いのちの記憶 ~かぐや姫の物語

この記事は約1分で読めます。

若い頃の夢の1つは、娘を産み(産んでもらい)育てる、というものでした。
未だ結婚もしていないので、夢のままです。

娘を持った父親の心情を、バルザック著の『ゴリオ爺さん』で知り、疑似体験しました。
日本の『かぐや姫の物語』もまた違った意味で、娘を持つ親の心情が切々と描かれています。

仕事において家庭教師として、女の子にも多く関わらせて頂きました。
父親の疑似体験からは離れますが、女性教育の難しさの一端を知ることができました。

 

YouTube
いのちの記憶 【かぐや姫の物語・主題歌】 生演奏 TV Ver. 歌詞付 320kbps

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました