臆病にては叶うべからず ー指導集(12)

●勝利の経典「御書」に学ぶ 四条金吾殿御返事(梵音声御書) 13-5月号大白蓮華

この「如意宝珠」について、かつて戸田先生が語ってくださった指導が忘れられません。それは昭和30年(1955年)7月の杉並支部総会でのことです。先生はまず、「如意宝珠とは、心のままに宝を出【いだ】す珠のことをいうのです。家がほしいと思えば家ができ、金がほしいと思えば金ができ、なにひとつとして心のままにならぬものはないという珠を、無上宝珠というのです」と、私たちに分かりやすく教えてくださいました。

そして凛然と語られました。「御本尊様は、しからば、なにごとを求めても得られるか。はっきりと私は申しあげます。いかなる願いも、かなわないことはないのです」 叶わない願いなど断じてない!――恩師の烈々たる宣言でした。私たちも、この大確信で心して進んでまいりたい。妙法を信じ抜き、題目を唱え抜き、果敢に実践し抜いていく限り、絶対に行き詰まりはありません。信心があれば、私たちの胸中に如意宝珠の御本尊が厳然と輝きわたっているからです。

●座談会拝読御書の拝読の参考から 13-2-5

釈尊の弟子の一人に、阿難がいます。「多聞第一」と言われた高弟です。釈尊と阿難との対話が、仏典には次のように記されています。

阿難が尋ねます。
“私どもが善【よ】き友を持ち、善き友と一緒に進むことは、すでに仏道の半ばを成就したに等しいと思われます。この考え方は、正しいでしょうか”

釈尊が答えます。
“阿難よ、その考え方は、正しくない。善き友を持ち、善き友と一緒に進むということは、仏道の半ばではなく、仏道の全てなのである”

同志と一緒に進み、一緒に苦労することは、仏道の全てである――この仏法の精神を、その通りに実践してきたのが創価学会です。時には、皆と一緒に進むことが面倒だと感じられる時があるかもしれません。一人で好きに生きるほうが気楽かもしれません。しかし、それでは、わがままになり、本当の仏道修行はできません。

さまざまな人がいる中で苦労しながら、一緒に成長しようと励まし合っていくところにこそ、仏道修行があり、人間革命があります。互いの良さをたたえ合い、支え合って、どんな時も同志と共に広布へ進んでいきましょう。

●本部幹部会で紹介された名誉会長の指針 98-4月第21回本部幹部会から

一、有名な「撰時抄」には仰せである。「漢土・日本に智慧すぐれ才能いみじき聖人は度度ありしかども いまだ日蓮ほど法華経のかたうど(方人)して国土に強敵多くまう(儲)けたる者なきなり、まづ眼前の事をもって日蓮は閻浮提第一の者としるべし」(同283㌻)

――これまで、中国や日本に、智慧も勝れ、才能もすばらしい聖人は、たびたび出現したが、いまだ日蓮ほど法華経の味方をして、国土に強敵を多くつくった者はいない。まず、この眼前の事実から、「日蓮は世界第一の者である」と知るべきである――。

われらは、この大聖人に直結し、三類の強敵を呼び起こし、打ち破りながら、広宣流布の大道を切り開いてきた。これが初代、2代、3代にわたる創価学会の会長の誉れである。創価学会こそ、仏意仏勅の一閻浮提第一の団体である厳然たる証明なのである。

少々の非難や批判で退転するのは、まことの信心ではない。これほど、はかないことはない。戸田先生は厳しく言われた。「そんな連中は、学会にいてもらう必要はない。臆病者はじゃまになる!」と。そういう厳しさのなか、退転せずに信心を貫いた方たちが、今日の学会を築いたのである。絶対に退転だけはしてはならない。

大事なのは勇気である。意気地なしではいけない。意気地なしでは、妻に笑われ、子どもに笑われ、友人や世間からも笑われるであろう。「わが門下に意気地なしはいらない」――そう大聖人は仰せである。〈「日蓮が弟子等は臆病にては叶うべからず」(同1282㌻)等〉

戸田先生も、同じように教えられた。牧口先生は、獄中で、特高刑事らの苛烈な取り調べに対しても、毅然たる折伏精神で、正義を訴え、真実を語った。当時の状況を知っている人は、それがどれほど勇気ある行動だったか、想像できるであろう。皆さまも、相手がだれであろうと、こと正義に関しては、こびたり、へつらったりしてはならない。臆病であってはならない。堂々と、言うべきことを言いきっていくべきである。正義を、真実を叫びきっていただきたい。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


10時間唱題(8)

