しばれました

今期最低の気温となりました。1枚目写真のように苫小牧では-9℃(車外気温計)となりました。最高気温でさえも-2℃ですから、かなりしばれています。2枚目の写真で、稚内では最高気温が-6℃というのですから、冷凍庫内で暮らしているような寒さです。

まだ冬将軍はこれから本格化していきます。無事故で配達できるよう気を付けます。皆さまも風邪などひかれませんよう、充分ご注意ください。

 

↓ 宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


128年ぶりの遅い初雪

11月21日午前7時過ぎ

今日の配達を終えて車を駐車場に入れた途端に、本年初めての雪が降り始めました。写真は午前7時過ぎの撮影ですが、そのあともしんしんと降り続けています。北海道(札幌)では観測を取り始めて以来128年ぶりの、最も遅い初雪だったそうです。

→128年ぶりの遅さの初雪

地球温暖化の影響でしょうか。この冬はどんな天候になっていくか心配ですね。自分は元より全ての配達員さんの無事故を祈っていきます。

 

↓ 宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


人の命を救う

「雨の夜の道」 ~イメージ画像です。実際の場所とは無関係です。

創立の日、誠におめでとうございます。それとは直接関係はないですが、つい先日の配達途中での出来事を記します。早朝から雨がしとしと降っており、気温も零度手前から5℃近くまで上がって来ていましたが寒い朝でした。あと残すところ3分の1程になった頃、車から見ると、未だ暗がりの道路に人が横たわっているのです。しかも頭から体のほとんどが車道の上にあるのです。距離は10m以上離れていて、しかも暗い中ですが、白く見えるのが仰向いた人の顔に間違いないのです。

「何かの事件でも起こったのだろうか?」
「酔っ払いか? それとも急病だろうか」

短時間に、いろいろな想念が浮かびました。こうはしていられない。時々、車が通る道だし、暗がりで見えにくいので、轢【ひ】かれてしまうかもしれない。この寒い朝だし、心不全なら一刻を争う事態だ。そう考えてそばまで行って声をかけました。最初は反応がありませんでしたので体を揺すってみると、小さな声で返事があったのです。

目は閉じたたままですが意識はあるようです。周りの状況を伝え、体を抱えて起こそうとすると、自力で立ち上がりましたが、フラフラしています。「タクシー代は払ったかい?」と言います。どうやら運転手と勘違いしているようです。自宅の行き先を聞くとすぐ近く、とのことで、近くのアパートへ歩いて行きドアを開け中に消えました。何事もなくホッと胸をなでおろしました。まだ配達が残っていますので、とりあえずその場を後にしました。

日を改め日中にそのアパートを訪問してみると、本人は不在で姉が出て来て種々対話しました。「ご心配おかけして申し訳ありません。わざわざ来て頂いてありがとうございました」とのこと。聖教のPR版と自分の名刺を渡して辞去しました。事件やトラブルには巻き込まれたくないとの不安がありましたが、姉はよさそうな人で、きちんとした家族のようです。

弟は未だ青年世代だそうです。夜勤が続き疲れ切った日々が続いていたそうです。その上に深酒でもしたのかもしれません。近い将来、聖教をとってもらいたいものだ、と思いつつ、今日は無理をしませんでした。(11・18の意義を込めて、つい先日、全く別な人へは聖教啓蒙は出来ています)

「折伏してあげられる人が目の前に現れますように!」
と毎日祈っていましたので、それが現実になったのでしょうか。それにしてもある意味、凄いというか劇的な現れ方で驚きました。しかし、今後の楽しみが1つできました。

 

↓ 宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


雨、風にも負けず

お早うございます。上の画像は、天気アプリのスクリーンショットです。連日の嵐です。台風でないにも関わらず、台風並みかそれ以上に雨風が酷いです。画像では風力の矢が赤色で4本矢となっており、降雨水量も断続的にありました。

車で新聞を配りましたが、ドアを開けるたびにドアがもげそうになる位と言えば大げさでしょうか。外を歩くと体が風に持っていかれそうになります。「人生においても、いかなる暴風の嵐も、やがて過ぎ去る時が来る」との学会指導を思い出しました。充分気を付けて配達ガンバりますよ。

 

↓ 宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


天空の虹とリスニング

配達に関する話題です。次の写真のうち1枚目は、今朝6時ごろ配達の途中で撮影しました。地平線から天空まで伸びた虹が、クッキリと架かっていました。写真の上でクリックすると拡大されます。

2枚目の写真は聖教新聞社から配布して頂いたグッズでして、スマホを入れるホルダーです。肩や腹に巻くように装着でき、透明カバーの上からスマホを操作もできる優れモノです。防水仕様でもあります。

3枚目の写真はワイヤレス・イヤホンです。Bluetoothでスマホと接続して音楽を聴いたり、電話などの操作もできます。自分はこれで英語のライブ・ラジオを聴いています。ただし、車や自転車で配達しますので、外の音が聞こえにくいと、安全面で問題です。そのため、左耳だけに装着して、右耳には付けず、外の音を聞こえるようにしています。

ワイヤレス・イヤホンはアマゾンで検索すると、数多くの品が売られておりレビュー数も多く、かなりの人気商品です。コード類が一切出ておらず、耳たぶの中に隠れてしまうようなタイプもあります。では自分がこのイヤホンで何を聴いているかというと、アメリカ・ボストン大学のライブ・ラジオWBURというのを、いつも聴いています。

配達を始める前からなので、もう10年位になるでしょうか。その割には、英語スキルが目に見えて向上しないです。まぁ、ただ聴いているだけですから、他の努力が足りないということでしょうか。21年前に英検準2級は合格しているのですが、進歩しているか退歩しているか(笑)、近々また英検を受けてみようと思います。1つの目標は英語を広布のために役立てること、具体的にはアメリカ人を英語で折伏したいと願っています。道のりはまだまだ遠いようですが、コツコツとガンバりますよ。