天空の虹とリスニング

配達に関する話題です。次の写真のうち1枚目は、今朝6時ごろ配達の途中で撮影しました。地平線から天空まで伸びた虹が、クッキリと架かっていました。写真の上でクリックすると拡大されます。

2枚目の写真は聖教新聞社から配布して頂いたグッズでして、スマホを入れるホルダーです。肩や腹に巻くように装着でき、透明カバーの上からスマホを操作もできる優れモノです。防水仕様でもあります。

3枚目の写真はワイヤレス・イヤホンです。Bluetoothでスマホと接続して音楽を聴いたり、電話などの操作もできます。自分はこれで英語のライブ・ラジオを聴いています。ただし、車や自転車で配達しますので、外の音が聞こえにくいと、安全面で問題です。そのため、左耳だけに装着して、右耳には付けず、外の音を聞こえるようにしています。

ワイヤレス・イヤホンはアマゾンで検索すると、数多くの品が売られておりレビュー数も多く、かなりの人気商品です。コード類が一切出ておらず、耳たぶの中に隠れてしまうようなタイプもあります。では自分がこのイヤホンで何を聴いているかというと、アメリカ・ボストン大学のライブ・ラジオWBURというのを、いつも聴いています。

配達を始める前からなので、もう10年位になるでしょうか。その割には、英語スキルが目に見えて向上しないです。まぁ、ただ聴いているだけですから、他の努力が足りないということでしょうか。21年前に英検準2級は合格しているのですが、進歩しているか退歩しているか(笑)、近々また英検を受けてみようと思います。1つの目標は英語を広布のために役立てること、具体的にはアメリカ人を英語で折伏したいと願っています。道のりはまだまだ遠いようですが、コツコツとガンバりますよ。

 


ギター弾き語り講座 他

ギターは中学生以来40年近く弾いています。何度か座談会やセミナーでも演奏をさせて頂きましたが、クラシック・ギター演奏なので、聴衆は地味な独奏をひたすら聞くだけでした。「これではいけない、ギター弾き語りを覚えれば演奏の幅が大きく広がるのでは」と考え、がくぶんの「ギター弾き語り講座」を申し込んだのが昨年の1月でした。

この講座は聖教新聞に広告が載っており、以前からずっと気になっていました。代金は、12回分割払い計35,910円(3,990円割引キャンペーン適用)とけっこうな値段ですが思い切って購入、分割払いを完済しました。伴奏付き譜面が全曲載っており、そのアレンジが非常に無理なく弾きやすいのです。曲名は昭和歌謡で多少古い感じですが、50代の自分にはそれほど違和感がないです。欲を言えば、即興でコード進行ができる位まで身につけば理想なのですが、この教材ではそこまでは無理です。

クラシック・ギターで培った素養はあるのですが、弾き語りはギター演奏と歌唱の二つを同時に行うので、難易度が高くなります。まだまだとても人様に聞かせられるレベルではありません。これからひたすら練習あるのみです。

→ギター弾き語り講座

 

 

もう一つの教材紹介は、最近、購入したばかりの『ロゼッタストーン 英語(アメリカ)』です。本来なら3万円近い教材が大幅に割り引かれて、5,000円ほどということで、購入し早速トレーニングしています。レベル1から5まであり、高校生程度までの内容の会話等の4スキルを身に付けることが可能です。以前から、世界広布へ貢献したいということで、アメリカ人または英語を母語とする外国人を折伏し学会へ入会させられればと望んでいます。20年ほど前に英検準2級も取得しています。英訳御書の音読にも挑戦中です。

 

→ロゼッタストーンのCM

→ロゼッタストーンの上級レベル5

→ロゼッタストーン購入ページ

 

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

にほんブログ村


私には夢がある -名スピーチ対訳集(1)

→私には夢がある(2)
→私には夢がある(3)
→私には夢がある(4)
→私には夢がある(5)

 

 


宇宙ステーション/先生の童話

最初の動画は、国際宇宙ステーションISSから見える、地球のライブ映像です。ライブですから、現在の地球の様子がリアルタイムで送られて来ます。

 

 

2つめの動画は、池田先生の創作童話の外国語吹き替えのアニメから邦題『二人の王子さま』です。

 

次のリンクから全ての童話を、英語、スペイン語、広東語、中文版で見ることができます。

→池田先生の創作童話 外国語版アニメ

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村


家事しごと & 英会話

二十数年ぶりに1人暮らしを初めてまず気づいたことがあります。
食事作りに伴う煮炊きの仕事や、洗濯、買い出しなどの仕事が増え、これが意外と労力と時間を要し大変だということです。

今まで母親に任せきりだったのですが、女の人が受け持っている家事仕事は思ったより大変なのですね。
家事仕事を年収に換算したら300万円か、または600万円は欲しいという主婦もいると聞きましたが、その意味がおぼろげながらも分かってきました。

こんなことがやりたくて引越ししたのでないのに、との不満も口に出てしまいますが、誰かが為さなければなりません。
現状、自分1人なのだから、自分がやるしかありません。
何事も良いことづくめということはあり得ません。
一二の不満なことはつきものと腹をくくったのと、女性の働きの大きさに改めて気づかされたこの頃でした。

第2の話題は、最近、ネットを介しての英会話個人レッスンを受け続けて2か月ほどになります。
先生はフィリピン人女性の先生たちで、非常に廉価【れんか】でレッスンを受けられます。
すでに、25分×19回=約8時間 の個人レッスンを受けました。

こう言われたら、こう言い返すという意味で、英会話とは反射神経の訓練に過ぎないと揶揄【やゆ】する英語教育者もいるそうです。
しかし、やはり語学は実際に使いながら覚えていくのが、最良の方法だと思います。

ここまででどれほど効果が上がったかは、計測や試験した訳ではないので自覚はないのですが、だいぶ会話が慣れてきたのは確かです。
ボキャブラリや文法表現を増やそうとの強い動機づけも与えてくれますし、先生方も1人1人個性や方法が違っていて、毎回、指導を工夫してくれます。
何より、忍耐強く関わってくれるのが有り難いです。

私が利用しているサービスは、 iKnow! Live Lesson というものです。
週3回月10回以上レッスンを受けることができ、iKnow独自の自習用プログラムも全て利用でき、月額 6,000円ポッキリです。
これは安いです。普通なら英会話スクールで似たような個人レッスンを、同じ回数受けたら月何万円もかかりますから。

→ iKnow のページ

興味がある方は、まずは上記のリンクから無料体験することができるので、試してみることをお勧めします。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村