令和元年おめでとうございます。ゴールデンウィークに、平成最後の10時間を行ないました。4月29日に7時間、30日に3時間と二日間かけて完遂しました。10時間唱題はこれで8回目やり切りました。「また題目の話か」と思った方はどうぞ読みとばしてください。

唱題は質も量も両方大事との、質問会での先生の指導がありました。その上で、単なる数自慢、時間自慢であったり、時間にこだわる余り時計ばかりを気にするダラダラ題目、あるいは口では唱えていてもスマホをいじったりするナガラ題目であれば、長時間する意味がないです。かえって信仰への誤解を周囲に与えかねない場合もあるでしょう。

池田先生は一遍の題目にも、仏の智慧をもってしても計り知れないほどの、無量無辺の功徳があるとご指導されました。御書には何時間あげなさいとは、一切書かれていないことを紹介し、自発的に決意し時間の目標を立てるのは良いが、人に強制したり、組織で一律に長時間の唱題をすることは、無理・事故につながる場合があるので行うべきでないと指導されています。

それを銘記しつつ、やはり、10時間は大変ですが、自身や地域のことから、世界的スケールのことまで、心ゆくまで祈ることができたのは最高に満足しました。最近拝読した御書には、白鳥と輪陀王の故事を通して、「諸天善神は南無妙法蓮華経の題目を唯一最高の法味として食し、威光勢力を増すのである。題目の法味をなめた諸天は盛んに生命力を増し、得た力で法華経の行者を守りに守るのである(趣旨)」とありました。今回の唱題を勢いに変えて、下半期の戦いに向けて着実に駒を進めます。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


通算5000万遍達成

つい先日、唱題通算5000万遍を達成しました。かかった期間としては、昭和60年7月1日から平成31年4月24日までの、約34年間です。常に学会活動に参加し、自分らしく学会指導を求め抜いてきたからこそ、ここまで持続できました。

陰に陽に支えてくださった、全ての方々に深く感謝申し上げます。ここまで大変にありがとうございました。これからもいよいよ勇気ある実践に励み、先生に勝利のご報告をしていきます。ここで池田先生の唱題に関するご指導を紹介します。

唱題で仏界を湧現すれば、いかなる苦難も、波乗りを楽しむが如く乗り越えられる!


●池田先生の講義「敬愛する新会員の宝友へ(3)」 18-10月号大白蓮華

不撓不屈の大生命力を引き出す
日蓮仏法は、何かにすがるような弱々しい信仰ではありません。不撓不屈の信念で希望を引き出すのが、日蓮仏法の祈りです。この仏の智慧と力の源泉が、南無妙法蓮華経の唱題行なのです。大生命力を引き出せるかどうかは、どこまでも信心によるのです。

苦しい時、悲しい時、辛い時には、その気持ちのまま、無心に唱題していけばいいのです。慈父や悲母に思いのたけを打ち明けるように、祈りを重ねていくことです。悩みを祈りに変えていくのです。何よりも、唱題していけば、”絶対に勝ち越えてみせる”との、勇気がふつふつと湧いてくるものです。

すぐには解決しなくとも、やがて「地獄の苦しみぱっときへて」(1000㌻)という時が必ずきます。振り返った時、一番、自らを悩ませている難問が、一番、境涯を躍進させゆく転機となっていることに気がつくでしょう。祈りによって、胸中に使命という歓喜の太陽を昇らせるのです。そして、今世の人生の劇を最高に輝かせていくのです。

(中略)
「一人立つ」とは、自分を尊い存在だと確信し切ることです。自分自身の可能性を信じ、自分自身に生き切る強き人です。「ちかいし願やぶるべからず」(232㌻)と仰せの通り、誓願を貫き通す覚悟が、自他共の人生を無眼に勝ち開きます。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


始より終りまで、いよいよ信心をいたすべし

クリックすると、過去記事にジャンプします↓

→始より終りまで、いよいよ信心をいたすべし《再掲》

残り一日、悔いなき戦いをします!

 

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


嵐慧子さんの書籍

激戦のさ中ですが、時間をつくってある書籍を読んでいます。『北国の華 嵐慧子さんを偲ぶ』という本です。北海道初代女子部長をされ、清冽な信心を貫き結核のため26歳で早逝された方の伝記です。手元にあるのはコピーされたものです。妹と母のやりとりに加わって、一時借りたものです。

書籍『北国の華 嵐慧子さんを偲ぶ』

実はこの本は、私が信心に再発心した34年前にも、一度読んでいます。その時は信心も実践も浅く、深い意味は余りよく分かりませんでした。今、34年の戦いと経験を経て、だいぶ実感をもって読み進めることができています。読了したら、感想をまた簡潔に書いてみたいと思います。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村