幸福の因

あなたは人生における「幸福の原因」とは何だと思いますか?
幸福という大樹が育つためには、その始まりである種子は、どういうものだと考えますか?

「努力」
「信念」
「愛情」
「才能」
「お金」
「家族」
等々、その答えは人によってまちまちだと思います。
学会員として40年近い私の信心を通じて(10年ほどあった休眠期間は除く)、強く思うのは、「幸福の因」とは学会活動自体であり御本尊を持っていることであり、日々、唱題に励み地湧の使命に生きる歓喜だと感じています。

さらに一重深く掘り下げれば、この信心で人を救うこと(折伏)であり、さらに言えば法華経ゆえに悪口を言われ、迫害に遭うことが、最大の「幸福の因」となります。
信仰ゆえの無用な争いや誤解などが無いよう賢明に身を処すべきであり、学会員として社会で揺るぎなき信頼を勝ち得ることは、広布を進めるためにも賢明に幸福へと自他をリードしていくためにも非常に重要なことです。

そのうえで、「世間のとが一分も無し」とあるごとく、自身に社会的過失が1つも無いのに、学会員であるという理由だけで、さまざまな迫害に遭う場合もあります。
実は信心ゆえに法華経ゆえに、悪口や迫害を受けることは、生命次元から言えばもの凄いことなのです。
「六難九易」でも説かれるように、それは難事中の難事なのです。

法華経を誹謗することは最も深い罪業となりますが、反対にあらゆる誹謗を打ち破って法華経を讃歎し弘めることは、最高の幸福境涯を築く因となるのです。
一切の迫害に耐え妙法を弘めることの難しさを、御書では「鉾【ほこ】に当たるの難事なり」と仰せです。

昔の合戦で大軍と大軍がぶつかり合う最前線で、槍【やり】ぶすまに向かって自らすすんで突進していくような、勇気と捨て身の命懸けの覚悟が必要なのです。
仏の異名の1つは「最高の勇気の人」です。
そしてこの勇気が試され、勇気を引き出す行動の連続が学会活動である、とも言えると思います。

最善を尽くしてなお、相手の無知のゆえに、悪しざまに言われることは、生命の次元で言えば最高の名誉であり、莫大な財宝をもはるかに上回る仏法の宝蔵(生命の宝蔵)を開き、自在に使いこなしていける自分になれるのです。
このことを大聖人は次のように仰せです。

当世、日本国に第一に富める者は日蓮なるべし
命は法華経にたてまつり名をば後代に留【とどむ】べし
(御書p.223)

流罪の身でありながら「第一に富める者」との御本仏の大宣言に、あらゆる魔性と人類の不幸の闇を打ち破り、末法万年にわたり照らしゆく希望の太陽が昇ったのです。
池田先生は正しい信仰ゆえに悪口を言われることは、「生命の勲章」のようなものであるとの指導をされたこともあります。

1つの小さな小さな種にも、やがて大樹と育つすべての因が具わっています。
葉も幹も根も花も果実も、すべて欠けることなく、1粒の種に具わっています。
仏法の真髄が教える「幸福の因」は、万人に開かれたものであり、SGIは今や全世界192カ国・地域まで広がっています。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


煩悩即菩提(2)

釈尊は苦行の果てに、「自らの死によって苦悩から脱する」ことは不可能であることを知った。
生きてこそ真の悟りは得られるのが道理であるし、苦行の果てに「死を選択」することは、修行の破綻であり、現実からの逃避に過ぎないと見抜いていたのだ。

爾前経では生命の六界までしか説かれず、四聖、中でも仏界が明かされないゆえ、菩提=仏界という目的を達するためには、煩悩=六界はあくまで障碍【しょうげ】としてしか捉えられず、不幸の因と見なされたのである。
すなわち十界が完全に明かされなかったゆえに、爾前では煩悩を断ずることに力点が置かれたのである。

しかし法華経に至って一転して貪・瞋・痴の惑を断ずることに真意は無く、爾前経は法華経に導く方便の役目だったのである。
そして「煩悩即菩提 ぼんのうそくぼだい」という画期的な力用が明かされるのである。

「煩悩の薪【たきぎ】を焼いて菩提の慧火現前【えか・げんぜん】するなり、
煩悩即菩提と開覚するを焼則物不生【しょう・そく・もつふしょう】とは云うなり」
(御書p.710)

とある通り、煩悩を燃料として燃え上がる炎が、仏界の悟りの智慧の炎となる。
煩悩が強ければ強いほど、すなわち悩みが多きければ大きいほど、仏界も大きく顕れてくるのである。
ここで、即の一字は信心唱題である。

煩悩即菩提を信心でとらえるなら、悩むがゆえに、御本尊に題目を唱え、自己の生命に仏智を湧現することである。
また、煩悩即菩提を生活でとらえる場合は、もろもろの生活上の不幸があるゆえに、信心修行に励み、物心ともに最高の幸福生活を成就することである。

悩みがあるからこそ、生活上に不幸があるからこそ、それを燃料として題目と学会活動に真剣に取り組むことができる。
その時に自分が奮い起こした信力・行力に応じて、御本尊の仏力・法力が厳然と現れ、最高の功徳の生活、真の遊楽と所願満足の人生が開けるのである。

人間は何不自由ない悩みもない満ち足りた生活を送っていれば、信心を行じる求道心は湧かないものである。
タキギの量が少な過ぎるゆえに、たき火の炎も小さくなるのと同じである。
その意味でも、大きな悩みがあるのは、真剣に信心に取り組める好機であり、境涯を開く絶好のチャンスでなのである。

