金メダル

この記事は約2分で読めます。

 

写真の金メダルは(と言っても金(色)のメダルですが)、1998年に創価大学通信教育部を卒業した時に頂いた記念のメダルです。なぜこれを掲載したかというと、私が56年の人生のなかでもらった唯一の金メダルだからです。延期にはなりましたが、今年がオリンピックの年だったこともあります。さらに付け加えると、私が生まれたのがちょうど56年前の東京オリンピック開催の年でした。

メダルを本記事に掲載したもっと直接の理由は、今のペースで行くと、今年の大晦日前日に1年間で唱題500万遍を達成するからです。自分の人生で間違いなく最高新記録です。自分が自分に金メダル授与しようとの意味で、メダルの写真を載せたのでした。今年も自分らしく徹底して、御本尊に向き合うことができました。少し早いですが、いろいろありましたが良き一年でした。

今年一年間、本ブログにお越し頂いた皆さまお一人お一人も、コロナ禍で大変ななか、広布のため、自他の幸福のため、誠にお疲れ様でございました。先生のお心としては、お一人お一人に金メダルを贈りたいお気持ちで一杯だと思います。

先生はよく「苦労が大きいからこそ、功徳も大きい」とご指導されます。大変ななかで戦うからこそ、自己の人間的成長があり、苦労した経験は全てかけがえのない財産となります。師走12月の残りも絶対無事故で、一年の総仕上げを戦いきって、大歓喜で明年「希望・勝利の年」を迎えていきます!

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

夢の醸造所 3.0 - にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました