難の意義

この記事は約4分で読めます。

信心の途上には、絶対的幸福への歩みであるがゆえに、難があります。
それは三類の強敵であり、三障四魔です。

法華経勧持品第十三の二十行の偈(詩の形の経文)のなかには、末法に法華経を弘通する者に3種類の強い迫害者、すなわち三類の強敵【ごうてき】が出現することが示されています。
第1に俗衆増上慢、第2に道門増上慢、第3に僭聖増上慢、と名づけられています。
増上慢とは、いまだ悟っていないのに悟りを得た等の種々の慢心を起こし、自分は他の人よりも勝れていると思う人をいいます。

第1の俗衆【ぞくしゅう】増上慢は、法華経の行者を迫害する、仏法に無智な衆生をいいます。
法華経の行者に対して、悪口罵詈等を浴びせ、刀杖で危害を加えることもあると説かれています。

第2の道門【どうもん】増上慢は、法華経の行者を迫害する僧侶を指します。
邪智で心が曲がっているために、真実の仏法を究めていないのに、自分の考えに執着し、自身が優れていると思い、正法を持った人を迫害してくるのです。

第3の僭聖【せんしょう】増上慢は、人々から聖者のように仰がれている高僧で、ふだんは世間から離れたところに住み、自分の利益のみを貪り、悪心を抱いて、法華経の行者を陥れようとします。
その手口は、国王や大臣等に向かって、法華経の行者を邪見の者であるなどと讒言し、権力者を動かして弾圧を加えるように仕向けるのです。

悪鬼が身に入ったこれらの迫害者たちによって、末法に法華経を持つ人は、何回も所を追われたりすると説かれています。
このうち、第1と第2は堪え忍ぶことができても、第3の僭聖増上慢は最も悪質であるといわれています。
なぜなら、僭聖増上慢の正体はなかなか見破り難いからです。
この三類の強敵は、末法に法華経を弘通する時、必ず現われてくるものです。
日蓮大聖人は、現実にこの三類の強敵を引き起こしたことをもって、御自身が末法の法華経の行者であることの証明とされたのです。

「三障四魔」とは、正法を信じ行ずるときに、これを阻もうとして起こる三つの障りと四つの魔のことです。
摩訶止観の第五巻には“修行が進み、仏法の理解が深まってくると、三障四魔が紛らわしく入り乱れて競い起こってくる”と述べられています。
三障の「障」とは、障り、妨げということで、信心修行の実践を、その途上に立ちはだかって妨げる働きをいい、煩悩障、業障、報障の三つがあります。

煩悩障【ぼんのうしょう】とは、貪り、瞋り、癡などの自身の煩悩が信心修行の妨げとなることをいいます。

業障【ごうしょう】とは、悪業(悪い行い。仏法では五逆罪や十悪業などが挙げられる)によって生ずる信仰や仏道修行への妨げです。

報障【ほうしょう】とは、過去世の悪業の報いとして現世に受けた悪い境涯が仏道修行の障りとなることをいいます。

次に四魔の「魔」とは、能奪命者、殺者、破壊などと訳されるように、信心修行者の生命の内側から、生命の輝きを奪う働きをいい、陰魔、煩悩魔、死魔、天子魔の四つがあります。

陰魔【おんま】とは、信心修行者の五陰(肉体や心の働き)の活動の不調和が信心修行の妨げとなることです。

煩悩魔【ぼんのうま】とは貪り、瞋り、癡などの煩悩が起こって信心を破壊することです。

死魔【しま】とは、修行者の生命を断つことによって修行を妨げようとする魔です。また、他の修行者等の死によって信心に疑いを生ずることも死魔に負けた姿といえます。

天子魔【てんしま】とは、他化自在天子魔の略で、他化自在天王(第六天の魔王)による働きです。

この魔は、生命の根本的な迷いから起こるものであり、権力者等の身に入るなど、いろいろな形をとり、あらゆる力をもって修行者に迫害を加えてきます。
 以上のように、私たちの仏道修行の途上においては、さまざまな障害や苦難が競い起こってきます。
しかし、日蓮大聖人は「しをのひると・みつと月の出づると・いると・夏と秋と冬と春とのさかひには必ず相違する事あり凡夫の仏になる又かくのごとし、必ず三障四魔と申す障いできたれば賢者はよろこび愚者は退くこれなり」(御書1091ページ)と仰せられています。
三障四魔が出現した時こそ、成仏への大きな前進の時と確信して、むしろこれを喜ぶ賢者の信心で、乗り越えていくことが大切なのです。

せっかく信心しているのにこれらの諸難がある意義は、次のように列挙できると思います。
1.信心を強め深めるため。
2.生涯不退の信心を鍛えるため。
3.自己の信心に間違いがない証拠としての難。
4.難に打ち勝ってこそ、本物の弟子かどうかが分かる。

これらは諸難に勝つ勇猛心なき者、世間の名聞名利に囚われ真の信心なき者、広布の大前進についていけない信心弱き者は、長い目で見てふるいの目から落ちていくように脱落していくということです。

いかなる難に遭遇しても、乗り越え切って勝利する不屈の弟子、広布を支え実現する本物の弟子に、断固として成長していきましょう。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました