冬は必ず春となる 他【動画紹介】

この記事は約1分で読めます。

引き続きの動画紹介です。1つ目は芸術部の岸本加世子さんの語りによる、「冬は必ず春となる」です。

 

 

2つ目は、学会において毎月行われている、座談会の様子です。

 

 

 

その他のお薦めの動画です。

→体験-1「ブランド設立10年、人気服飾クリエーターAyanoさん」

→体験-2「オリックス・バファローズ  小谷野栄一 パニック障害と生きる」

→体験-3「【ブラボーわが人生】泣いて笑って浪曲人生」

 

 

(R4.10.3 動画を2つ追加しました)

 

 

 


コメント

  1. 福島の壮年 より:

    お久しぶりです。
    御存じのこととは思いますが、23日にWCドイツ戦で決勝ゴールを叩き込んだ浅野選手が学会員でした。少しだけ紹介をさせて下さい。
    16年7月29日付「名字の言」
    ▼「生活が苦しい中でサッカーをやらせてもらい、両親には本当に感謝している」。リオ五輪の男子サッカー代表・浅野拓磨選手の言葉だ(読売新聞朝刊7月18日付)。期待のエースは、近年では珍しい7人きょうだいの大家族で育った。躍進の原動力は、その快足とともに、家族に応えたいとの思いだ▼高校選びでは、夢を諦めて経済的負担の少ない道も考えた。家族の応援で、強豪校への受験を決断したのは入試の締め切り間際。「タクはプロになるんだもんな」。両親の期待を胸に猛練習を重ね、才能を開花。全国選手権で得点王となり、プロへの道を開いた。(以下略)
    <以下は、同志からノメールにて>
    浅野選手は、7人兄弟。お父さんは運送業、お母さんはパートに出て子育てをした。学会っ子として育った浅野選手は、プロ選手になって家族を喜ばしたい一心で努力し、サンフレッチェ広島に入団。
    契約金を全額両親にプレゼントしたのは有名。
    ここでお母さんが心配したのがプロになって、選手寮で暮らすようになると、信心から遠ざかるようにならないかということだった。寮は一般人は出入りできないので地域の学会員さんも会えない。
    どうしたものかと祈っていたら諸天善神が現れる。
    この寮の寮母さんが、地区副女性部長だった。
    浅野選手が学会員と知った寮母さんは、毎日声がけして、励ましをおくり続けてくれたそうです。
    祈りきっていけば必ず諸天善神が現れる、善縁を引き寄せられる。
    以上です。

  2. Leo2014 より:

    こんばんは。福島の壮年さんお久しぶりです。
    大変に貴重な体験をご紹介いただきありがとうございます。

    今の日本躍進の突破口を開いた浅野選手には、そのようなドラマがあったのですね。
    支えてくれる家族に応えたいとの報恩の美しい心で、逆境を乗り越えて掴んだ大活躍だったとは。
    寮で信心を貫けたことも、強盛な信心あるところ、諸天は必ず動き護る見事な証明ですね。

    結局現時点で、ドイツに続きFIFA 7位のスペインを撃破し、決勝T進出を果たしました。
    各相手チームに700本以上ものパスを回される中で、勝利したチームは日本しかないそうです。
    スペイン戦逆転のゴールは、僅か数ミリ差で決まった執念のゴールでした。

    まずはここまでおめでとうございます。
    あとは日本として今まで三度挑んで果たせなかった、ベスト8以上を、ぜひとも達成して欲しいですね。
    浅野選手はじめ日本代表全員の活躍を期待します!

    (R4.12.3修正しました)

タイトルとURLをコピーしました