希望の経典 御書に学ぶ 3

「一生は夢の上・明日を期(ご)せず、
いかなる乞食にはなるとも、法華経にきずをつけ給うべからず」
(御書1163ページ)

という有名な御金言があります。
このお言葉を研鑽し本ブログへまとめようと思い立ってから、実はけっこう時間が過ぎています。

この御文は別名『不可惜所領事』と呼ばれ、四条金吾に与えられた御書の中に出てきます。
実は池田先生自らつい最近、大白蓮華上で講義され、書籍化もされています。
私もこの度、購入しました。
それが下記の写真です。

近日中には記事をアップする予定ですので、乞うご期待ください。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


I Believe 他

さらに3曲を貼り付けいたします。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


ブラジル

また音楽でお楽しみください。
この『ブラジル』という曲はある本部幹部会衛星中継で、学会のオーケストラがこの曲を演奏したこともあります。

実はこの『ブラジル』という曲は『未来世紀ブラジル』という洋画にも流れていました。
この映画はかなり変わった映画でして、私が昔、体調を崩した時に見た映画だったのです。
ですから私の中では、この『ブラジル』という曲と病はリンクしていたのです。

こんな明るい曲に病の暗い気持ちを結び付けてはいけませんね。

もうそろそろこの曲をありのままに素直に聞いて味わいたいと思います。


ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


現場第一主義

つづき 2つ目動画
つづき 3つ目動画

「斧節」というブログでこの動画を知りました。
熱いハートが伝わってくる見逃せない内容でしたので、無断でですがこちらでも紹介致します。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


新選組血風録

司馬遼太郎原作の『新選組血風録』がドラマ化され、NHK・BSで放映されたものが、地上波で毎週日曜日昼過ぎに見ることができる。

「新選組」は京の治安を護るためとは言え、余りに人を殺し過ぎその血なまぐささが、私は元々好きではなかった。
ものは試しでチャンネルを入れてみたのだが、これがなかなか良く出来ている。

単に血で血を洗う凄惨さや、蛮勇、匹夫の勇といったものを売りにせず、人間ドラマ仕立てで丹念に描いている。
己が理想と大義に殉じていった、青年群像が生き生きと描写され味わい深い。
配役も非常に良く、近藤勇、土方歳三、沖田総司、芹沢鴨などは特に役者に魅力があふれている。

まだ2回目までしか見れていないが、全12回完結まで楽しみに見ていきたい。

オフィシャルページ
NHKオンデマンド(第1回)

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村