歓喜と春

この記事は約1分で読めます。

 

3月中頃に比較的大きな仕事を受注し、忙しい毎日です。週6日の配達と、毎日2時間45分の唱題も欠かしていません。唱題は仕事が忙しいので、少し量を減らしています。

実は壮年部結成55周年記念の結集が2月下旬から始まり、かつてない戦いをやり切ったその翌日に、正式受注となり報酬が前金で振り込まれました。不思議としか言いようのないタイミングです。しかも、コロナ禍の影響で厳しい状態が続いていたので、大変に有難い結果となったのです。

この戦いの中で、創刊70周年を記念し2部6カ月の啓蒙も達成、部員のみならず、私の友人夫婦にも映像を見てもらうことが出来ました。広布の戦いに徹すると、これほど生命が躍動するのか、との歓喜をまた味わうことができました。

これを機に4・2から5・3へと勢いを増して、1つ1つの戦いを勝利していきます。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

夢の醸造所 3.0 - にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました