人の用い方

この記事は約1分で読めます。

『人の用い方』という本を読了した。
全593ページで定価10,100円という高額な本だ。

筆者は埼玉銀行に14歳で入行し、20歳で父親の莫大な借金を背負うことになる。
幾多の艱難辛苦を乗り越え、刻苦勉励し画期的な業績を打ちたて、経営陣の1人となる。
その後、多くの会社再建に尽力し、短期間に無借金の超優良会社に甦らせる。
名経営者としての評判が高い。

いくつか印象に残った部分を、最後半部分からのみであるが抜粋してみたい。
私のもう1つのHPにジャンプする。

→印象に残った部分

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました