仏は衆生救済のため悪も熟知する。

●御書講義録 第17巻 p.361~ から

まず、法理の面では、天台大師の一念三千・性善性悪の法門によって示されている。すなわち一念三千の法門によれば、人間生命には善も悪もその本性としてもともと備えている。善とは広くいえば四聖であり、その極善が仏界である。悪は広くいえば六道であり、また三悪道、四悪趣を指し、極悪は地獄界である。

妙覚の仏といえども、十界互具・一念三千の当体であり、極悪の地獄界から、極善の仏界まで、すべての生命は善と悪をともに備えているとするのが法華宗の教えである。これは、善悪をそなえているのは等覚の菩薩位までに限られるとする爾前権経と根本的に違う点である。

この、すべての生命にそなわる性善、つまり元品の法性が依報の上に顕れれば、正法を守護する梵天・帝釈等の諸天善神の働きとなる。逆に、本有の性悪、すなわち元品の無明が顕れれば、法華経の行者を悩ます第六天の魔王の働きとなる。

(中略)
 一念三千・性善性悪について

性善性悪があらゆる生命に具わっていること、妙覚の仏でさえ、その例外ではないということは、一念三千・十界互具が必然的に意味するところである。性善性悪は、すべての生命に本来的にそなわる善悪の性分を指している。これに対して、行動の次元に本来の性分が顕れて、その効用を発揮することを修善修悪という。諸法実相・十界互具を説く天台家では、法性真如に善悪の性徳を具すと主張するのである。

観音玄義巻上には「問う、性徳の善悪は何ぞ断ずべからずや。答う、性の善悪は但是れ善悪の法門なり。性改むべからず、三世を歴て誰も能く毀つものなく、復【また】断壊すべからず」(大正34巻882㌻)と記されている。すなわち、性分としての善悪は、本有の存在であり、迷悟にかかわらず改変しえないものである。

ゆえに極善の仏にも性悪を具し、逆に極悪の一闡提【いっせんだい】も性善を断壊することはないのである。ただし、仏に修悪はなく、一闡提に修善はないのである。仏は性悪を具すことによって、極悪の衆生が悪をなし罪業をおかすに至った心情を理解することもでき、また、そうした衆生を救済することも可能になる。

観音玄義巻上には「仏は性悪を断ぜずと雖【いえど】も、而も能く悪に於て達す。悪に達するを以っての故に、悪に於て自在なり。故に悪の染する所とならず、修悪起こるを得ず、故に仏永く復【また】悪無し。自在を以っての故に、広く諸悪の法門を用いて衆生を化度す。終日之を用いて、終日染まらず」(大正34巻882㌻)とある。

仏は性悪があっても、悪に縛られるということはなく、それによって悪によく通達し、悪を自在に制し、それによって、衆生をよく救済することができるのである。つまり、仏は悪を用いても、悪に染まり、悪の行をすることはないのである。このような性善性悪の法理にのっとって、末法においては日蓮大聖人が、濁悪の世の衆生に具した性善を開発し顕現するために、文底下種の南無妙法蓮華経を説かれたのである。

 

【ひと言感想】
末法の三毒強盛の衆生を救うには、単なるお人好しでは無理です。悪事(謗法)を為すに至った人々の心情を理解し、根底から救済するには、仏にも三悪道の命が具わっていなければなりません。自身は悪を行わないけれども、悪をも熟知しているのが仏なのです。

法華経の生命論があまりに深いことに感動します。悪と詐(いつわ)り親しむことなく、岩盤のような無明に覆われた悪人が悔いる心を起こすまで、徹して悪を責め抜くことこそが慈悲に通ずるのです。

 

 


三災七難の根本原因とは(2)

(前稿からのつづき)
「法蓮抄」には、この立正安国論の要点を、自ら次のように示されている。
「彼の状に云く〔取詮〕此の大瑞は他国より此の国をほろぼすべき先兆なり、禅宗・念仏宗等が法華経を失う故なり、彼の法師原が頚【くび】をきりて鎌倉ゆゐ【由比】の浜にすてずば国・正に亡ぶべし等云云」(御書1053㌻)

また「撰時抄」にいわく、「去し文永八年九月十二日申【さる】の時に平左衛門尉に向つて云く日蓮は日本国の棟梁なり予を失なうは日本国の柱橦【はしら】を倒すなり、只今に自界反逆難とてどしうちして他国侵逼難とて此の国の人人・他国に打ち殺さるのみならず多くいけどりにせらるべし、建長寺・寿福寺・極楽寺・大仏・長楽寺等の一切の念仏者・禅僧等が寺塔をばやき【焼】はらいて彼等が頚をゆひ【由比】のはま【浜】にて切らずば日本国必ずほろぶべしと申し候了ぬ」(御書287㌻)と。

右の御文に拝されるように、日蓮大聖人御自身も、涅槃経の文によって「邪法の僧らの頸【くび】を切れ」と叫ばれたのである。しかし、これひとえに謗法の心を断ち切り、謗法の行為を殺せとの意なのである。仏の慈悲は、母の慈愛ではない。父の厳愛に譬【たと】えられる。一切衆生を慈愛するからこそ、悪に対して厳格なのである。

ゆえに、立正安国論では「それ釈迦の以前仏教はその罪を斬るといえども能忍の以後経説はすなわちその施を止む」と仰せられているのである。日寛上人は「撰時抄文段」に「『すなわちその施を止む』とは、為人悉檀【いにんしつだん】に約す。『頸を刎【は】ぬべし』とはこれ対治悉檀に約す」(文段集303㌻)と教えられている。

いま、われわれが、折伏を行じて、誤った宗教や低級な思想を完膚【かんぷ】なきまでに打ち破るのは、「頸を斬れ」とのお心に応【こた】えることになるのである。また、そうした宗教に迷わされている民衆を、正義にめざめさせて、低級宗教から離れさせているのは「施を止【とど】む」に適【かな】う行為といえよう。

●本書289ページから

さらに、いま本文で、釈尊のことを“能忍”と表現されていることにも、その意義が込められている。この現実世界は娑婆世界と呼ばれるが、裟婆とは堪忍【かんにん】の意である。苦悩におおわれ、貪瞋痴【とんじんち】三毒強盛の衆生が充満するのが娑婆世界である。それゆえに、仏の特色はなによりも「能【よ】く忍ぶ」ことにあるとされる。

したがって、この世界において正法を行じ弘める人は、邪悪な人々によって数々の暴力を加えられるが、それに堪【た】えるべきであって、謗法者だからといって、こちらから暴力や武力を振るうのではない。唯一、これに対抗し、悪の根を断ち切る方途は、人々に正邪を知らしめ、謗法者への布施を止めさせることである。これは、目的が異なるが、のちにガンジーによってイギリス植民支配権力を倒すため採用された、不買運動等による非暴力抵抗主義と底流において相通じているといえよう。

※立正安国論講義は2分冊となっており、『池田大作全集第25巻』に「立正安国論講義(上)」が、同26巻に「立正安国論講義(下)」が収められています。

 

  

 

宜しければクリックしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


三災七難の根本原因とは(1)

以下は『池田大作全集26巻 ~立正安国論講義』からの抜粋です。

●本書179ページから

(御書27㌻「立正安国論」)
又云く「殺(さつ)に三有り謂(いわ)く下中上なり、下とは蟻子乃至(ぎし・ないし)一切の畜生なり唯(た)だ菩薩の示現生(じげんしょう)の者を除く、下殺(げさつ)の因縁を以て地獄・畜生・餓鬼に堕(だ)して具(つぶさ)に下の苦を受く、何を以ての故に是(こ)の諸の畜生に微善根有り是の故に殺す者は具に罪報を受く、中殺とは凡夫の人より阿那含(あなごん)に至るまで是(これ)を名けて中と為す、是の業因を以て地獄・畜生・餓鬼に堕して具に中の苦を受く・上殺(じょうさつ)とは父母乃至阿羅漢・辟支仏・畢定(ひつじょう)の菩薩なり阿鼻(あび)大地獄の中に堕す、善男子若し能(よ)く一闡提(いっせんだい)を殺すこと有らん者は則(すなわ)ち此(こ)の三種の殺の中に堕せず、善男子彼の諸の婆羅門(ばらもん)等は一切皆是(これ)一闡提なり」[已上]。

(池田先生の講義)

謗法の者を対治【たいじ】せよと仰せられる裏づけとして、謗法者をたとえ殺しても仏法上の罪は受けないことを説く涅槃経の文を引かれている。これは、殺を奨【すす】めるのではなく、謗法の流す害毒がどれほど大きいかを示したものである。

およそ、この経文は、仏教を温かい慈愛の教えぐらいにしか考えていない現代人にとっては、驚天動地【きょうてんどうち】の説法であろう。「これが、あのお釈迦さまの言ったことだろうか」と耳を疑う人もいるかもしれない。そのような人は、まず、自己がこれまでもっていた仏法観が、まったく皮相的であったことを知るべきである。そして仏法のもつ深遠な哲理、力強い指導性を、心を謙虚にして求めるべきである。

すでに、多くの経文を引いて、繰り返し論じられてきたように、邪法、邪義は、三災七難の根本原因となるものである。飢饉、疫病、戦乱、水害、干害【かんがい】、冷害等々の天災や人災によって、死んでいった人々の数は、計り知ることすらできない。すなわち、これらの人命を奪い、民衆の生命力を衰えさせ、国土を荒廃させる張本人こそ、謗法、一闡提【いっせんだい】の僧たちなのである。したがって一闡提を対治【たいじ】することこそ、人々が安心して生活していける社会にしていくための根本であることを、このような表現をもって示されたのである。
(つづく)

 

宜しければクリックしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


人間革命の魂

 

『人間革命』の此の原稿は
わが師 戸田城聖先生の真実の
広布への大ロマンにして
弟子 池田大作が
確かに書き留めしもの也
一切の批難と謀略の言を
信ずること勿れ
わが門下に深く留む

(昭和55年5月3日 関西にて池田先生は記された)

 

信心の真髄
学会精神の魂
此に存する也

(『人間革命』の原稿の綴りに、先生は記された)

以上、本日付の名字の言から抜粋しました。

 

宜しければクリックしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


裸形の猛者と甲冑の猛者

真言宗の破折について、御書および講義録から核心部分の一つを抜粋してみたい。

然れば則ち法華経と大日経と敵論の時は
大日経の理・之を奪つて法華経に付く可し、

但し大日経の得分は但(ただ)印真言計りなり、
印契(いんけい)は身業・真言は口業なり
身口のみにして意無くば印・真言有る可からず、
手口等を奪つて法華経に付けなば
手無くして印を結び口無くして真言を誦せば
虚空に印真言を誦結(じゅけつ)す可きか如何、

裸形(らぎょう)の猛者と
甲冑(かっちゅう)を帯せる猛者との譬の事、
裸形の猛者の進んで大陣を破ると
甲冑を帯せる猛者の退いて一陣をも破らざるとは
何れが勝るるや、

又猛者は法華経なり甲冑は大日経なり、
猛者無くんば甲冑何の詮か之有らん
此れは理同の義を難ずるなり、

(法華真言勝劣事p123)


裸の猛者(もさ)と甲冑(かっちゅう)を着けた猛者との譬えについていえば、裸の猛者が進んで敵陣を破るのと、甲冑を着けた猛者が敵陣を前に退いてしまうのとは、どちらが勝れているかは明白ではないか、と仰せになっている。これは、甲冑を着けているかどうかではなく、敵陣を破るかどうかが「猛者」の本質であることを指摘され、印・真言の有無が成仏の法の本質ではないことを示されているのである。

また、猛者が法華経で、甲冑が大日経だとすれば、猛者がいなければ甲冑も何の用にもたたないではないか。とも破されている。法華の法理がない大日経は、無用であることを明かされているのである。以上が、天台真言宗の立てた「理同」に対する破折にあたる。

(日蓮大聖人御書講義第3巻上p50~)

真言は印・真言があるので「甲冑を着けた兵士」であるのに対し、法華宗はそれらが無いので「裸の兵士」であるとの真言宗の邪義に対して、明確に破折された御文である。

譬喩として、甲冑の有無と、猛者が敵陣を破れるか否かが述べられている。それは敵陣を破ることが「猛者」の本質なのであって、印・真言には成仏の本質は無いとの仰せなのである。つまり真言宗の印・真言は一見立派な鎧・兜(よろい・かぶと)を身に着けているようであっても、敵陣を前に退いてしまう弱兵であれば何の役にも立たない。単なる見掛け倒しであり形式に過ぎないのである。それとは対照的に、法華経(の肝心たる南無妙法蓮華経)には猛者が敵陣を破るように、現実に人々を成仏させる無眼の力があることを意味しているのだ。

先の講義録の続きには、このことを重ねて述べている。それが以下の部分である。

(中略)
仏法の根本は成仏であるが、成仏の根本は“法”すなわち“理”を悟ることにあって、印・真言によるのではない。印や真言は既に悟った仏のあらわす力や智慧を象徴するものなのである。一切衆生の成仏得道の“法”は一念三千であり、これらは法華経のみにある。大日経には、一念三千の法理はない。したがって、いかに大日経には印・真言が説かれていると誇っても、根本の成仏の理が説かれていないのでは、全く無意味となるのである。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村