移転手続き

この記事は約2分で読めます。

ほぼ1カ月振りの記事になります。
8月末に同じ市内ですが、組織の県を超えて引越ししました。
新しい地域の幹部同志の方々も良くしてくれていますが、何分にもTカードが来ないため、具体的には多くのことが決められず先延ばしで、宙ぶらりんな感じです。

なぜ組織間移動がしかもこんな近くなのに、これほど時間がかかるのでしょうか。
引越しした月を越え、ひと月も経ってやっと古い地区からTカードを出し、また1~2カ月を要して新しい地区に受け入れとなります。

3カ月も4カ月も宙に浮いたままにされ、すでに私という人間が目の前に居るにも関わらず、
「Tカードがまだ来ないから」
と書類優先で物事を進めていく体質が非常に気になります。
愚痴や文句を言うつもりはありませんし、現にいろいろと心と行動を尽くしてもらっている部分も多くあり感謝を忘れてはなりませんが、この一分一秒を争う時代に1人の移転に3~4カ月もかかるということに驚きました。

これが組織の現状ですし、すべて手作業なのでしょうし、法戦で忙しい時節ですから、私1人が違和感を訴えても何も変わらないでしょう。
ここまで書いて思うのは、こういう点を過大に問題視するのでなく、自分が置かれた状況でいかに自分にできる広布の戦いを起こしていくか、持続していくかが大事なのでしょう。

今回の移転を通して自分が経験したこと、受け入れ側の人々の振る舞いから見たこと学んだことが、あとになって大きく役立つ得難い経験として、価値を持つ日が来ることを信じてガンバります。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました