大王よりも勝れたり

この記事は約2分で読めます。

昔、私が感動をもってお聞きした、先生が講義された御文があります。

法華経を持つ人は 男ならば何(いか)なる田夫(でんぷ)にても候へ、
三界の主たる大梵天王・釈提桓因(しゃくだいかんいん=帝釈天)・四大天王・転輪聖王・乃至・漢土日本の国主等にも勝れたり、
何(いか)に況(いわん)や日本国の大臣公卿・源平の侍(さむらい)・百姓等に勝れたる事申すに及ばず、

女人ならば喬尸迦女(きょうしかにょ)・吉祥天女・漢の李夫人・楊貴妃等の
無量無辺の一切の女人に勝れたりと説かれて候、
(松野殿御消息p.1378)

男であれば、法華経を持った男は、いかなる立場にあろうとも、梵天・帝釈やあらゆる大王、国主等にも勝れていると仰せです。
女であれば、世界の三大美人よりも一切の女人よりも勝れている、との仰せです。
今一度、このことを解りやすく文章にしてみたいと思います。

この御本尊と創価学会に巡り会えたということは、もともと、大王のような境涯で何不自由なく自在な人生を送れる福運を持っているのです。

虚空会という所で大聖人が聞いたのです。
「あなたは、例えば一国の大王になれますよ、どうですなりたいですか?」

それに対して私たちはこう答えた。
「いえ、大王なんてつまらないです、遠慮させていただきます。
 私は創価学会員として妙法を弘めていきます。
 そのために○○の悩みをすすんで背負って生れます。
 これは私の誓願です。それが最高の大歓喜の生きかたです」

病気の悩み、仕事・お金の悩み、家庭不和、その他ありとあらゆる悩みがあるのは、
「私は○○の悩みを持ちます!
 折伏して乗り越えていって多くの人を救います!」
と自ら、過去世(虚空会)で誓ってきたのです。

最高の人間革命のドラマを演じる舞台設定なのです。
折伏をしながら乗り越えていけるのです。
妙法の功力を教えていくんです。
そのための今の悩みであり、自他共に真実の幸福をつかむための、方便=手段なんです。
秘妙方便とも願兼於業(がんけんおごう)とも呼びます。

自分から進んで選んだ悩みなのですから、誰が悪いのでもない、自分が悪いのでもない、自他を責めたり恨んだりする必要はありません。
人を救うために自ら願って背負(しょ)ってきた悩みなのですから、克服できないはずがないのです。

創価の御本尊の仏力・法力を自由自在に実証して、多くの友と共にこれ以上ない幸福境涯を必ず満喫していけるのです。
その私たち学会員が持つ「生命の位」と絶大な福運を思い出して、来年も歓喜踊躍して戦っていきましょう。
本年もご声援ご愛顧ご指導を誠に有難うございました。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました