仕事が途切れない

この記事は約1分で読めます。

聖教新聞が読めないのが溜まっているとの投稿をしたばかりですが、その次の日に短期ですが啓蒙が1部できました。
けっこう間が空きました。
購読推進もこの調子で頑張ります。

なかなか聖教を読む時間が取れない理由の1つに、仕事が途切れずに受注が入っているのがあります。
正常に使えなくなったパソコンの修復のあと、HP作成の仕事と続いている。
どちらも数十時間を要する仕事です。

新聞が読めない理由に仕事を言い訳にはできないですが、しっかり1日90分以上の唱題の方は欠かしていませんし、内外の家庭訪問や会合参加もできる限り取り組んでいます。

仕事の入る時期や、その量が絶妙なくらい、私の状況にピッタリなのです。
あくまで仕事ですからそれなり苦労はありますが、負荷がかかり過ぎることなく、何とか無理なくこなしていけるペースで、次々に仕事が入ってくるのです。
祈りが叶っています。

祈って、動いて、語って、努力すれば、ほんとうに叶うんだ、ということを実感しています(笑)。
そんなこと当たり前だろ、とお叱りを受けるかもしれませんが、未だ小さいと言えば小さい、等身大と言えば言えそうな祈りですが、やはり嬉しいですね。

11・18まであと10日間です。
さらに自分らしく勝利の結果をつかんでいきます。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメント

  1. イプシロン より:

    レオさん こんばんわ。

    新聞啓蒙達成、おめでとうございます! また大変にお疲れ様でした!!
    11・18までに結果をもって応えていく。これは本当に素晴らしい実践だと思います。
    私もなんとか結果(外に打って出る)をもって当日を迎えたいと、
    見えないところで色々と個人的に画策しています(笑)

    以前記事に書かれておりましたが、内証と外用は差は大きいので、
    周囲は色々言う人もあるかもしれませんが、先生と御本尊様だけは、
    全て解ってくださっているので、それで良いのではないでしょうか。
    お互い、そういう思いで、楽しみながら、喜びながら、
    残り少ない戦いを朗らかに勝ちきっていきましょう!^^v

  2. レオ より:

    今、イプシロンさんの12日付のブログ記事を読みました。
    たいへんに感動をいたしました。
    一歩、自己の限界を突破されたこと、その歓喜が文面全体ににじみ出てくるようでした。
    「悦ばしきかな、汝【なんじ】、蘭室の友と交わりて麻畝【まほ】の性【しょう】となる」
    (p.31)
    を見事に実践されましたね。

    蘭の良い香りの部屋にいると、自身も香りが移り、良い香りがするようになります。
    これは、高貴な人格の人と交われば、自身の人格も香り高いものになる、と言うことを例えている。

    麻はまっすぐに育ちます。
    麻畑の中に育つヨモギなどの曲がった雑草も、周りが真っ直ぐな麻であれば、同じように真っ直ぐに育つ。
    善知識の大切さを教えた御金言です。

    まず戦いの軌道に乗ることが、障魔と戦い勝ち抜く仏の大力を涌現する、起爆剤となります。

    あと、内証と外用との差、先生と御本尊はすべて分かってくださっている、とのお言葉、まったくその通りです。
    それが確信できるかが、一切の起点ですね。
    お互いに、さらなる目標完遂できるよう、ベストを尽くしましょう。

タイトルとURLをコピーしました