また別の見方をすれば、菩薩界・仏界が生命に定着してくれば、すなわち悩みが無くとも戦えるようになれば、タキギとしての悩みを必要としないか、或いは少なくても済み、幸福感の連続となり「これ以上の幸せはない」という円熟の境涯となったと言えるのであろう。
末尾に、先生のご指導を紹介する。

小欲知足【しょうよくちそく】は大切だが(笑い)、正法に対しては貪欲であらねばならない。
欲を消し去るのではない。
何を欲するかが大事なのです。
「煩悩即菩提」です。
無上の悟り、菩提を求める欲は、即【すなわ】ち菩提となる。
 ”自分は、この程度でいいのだ”というのは、謙虚に似て、実は、生命の可能性を低く見る大慢なのです。

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


煩悩即菩提(1)

この写真は釈尊が悟りを得る前に、当時の修行の主流であった苦行をしていた姿である。
生きながらのミイラにでもなったかのような、痛ましい姿である。

釈尊はその徹底した苦行の果てに、死の淵【ふち】をさまようが、河のほとりに瀕死の姿で横たわっていたところ、少女から粥【かゆ】を飲ませてもらい、命を取りとめる。
そして菩提樹の下で瞑想に入り、やがて悟りを得ていく。

灰身滅智【けしんめっち】という言葉はご存知だと思う。
法華経以前の教えにおいて、二乗が目指した理想の境地である。

四苦八苦と言われる諸々の苦悩は突き詰めると、我々の生命に煩悩がある故に、一切の苦悩が生じると見るのである。
それゆえ、様々な欲望すなわち煩悩を断じ尽くせば、あらゆる苦悩からも解放され、理想の境地に到達できるとしたのである。

ところがこの灰身滅智を徹底すれば、心身に苦痛を与え続け、やがて文字通り死をもってしかその境地に達しえないことになる。
究極は自己の生命を断つことをしなければ、煩悩は断じることができず、苦悩からの解放もないことになる。
それゆえ、生きながら土中に自らを生めてミイラとなったり、火で我が身を焼き尽くしたり、水中で窒息したり、心身にあらゆる苦痛を与えたりといった、難行・苦行を行じるのである。

しかし、煩悩は生きるエネルギーでもあり、上手にコントロールすれば、向上心などの源ともなり、人間がより良く生きるためにも、幸福であるためにも欠かせないのが、欲望であるという見方もできる。
しかし人間は、賢いようでいて愚かな面が強く、欲望ゆえに身を滅ぼし、大苦に落ち込むことが多いのが現実であるとも言える。

釈尊は苦行の果てに、苦行を捨てることを自ら選ぶ。
真の悟りを得るためには、苦行では無理であることに気づいたのである。

(次回へつづく)

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


妙とは不可思議

学会の御本尊には不可能を可能にする力があります。
どう考えても無理と思える願いも、創価の信心をやり切れば必ず叶えることができます。

「妙とは不可思議の意味」ですから、我々凡夫の考えは遠く及ばないのです。
どのように願いが叶うか、どういう手順で実現に向かうかは、我々には分からないのです。
あれほど長い期間、思い悩んだこと、あきらめていたことが、叶ったあとでは、驚くような劇的さで、周りのすべてが諸天善神の働きとなって、祈りが実現したことが分かるのです。

「私は業が深いから、叶わないだろうな」
ということもありません。
どんな例外もありません。
折伏をやり切れば、どんな願いも叶える無眼の力が、御本尊にはあるのです。

御本尊には手も足もありませんし口もありません。
ですから自分自らが手となり足となり、仏法をしゃべって「御本尊のお使い」をするのです。
そうすれば、必ずどんな願いも叶います。

私は長年患っている持病があります。
信心していてもついつい、
「こんな病気をしていれば、まともな人生を願っても無理だろう」
と弱気やあきらめの心が出ることがあります。

しかし、悩みの無い人なんているでしょうか。
病気が無かったとしても、経済苦や家庭不和、ギャンブル依存であるとか、仕事上の深刻な悩みや、学歴が無い劣等感であるとか、奥さんに逃げられたとか、誰しも人に言えないような深い悩みの1つや2つは持っているものです。

創価の信心は、そうしたどんな悩みであっても、解決できるだけでなく、所願満足といって、心から願っていることを全て叶える人生にすることができるのです。
そのためには、御本尊を強盛に信ずる心が大事です。
何があっても御本尊を離さない、退転しない、生涯貫き通す信心が大事です。
そのためには、どんなに強い人でも、1人だと倒れてしまうのが人間ですから、「善知識の集い」に積極的に参加していくことが大事となります。

以上は、今日、友人が来訪したので、その中で私が対話した内容を元に、記事にしてみました。
より一層、決意を込めて、思いも新たに広布の戦いに取り組んでいきます。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


創立記念日

創立82周年の18日は、3月以来2回目の主戦場入りとなりました。
8時間を要しました。
行こうと決めて直ぐに、今年最も大きな仕事が入り、驚き半ば喜び半ばです。
(来月17日までは、この話題は詳細は自粛することとします)

一念の妙用とはかくも劇的に見事に展開していくのですね。
だんだん負荷がかかってきますし、1人暮らしの疲労も溜まっているかもしれません。
上手に小休止を取りながら、今年残りを乗り切っていきます。


(パイネ山脈)

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村