禁煙から満3年

この記事は約2分で読めます。

11月初めをもちまして、禁煙が満3年を経過しました。

なぜあんな悪習慣に何十年も染まってしまったのだろう、と今にして思えば不思議な気がします。
咳やタンも無くなり、呼吸もほんとうに楽になりました。
食べ物や物の匂いもよみがえりました。

時間革命の観点からも、たばこ1本吸うのに5分とすれば、
1本5分×1日30本=150分=1日2時間半
2時間半×3年間1095日=2737.5時間=約114日間

つまり生きている時間の約1割の時間を、たばこを吸うことによって浪費していることになるのです。

また金銭面ではどうでしょうか。
1日1.5箱×410円×3年間1095日=673,425円

3年間で禁煙によって節約できたお金は67万円を超えるというから驚きです。
けっこう良い自動車が1台買えてしまいます。

さらに上で述べた「失われた時間」の価値も金銭にして加算してみましょう。
例えば40代後半の平均年収が約480万円として、時給に単純換算してみます。
480万円÷年間出勤日数245日÷平均実働時間9.9時間≒1,979円

3年間で喫煙によって失われた時間は、1日30本吸う場合 2737.5時間でしたから、
2737.5時間×1979円≒5,417,512円
となり年収をはるかに超え約540万円の損失となります。

ただし1日30本全てを勤務時間中に吸った場合の損失金額です。
仮に30本の2分の1を勤務時間で吸った場合は、
540万円×(1/2)=270万円
と半分になります。

たばこ購入にかかる費用と合わせると、
673,425円+5,417,512円×(1/2)=3,382,181円

すなわち喫煙3年間の損失は合計 約340万円にもなるのです。

もちろんこれは健康被害があった場合の治療費等は含まない金額です。
3年でハイブリッド・カーが買える金額です。
改めて驚きですね。

「健康は失ってみて初めてその有難味が解る」
と言います。
お金には代えられないのが、自分は元より家族等の健康です。
広宣流布の大事な使命を果たしていくためにも、体を大事にしなければなりませんね。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメント

  1. 私はタバコは成人式の日に止めました。
    真面目な高校生でした? それ以来、タバコとは無縁の生活です。

  2. レオ より:

    寝る前の最後の書き込みです。
    タバコを成人式の日に止めた、のですか。
    (面白いですね。コーヒーでなく水を吹きそうになりました)

    私も似たような感じで吸い始め、通算30年ほど吸い続けました。
    もうタバコはいらないです、一生分吸いました。

    禁煙できたのも、祈りが叶ってスッパリ止められました。
    御本尊と学会に感謝です。

タイトルとURLをコピーしました