保護中: 体験「宿命転換を決意、報恩感謝の心で」

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


昨年の唱題372万遍

一日で記事3連投目となり申し訳ありません。記録を集計しますと昨年2018年の唱題数の合計は372万6千遍でした。一年間400万には及びませんでしたが、私の記録の中で過去最高だったのは間違いありません。ここでまた御書を学びましょう。

大地はささばはづ(外)るるとも
虚空(おおぞら)をつなぐ者はありとも
潮のみ(満)ちひ(干)ぬ事はありとも
日は西より出づるとも

法華経の行者の祈りの
かな(叶)はぬ事はあるべからず
(祈祷抄 御書1351㌻)

改めて大確信の祈り、広布誓願の祈りを持続していきます。

 

↓ 宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


10時間唱題(7)

今年もよろしくお願い致します。(昨年父が亡くなったため、年頭の祝詞は遠慮させて頂きます)先生の91歳のお誕生日に、毎年恒例の10時間唱題を先ほど完遂しました。何よりこのスッキリした感覚はやった人しか味わえないものかもしれません。次の写真は自分で作った10時間唱題の進行管理表です。

10時間唱題タイムスケジュール

本年も最高のスタートができました。池田先生、同志の皆様、本当にありがとうございます。今年も戦います!

 

↓ 宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


栄光の年から創価勝利の年へ

池田先生が北海道の同志に贈った揮毫「栄光の山」。

今年最後となりますが御書を拝しましょう。

只(ただ)南無妙法蓮華経とだにも唱へ奉らば
滅せぬ罪やあるべき
来(きた)らぬ福(さいわい)や有るべき、
真実なり甚深なり是(これ)を信受すべし

(「聖愚問答抄」御書497㌻)

[通解] ただ南無妙法蓮華経とだけ唱えるならば、滅しない罪があろうか。訪れてこない幸福があろうか。このことは真実であり、極めて深い法門である。これを信受すべきである。

[大意] 唱題の偉大な功力を教えられた一節です。

[一言感想] この御文にある通り、最高の真実かつ甚深の題目を今年も存分にあげきることができました。無事故で全ての戦いに勝利することができ、これ以上の喜びはありません。亡くなった父も霊山で安心して見守ってくれていると確信します。(今年残り数日も油断なく頑張ります)

来年こそは、いよいよ勇気を取り出して自行化他の実践に励み、一段と勝利の実証を示していきます。本年も多くの方々にお世話になり、本当にありがとうございました。よいお年をお迎えください。

(平31.1.4 加筆しました)

 

↓ 宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


今年の現時点で315万遍

今年になって今日までで315万遍の唱題をしました。昨年が1年間でちょうど300万遍でしたので、それを大きく上回るペースとなり自己新記録です。今年は年末までに400万遍に届きそうです。ただしその場合、残り57日間を毎日3時間45分の題目を持続する必要があります。

唱題によって、苦難に直面しても、波乗りを楽しむように、悠々と乗り越えられる力が涌現する。

昭和60年7月に再発心して以来の唱題総数は4826万遍となり、こちらは5000万遍が目前に迫っています。生涯1億遍に向け丁度折り返し地点となります。ここで先生のご指導を学びましょう。

人生には、迫害の嵐、宿命の嵐が吹き荒れ、苦悩に苛(さいな)まれることもあります。『苦』に直面した時には、その現実をありのままに見つめ、逃げたり、退いたりするのではなく、”よし、信心で打開しよう” とひたすら唱題に励んでいくことです。また、楽しい時、嬉しい時にも、感謝の心をもって御本尊に向かい、題目を唱え、歓喜を、さらなる歓喜の要因としていくんです。

苦楽ともに唱題し抜く。その弛みなき精進のなかに、持続の信心のなかに、宿命の転換も、人間革命もあるんです。”題目を唱えることが、楽しくて、嬉しくてしょうがない” と実感できるようになれば本物です。

強盛な信心とは、強盛な祈りであり、持続の唱題である。”唱題第一の人” は――揺るがない。臆さない。退かない。敗れない。胸中に、不屈の闘魂と歓喜の火が、赤々と燃えているからだ。
(『新・人間革命』第28巻「大道」の章)

トータル30数年の実践を通して、「題目を唱えることが楽しくてしょうがない」という自分に次第になりつつあります。苦楽ともに唱題し抜く持続の信心で、悠々と人を救い切っていく自分を築くとともに、生活上の課題を解決してまいります。

 

↓ 宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村