ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」他

この記事は約1分で読めます。

もっか休養も取りながら仕事にいそしんでいます。
夏の友好対話にも挑戦すべく、態勢を整え中です。

ムソルグスキーの展覧会の絵は時々聴きますが、バレエ入りも風情があっていいですね。

つづき 展覧会の絵(2/3)

つづき 展覧会の絵(3/3)

続いてチャイコフスキーの交響曲第5番です。
コマーシャルなどにも取り上げられた、軽快な曲調がお気に入りです。

今日の最後は氷川きよしさんの「幾千もの祈り」です。
演歌の枠を超えたスケール感のある歌です。
氷川きよしさんは、男子部・牙城会メンバーなのは知る人の知るところです。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました