民衆の興隆のあるところには、必ず歌がある

この記事は約1分で読めます。

民衆の興隆のあるところには、必ず歌がある。歌には、人びとの理想があり、その歌を通して、団結も生まれる。だから、声高らかに歌を歌って、明るく、うんと陽気に、人生を楽しみながら、広宣流布を進めていくんだよ。 (小説『新・人間革命』から)

→インド新愛唱歌

→アメリカ青年部の歌

→青年よ広布の山を登れ

→創価大学学生歌

→厚田村

その他の学会歌は、次の再生リストからお聞きください。次々に合計15曲再生されます。

 

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました