瑞相御書

この記事は約3分で読めます。

『瑞相御書』p.1140~という御書を最近、拝読しました。
特に私がポイントと思う部分を、以下に列挙します。

夫れ天変は衆人をおど(駭)ろかし地夭(ちよう)は諸人をうご(動)かす、仏・法華経をとかんとし給う時五瑞六瑞(ごずい・ろくずい)をげん(現)じ給う、

其(そ)の中に地動瑞と申すは大地六種に震動す

(中略)
かるがゆへに衆生の五根やぶれ(破)んとせば四方中央をどろう(駭動)べし・されば国土やぶれんと・するしるし(兆)には・まづ山くづ(崩)れ草木かれ(枯)江河つくるしるしあり、

人の眼耳等驚(きょう)そう(躁)すれば天変あり、人の心をうごかせば地動す・抑何(そもそも・いずれ)の経経にか六種動これなき一切経を仏とかせ給いしみなこれあり、

しかれども仏法華経をとかせ給はんとて六種震動ありしかば衆も・ことにおどろき弥勒(みろく)菩薩も疑い文殊(もんじゅ)師利菩薩もこたへしは諸経よりも瑞も大に久しくありしかば疑も大に決しがたかりしなり、

(中略)
問うて云く在世よりも滅後の瑞・大なる如何、答えて云く大地の動ずる事は人の六根の動くによる、

人の六根の動きの大小によつて大地の六種も高下あり、爾前の経経には一切衆生・煩悩をやぶるやう・なれども実にはやぶらず、

今法華経は元品の無明をやぶるゆへに大動あり、末代は又在世よりも悪人多多なり、かるがゆへに在世の瑞にも・すぐれて・あるべきよしを示現し給う。

(中略)
人の悦び多多なれば天に吉瑞をあらはし地に帝釈の動あり、
人の悪心盛なれば天に凶変地に凶夭出来す、
瞋恚(しんに)の大小に随いて天変の大小あり地夭も又かくのごとし、
今日本国・上一人より下万民にいたるまで大悪心の衆生充満せり、
此の悪心の根本は日蓮によりて起れるところなり、

より深い力ある教えが説かれる時には、その深さに応じて瑞相が起こります。
法華経迹門 →本門 →文底下種本門 とより深い法門が明かされるに従って、瑞相も未だかつて無かったほど大きな瑞相が起こります。
それら瑞相の1つが、大地が六種に震動することです。

衆生の眼・耳・鼻・舌・身・意の六根が動くことにより、大地も六種に動くとご教示されています。
爾前の経経は衆生の煩悩を破るようであって、実際は克服していない。
法華経は最も根源的な煩悩である、元品の無明を破るゆえに、大きな動きがあるというのです。
それが以下の御文です。
「人の六根の動きの大小によつて大地の六種も高下あり、爾前の経経には一切衆生・煩悩をやぶるやう・なれども実にはやぶらず、今法華経は元品の無明をやぶるゆへに大動あり」

末法は五濁と言って命が濁り切っており、悪人が充満しています。
「人の悦び多多なれば天に吉瑞をあらはし地に帝釈の動あり、人の悪心盛なれば天に凶変地に凶夭出来す」
とあるように、人々が悦んで日々を暮らしているのか、逆に嘆き苦しみや、或いは悪心が燃えさかっているのか、によって自然・環境も連動して吉瑞か、逆に凶変・凶夭かが、明確に分かれてくるのです。

具体的には、凶変・凶夭とは、大早魃、大風、大水、飢饉、疫病などであり、大聖人はさらに内乱と他国より攻められる2つの大難を予言され、後にそれらは現実のものとなりました。
それらの三災七難は、法華経の行者である日蓮大聖人に対する怨嫉の一事が、それら一切の根本の原因であると仰せです。
種々の瑞相は、根本からの生命変革、生命浄化を可能にする仏法の力の証明なのです。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました