アサーション ー自他尊重のコミュニケーション

この記事は約3分で読めます。

「人が生きる上での悩みは、その全てが対人関係の悩みである」(アドラー)との言葉があります。人との繋がりの中で私たちは、時に喜び、時に悩み、喜怒哀楽を感じます。例えばこんなことで困ったことはないでしょうか。

 

  • 人と違う自分の意見や気持ちがなかなか言えない
  • 自分の意見を通すために、つい酷い言い方をして、人の気持ちを傷つけてしまう
  • 自分より偉いと思う人には、何も言うことができない
  • 自分が正しいと思うことは、何と言われても変えない 等々…。

 

こうしたトラブルを解決し、より爽やかに生きるための方法が「アサーション」です。assertion と綴りますが、「主張」「断言」の他に、「自他尊重の自己表現」という意味があります。お互いが率直に、素直に、正直に自分の気持ちや考えを伝え合い、聴き合うということです。

 

https://amzn.to/44eJyln

 

上のリンク・バナーで示した『よくわかる アサーション』という本では、以下のような記述があります。本来、誰もが持っている権利としてアサーション権というものがあり、100以上にもわたるそうです。

 

「例えば、自分が大切にされていないと感じたとき、自分は取るに足らない人間だから、自分の意見はたいしたことがないから、などと思っているとしたら、あなたは基本的人権にのっとらず、自分で自分の価値を下げています。つまり、あなた自身が自分を大切にしていないことになります」

 

(中略)
「(目上の人に対して)あなたは控えめであるのが当たり前だと思い、『自分の欲求や希望を持つことは許されない』と考えるかもしれません。それは人権の観点から見れば、その権利が相手に許されているとすれば、あなたにも許されているのです。何より大切なことは、人権はあなたも相手も同様に持っているのを忘れないことです」

 

「お互いが権利を持っていることによる、小さな葛藤やもめごとは当たり前です。アサーションは、お互いの希望を述べ合う権利を大切にし、確認しながら歩み寄る方法なのです」

 

「あなたには、自分がどう感じ、行動するか、そしてその結果起こることに対して責任を取る権利があります。また、あなたの感じ方や考え方はあなたのものであり、他人と同じである必要はありません。さらに、それを主張する権利も、変える権利もあるのです。もちろん、他者も自分の行動を決める権利を持っているので、あなたが他人を変えることはできません」

 

等々…、引用はこの位にしますが、上記の書籍は図解が豊富で非常に見やすく、日本のアサーション研究の第一人者の先生による、お薦めの本です。以下にアサーションについての動画を、幾つかリンクしますのでご覧ください。上から下に向けて、次第に動画の時間が長くなります。急いでいる方は上の動画を、時間が許す方は下の方の動画まで見るとよいでしょう。


 

アサーション(1)-7分

アサーション(2)-6分

アサーション(3)-29分

 

↓アサーション(4)前編-30分

 

↓アサーション(5)後編-39分

 

 

 

 


コメント

  1. ラン より:

    レオさん、おはようございますアサ−ションの記事ありがとうございます!

    「相手のみを尊重し、自分の意見を引っ込める」

    以前はよくやってましたが、最近は、強くなって自分の意見も言えるようになりました。相手を尊重しつつも、冷静に自分の意見も言えるようになることは、世界平和への一歩だと思います

    「アサ−ション」「バウンダリ−」(人間関係の適切な距離感)この2つが上手く出来てないと、人間関係が壊れてしまうパターンがよくありました。

    また自分のブログでも取り上げてみようと
    思います(今日はスマホからなのでメルアドがいつもと違います)

    • レオ より:

      ランさんこんばんは。アサーションに関する補足と記事まで、誠にありがとうございます。自分がアサーションに関心を持ったきっかけは、自分の主張を伝えたいがためについキツイ言い方をしてしまい、相手や周りにも不快感を与え、結果として自分の意図したことも正しく伝わらなかったということが何度かあったからです。「相手のみを尊重し自分の意見を引っ込め」てしまう時もありました。

      自分と相手の主張が100%分かり合えることはまずありえませんね。お互いの主張の中で「共感・共有しあえる」部分と、「ここは譲れない」という部分とがあって当たり前だそうです。無理に自分の主張のみを通そうと思えば、良好な人間関係は築けないのですね。

      コミュニケーションは奥が深いです。「バウンダリ−」というのは知りませんでした。自分の場合、長年の持病から来る「生きづらさ」も多少関わっていると思います。

      結局、「閻浮提の大良薬」である唱題根本に、広布の使命を果たしていくことが、自己肯定感を無理なく高めアサーティヴな振る舞い可能にしていく源泉だと確信します。今後も「アサーション」等について深め続けたいと思います。

  2. ラン より:

    レオさん、ありがとうございます!
    「バウンダリーとアサ−ション」についての考察の記事をあげました。レオさんの↑のコメント、抜粋して記事に載せさせていただきましたm(_ _)m

  3. レオ より:

    ランさんは、心理学もお詳しいですね。素晴らしい。
    抜粋箇所も、最も肝心な一つと思われる所を選んで頂き、うれしいです。ありがとうございますm(_ _)m