立正安国論と三災七難(2)

この記事は約2分で読めます。

彼の万祈を修せんよりは此の一凶を禁ぜんには。
(御書p24)

(災難を根絶するには)かの千万の祈りを修するよりは、この一凶である法然の謗法を禁じなければならない、との仰せです。
その具体的方途として本抄では、
「謗法への布施を止めよ」
とご教示されているのです。

この御文では謗法の代表格として念仏宗を挙げ、一凶と断じられていますが、今この時の一凶はなんでしょうか。
できもしないことをさもできるかのように嘘を重ね、多くの民衆の期待を裏切り、政治を混乱させ深刻な政治不信を与えた民○党が、国に与えた損失は大き過ぎます。
それにも関わらず、只々、保身しか頭になく、政権にしがみ付くしか考えていないのです。
この意味で、現在の一凶=民○党 という図式が成り立ちます。

そして「謗法への布施を止める」とは、民○党に票を投じない、ということだと私は強く思います。

一方、公○党は地方では、自民も民主も上回り第一党なのをご存知でしょうか。
その「チーム3000」とも言われるネットワークを縦横に活かして、地方の声を聴き、国政に届けてもいます。
公○党は結党以来400万件を超える市民相談を行ない、徹底して国民・市民の声を政治に結実させて来たのです。

「国民主権」の現代ですから、政治家を選ぶ権利を持つ国民1人1人が、賢明な上にも賢明に1票を投じるべきです。
『立正安国論』は時の為政者である執権・北条時頼に提出されました。
しかし現代は、真の意味での為政者は、われわれ国民1人1人なのです。

やはり何を言っても、菩薩界・仏界を体現した政治家を送り出すとの主旨からも、公○党が勝つしか、真の社会の平穏も繁栄も無いのです。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました