引越し

この記事は約2分で読めます。

同じ市内で引越しを先月25日(土)に行ないました。
市営住宅が当り、当ったのが2回目ということで、転居を決断しました。
これで24年間暮らした親元を離れることとなりました。

軽度とはいえ父親の介護の心配もありますが、車ですぐの距離ですし、手狭になってきたという理由もあります。
また、自営で行なっている仕事のお客さんが来られた時に、親元かつ集合住宅では心象が良くなかったのです。
それなり経費は掛かりますが、広さ・環境と申し分なく、これもかつてない祈りにより賜った功徳と確信し感謝しているところです。

学会の所属組織も変わりますが、地元の担当幹部さん達も早速来てくれ、まずは順調に移行が進んでいます。
行動が素早く的確で思わず驚き感心してしまう程です。

御本尊を分世帯で元の組織で頂くこともでき、壮年本部長と滞りなくご安置することもできました。
授与式では忙しい中、20人近くの地区・支部の方々が集ってくれました。
4年で800万遍に迫ろうとする唱題の、1つの結果として喜びつつ、新規まき直しの決意に立っています。

元の組織で、兼任の1つ上の副役職を任命を受けたばかりでしたので、1つ気がかりは元の地区の特に壮年メンバーのことです。
しかし、将来の核となるメンバーも幾人か育ってきていますし、良い模範の人材がまた転入で来ることも充分あり得るので、心配はしていません。
ここまで私を育ててくれて、今回皆で快く送り出してくれた大恩ある故郷の地域ですから、次の中核メンバーに困ることは無いと確信しています。
新しい組織で恩返ししていくことが大事と、強く思っています。

この場を借りて、四半世紀にわたってお世話になった同志の方々に、深く感謝申し上げます。
引越し当日に手伝ってくれた友人やB員さんにも、重ねて感謝いたします。

新しい環境・組織に着実に馴染んでいくとともに、内外ともに良い人が来てくれたと喜んでもらえるような戦い・行動を、起こしてまいります。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメント

  1. はた京阪 より:

    お引越し、おめでとうございます。
    新天地でのご活躍をお祈りいたします。
    あまり体に負担のないようにご自愛くださいね。

  2. うるさいおやじ より:

    どちらへ引越しされたのでしょうか?会館の近くなら良いのですが、
    別に理由はありませんが、その地を寂光土にしてください。
    お体気をつけて頑張って下さい。

  3. レオ より:

    はた京阪さん、祝福に感謝します。
    貴重なアドバイスです。
    持病と相談しながら、休養も充分とって頑張ります。
    昔に比べ症状がだいぶ良くなってきたのも、引越しを決めた理由の1つです。
    それでも油断せずに、自分が自分の医師となり看護師となって、体調管理していきます。
    はた京阪さんも、夏バテ等にお気を付け下さい。

  4. レオ より:

    うるさいおやじさん、鋭いお言葉です。
    引越し先は、会館から線路を挟んですぐ南側です。
    仰せを肝に銘じて、使命の地と決めて、自分らしく寂光土にしていきます。
    いつも有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました