死魔に勝つ

三障四魔とはご存じの通り合計7つの障魔です。

煩悩障
業障
報障
煩悩魔
陰魔
死魔
天子魔

この中に「死魔」というのがあります。
これは法華経実践者自身が命を絶たれて、仏道修行が出来なくなる障魔です。
第六天の魔王が手下を使ってあらゆる障害を為して、信心を退転させようとするのですが、それらを一切寄せつけないので、今度は命そのものを狙ってくる、のが死魔です。

そして死魔のもう1つの側面は、学会員の不慮の死などによって、それを見た学会員が動揺し、信心が揺らいで退転させようと図る場合があります。
つまり、文字通り自身の命が絶たれる場合と、人の死を見て信心を妨げられる場合の2通りがあるのです。

人の死を悼む心情も、自分の死への恐怖も、人間として誰もが普通に持っている自然な感情です。
御書の随所に大聖人は、身内を亡くした門下に、これほどまでにという位、同苦の限りを尽くし励ましを送られています。

死を恐れ回避することにより、私たちは命を守り生存し続けていけます。
誰しもいずれは死が避けられず、死後も続く生命の永遠性を、意識するとしないとに関わらず信じているからこそ、今世の今の瞬間の生を充実させようと努力します。

死から目を背けて覆い隠したり、いたずらに忌避し恐れるだけであれば、人生を消極的にし様々な問題や悪徳さえ生み出してしまう恐れがあるのです。
戦争や生命軽視といった現代の病弊【びょうへい】の根っこには、死から目をそむけ真正面から取り組んでこなかったことに原因があると、池田先生は仰っています。

三障四魔

御書にも、
「まず臨終のことを習った後に他事を習うべきである」
とのご指南もあります。
「臨終正念」「臨終只今」の他に、先生がハーバード大学で講演された「生も歓喜、死も歓喜」という日蓮仏法による画期的な智慧をご指導されています。

創価の信心を貫いて亡くなった方々は、どのような亡くなり方であったとしても、1人も残らず最高の常楽我浄の仏の境涯を三世にわたって開いていくことができるのです。
そして題目の光は、例え地獄界であったとしても、届かない所は無い、という絶対の力があります。
信心しているかしていないかに関わらず、亡くなったあらゆる方々に廻向し供養する、唯一最高の正しい方法が、創価の南無妙法蓮華経の題目なのです。

「三障四魔と申す障り出で来れば、賢者は喜び愚者は退く、これなり」
とのご指南の通り、死魔をも恐れず粉砕・克服していく勇気と賢さ漲【みなぎ】る信心を、改めて銘記していきましょう。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


植物園

先日、国家資格の勉強と息抜きも兼ねて、図書館に行ってきました。
2時間ほど勉強しましたが、図書館で行なうとこんなにはかどるとは1つの驚きでした。

帰りに館内の植物園のサンガーデンに寄りましたが、窓から外を見ると未だ雪が残っているのに、植物園の中は別世界のようです。
空気も酸素が多くマイナス・イオンも出ていて、非常に心地良かったです。
写真にもありますが、竹が真っ直ぐに伸びて、6~7メートルはあろうかという屋根まで到達していました。

※写真はクリックすると拡大されます。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


創大 経済学検定で9連覇

写真は2月25日の聖教新聞の1面である。
日本経済学教育協会が主催する経済学検定(ERE)大学対抗戦で、創価大学が9連覇を達成したのである。

創価大学HP
経済学検定試験HP
大学対抗戦結果
出題される問題例

主催団体の経済学検定試験のHPを見ると分かるが、大学の経済学部の学生やビジネスパーソンや企業担当者を対象に、全国レベルで経済学のランク判定を行なう試験である。

→こちらのページ を下方向へスクロールしてもらえれば分かるが、そうそうたる大学や企業、金融機関、官公庁が受験者として名を連ねている。
一流大学、一流企業、なかには経済産業省や内閣府、日本銀行からも受験者がいるので驚く。

大学対抗戦では17校28チーム計199人が参加するなか、創大のチームは2位に大差をつけて連続優勝記録を更新した。
個人成績でもERE全科目で、名門大学や社会人も受験するなか、創大生が2位、3位、6位と優秀な成績を残した。

優勝した「創大 経済学理論同好会」は、試験を前にしてS副部長が病気で手術を受ける事態に。
しかし、”創立者にお応えしたい”と、病室のベッドの上で学ぶ姿に、皆が「S副部長の分まで頑張ろう」と奮起。
そのなか、N部長を中心に創立者の指針を再確認しながら、1人1人と語り合い、さらに強固な団結が築かれる。

当日、S副部長が試験に間に合い、全員が目標に挑戦し切った清々しい気持ちで試験に臨んだ。
全員が口々に「支えてくださった方々に感謝の思いで一杯です」と、創立者に勝利の報告をできた喜びを噛みしめた。

以上がこの記事と試験の概要である。
ここしばらく私は経済学に興味を持っているのと、今、受け続けている国家試験に「経済学・経済政策」の科目もあるのとで、創価大学の連続優勝にずっと注目していたのだ。

通信教育の教育学部卒業のため、経済学部には私は全くの部外者だが、素晴らしい快挙に多くの人が胸が躍る思いがしているだろう。
このメンバーの中から、世界・日本をリードしゆく超一級の経済学者や財界人が輩出され、世界・日本の民衆の幸福増進に大貢献することを、同窓の者、経済好きの1人として願っている。

結びに、経済学検定連覇の舞台裏や、英語で経済学を学ぶIPの開講など、経済学部が取り組んだ改革のドラマを余すところなく描き出している本を紹介する。
『「世界基準の授業」をつくれ』

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


1周年の春

あの大震災より1年となった。 本日、地元の会館にて、全ての犠牲者への追善と、被災地の方々の復興と福光を祈りました。

未だに30万人もの人々が仮設住宅や他県へ避難を余儀なくされています。
家族離れ離れになっている人や、なかには自殺した人さえいます。

被災地では「この災害で5つの被害を受けたんだ!」との怒りの声があったと聞きました。
・地震の被害
・津波の被害
・原発の被害
・風評被害
・そして政治家の被害! ――今の政治は対応が遅すぎる!と。

あまりにも多くのかけがえのない尊い命が犠牲になり、ただただ胸が締め付けられる思いです。
その余りの被害の甚大さに、「第二の敗戦」 「戦後日本最大の国難」と言った識者もいました。
1年が経っても、物・心ともの復興は未だ未だこれからです。
本日付の随筆で先生はこう認【したた】められています。

「東北健児なればこそ、ここまで耐えられたのだ。
 東北家族なればこそ、ここまで復興できたのだ。
 真実の信心とは、何か。
 それは、難を越え、宿命を越え、さらに悠々と堂々と、広宣流布に前進しゆく負けじ魂のことである。
 その真髄を、東北の同志が示し切ってくれている。
 (中略)
 『東北人』――その名は”不屈の人びと”として、永遠に世界を鼓舞し続ける光源となるに違いない」

多くの犠牲を無にしないためにも、貴重な教訓を学びとり後世に伝えること、我々1人1人が遺志を受け継いで、雄々しく前進していくことが大事だと思います。

結びに、大震災関連の書籍2冊を紹介いたします。
『「心の財」はこわされない ―東日本大震災30人の証言』
『東日本大震災 ―創価学会はどう動いたか』


  

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


小さな行動


昭和の末頃、私は神奈川県の大和市に3年ほど、一人暮らししていました。
短い期間でしたが、懐かしい思い出が多いです。
ここでは、それらの思い出を1つ1つ書きませんが、新・人間革命を読んで1つだけ思い出したことがあります。

ある日、勤務先から帰宅すると、ドア・ノブに手料理とメモを添えて袋が掛けられていたのです。
婦人部の真心の差し入れでした。
栄養不足と偏りを気遣っての食べ物に、1人暮らしの寂しさも癒される思いがし、深い感謝の念が止まりませんでした。
未だ二十歳を過ぎて間もない自分でしたが、学会の人間的温かさを感じ取りました。

新・人間革命では自らが苦しい生活の中、苦闘する後輩のためにとたくさんの餃子を差し入れする先輩会員の姿が描かれています。
後輩たちが餃子を食べ終わると、差し入れしたほうの先輩のお腹が、「グググーッ」と空腹で鳴ったという場面でした。

ヒューマニズムと言っても人類の宿命の転換と言っても、こうした脚光を浴びない小さな行動が、実は大きく1人の心をつかみ動かしていくことを学んだ出来事でした。

神奈川時代に悔やまれることが1つあるので、この機会に書かせてもらいます。
病気等の事情で北海道にUターンして数年後、法戦の交流で再び大和市のお世話になった地域を訪れました。
その時は私を含め男子部3名で、その地域のこれも男子部のお宅に泊めて頂きました。

共に戦いお世話になった地区やブロックの方たちが、一目会いたいと別会場に集まって下さっていると連絡があったのです。
しかし私はその日が余りにも強行軍で疲れが酷く、持病もあったので、無理をしないよう、断わってしまったのです。
(1日で、東京、千葉、神奈川と移動し、何軒も何軒も友人宅を周りました)

しかもおみやげに買った酒を飲むようにいわれ、晩酌をする余力だけはあったのですから、ひんしゅくを買い、集ってくれた人々を悲しませる行動でした。

このことが時々強く思い出され、悔恨にさいなまれたのです。
このブログを見てくれているかどうかは分かりませんが、この場を借りて、集って頂いた方々に深くお詫び申し上げます。

このような昔のことで個人的なことを、本来ブログで公開すべきではないことかもしれません。
過去の失敗は、繰り返すことのないよう深く反省しつつ、逆に信仰者として人に喜びと感動を与えていけるようさらに人間革命していきます。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村