 
 
限られた時間内で(都)の依頼もしっかり勝ちとって、無事故で帰宅しました。本当に有意義な誓願勤行会でした。このような機会を与えてくださり、池田先生と同志の皆様に深く感謝申し上げます。
 
 
[以下、追記です]
誓願勤行会当日は聖教の配達と重なったため、午前2時に起きて唱題の後、4時からの配達を終えて、朝一番の飛行機で東京へ出発。帰りも最終便を利用のため、帰宅は22時30分頃でした。なかなかの強行軍でした。

(H29.6.1加筆・修正しました)

 
 
↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

にほんブログ村


隣市へ交流

近場ですが、隣の市の法戦のため、交流に父母を乗せて行ってきました。友人の父親に会えた所では、党を余りに真っ向から否定し、侮辱するような言葉さえ言われたので、こちらも一歩も退かずに徹して真実と正義を訴え抜きました。

「遠くから反対を叫んでいるだけ、口先だけ恰好だけ反対を叫んでいても政治は変わらない」 「公明がそばにいて自民にハッキリ物申しているからこそ、軌道修正がなされ暴走が抑えられている」との理解はしてくれました。熱くなって言葉が過ぎた部分をお互いに詫びつつ、辞しました。しばらくアドレナリンが出ていた(=興奮した)感じでしたが、対話後はスッキリとして晴れやかな気持ちになりました。

それ以外の7人の人々へは、好感触で依頼でき、近況も語り合えました。勇気を出して行ってきて本当に良かったです。やはり最も庶民の苦労が分かり、生活者目線で政治が行えるのは公明党です。地涌の菩薩を政界に送り出す戦いなのです。自分らしくまた一つ立正安国の戦いをさせてください、相手の方お一人お一人にも功徳・福運がいきますように、との祈りをまた叶えることができました。

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

にほんブログ村


勝利で迎えた夏

先生が「黄金の三年」と言われた大事な広布の節目の時を、お陰様で大勝利で飾ることができてから、早1カ月が過ぎました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。今年も気付けば、とっくに折り返し点を過ぎ、残り4カ月半しかありませんね。ここでいま一度、今回の法戦の自己の振り返りを行ない、後半戦に向けスタートを切っていきたいと思います。

今回の法戦では、今までと明らかに異なること、追加で行なっていたことが幾つかありました。それは次の4点です。

①交流(兵庫県へは初。札幌へは2回。近隣の市町村など
②新聞の週3回の配達
③母(父)を同乗させての交流
④協力を取り付けた友人の自己目標170人の達成

兵庫交流についての概要はこちらをご覧ください →兵庫交流

聖教配達は3カ月の短期間などなら負担はそうでもないかもしれませんが、長期になると配っても配っても次の配達の日が来る感じで、なかなか大変です。とは言っても、もう1年にもなると配達が生活の一部となってきましたし、心身の健康のためにもなり、功徳やメリットが多いです。常に「明日は配達だ」との意識がありますし、決して穴は開けられませんので、法戦の他いろいろな戦いの中でも、疲れを溜めない工夫を心がけるようになったと思います。やっと1年から進級となったばかりですから、まだまだこれからと気を引き締めております。配達をやり切りながら法戦を戦い切ったことは、1つの小さな自信になりました。

次に、両親を乗せての交流は、もうだいぶ高齢でもあるので、自分が足になってあげれば、親も動きやすいだろうし、こちらも心配する必要がなくなるとの理由からです。回数にして4~5回ほどに分けて、合計15軒以上の親の友人知人宅を車で訪問して回りました。信心歴の長い親の人徳ゆえでしょうか、ほとんどの訪問先で上がらせて頂きじっくり対話することができました。

こうして自分らしく法戦を戦い切った功徳としか考えられないのですが、不思議にも選挙が終わった次の日から、仕事がたくさん入ってきて、この1カ月忙しい日々を送っていました。それも毎日2時間の唱題を持続しながら、配達もやり切りながら、楽しく仕事もこなしています。売上が確実にアップしています。

叶ひ叶はぬは御信心により候べし全く日蓮がとがにあらず、
水すめば月うつる風ふけば木ゆるぐごとく
みなの御心は水のごとし信のよは(弱)きはにご(濁)るがごとし、
信心の・いさぎよきはす(澄)めるがごとし、
木は道理のごとし・風のゆるがすは経文をよむがごとしと・をぼしめせ
(御書p.1262)

この御書を通して池田先生は次のようにご指導されています。
御本尊に自行化他の題目を唱え、御書根本に戦うならば、「教主釈尊をうごかし奉れば・ゆるがぬ草木やあるべき」(p.1187)と仰せの如く、願った通りに功徳爛漫の勝利の人生を開いていけるのです。
「一切は祈りから始まる」——いつ、いかなる時も、私たちは、強盛な祈り、潔【いさぎよ】い信心、誓願の題目で、生き生きと出発していきたい。ここが「絶対勝利の信心」の要諦です。
(大白蓮華2016-7月号p.32)

父親の要介護度が上がったり、シルバーデイケアでの問題、自分のこれからの人生の様々な目標の達成など、まだ当然 悩みもありますが、決して絶望することなく希望が打ち勝っていけている状態です。これこそ最大の功徳であり、幸福と言えるのかもしれません。御本尊様と先生、創価学会に感謝致します。本当に有難うございます。この充実感と喜びを発条【ばね】にして、人を救う地湧の使命を、後半戦も果たし切っていきます。

(H28.9.21修正しました)

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村