今年の現時点で315万遍

今年になって今日までで315万遍の唱題をしました。昨年が1年間でちょうど300万遍でしたので、それを大きく上回るペースとなり自己新記録です。今年は年末までに400万遍に届きそうです。ただしその場合、残り57日間を毎日3時間45分の題目を持続する必要があります。

唱題によって、苦難に直面しても、波乗りを楽しむように、悠々と乗り越えられる力が涌現する。

昭和60年7月に再発心して以来の唱題総数は4826万遍となり、こちらは5000万遍が目前に迫っています。生涯1億遍に向け丁度折り返し地点となります。ここで先生のご指導を学びましょう。

人生には、迫害の嵐、宿命の嵐が吹き荒れ、苦悩に苛(さいな)まれることもあります。『苦』に直面した時には、その現実をありのままに見つめ、逃げたり、退いたりするのではなく、”よし、信心で打開しよう” とひたすら唱題に励んでいくことです。また、楽しい時、嬉しい時にも、感謝の心をもって御本尊に向かい、題目を唱え、歓喜を、さらなる歓喜の要因としていくんです。

苦楽ともに唱題し抜く。その弛みなき精進のなかに、持続の信心のなかに、宿命の転換も、人間革命もあるんです。”題目を唱えることが、楽しくて、嬉しくてしょうがない” と実感できるようになれば本物です。

強盛な信心とは、強盛な祈りであり、持続の唱題である。”唱題第一の人” は――揺るがない。臆さない。退かない。敗れない。胸中に、不屈の闘魂と歓喜の火が、赤々と燃えているからだ。
(『新・人間革命』第28巻「大道」の章)

トータル30数年の実践を通して、「題目を唱えることが楽しくてしょうがない」という自分に次第になりつつあります。苦楽ともに唱題し抜く持続の信心で、悠々と人を救い切っていく自分を築くとともに、生活上の課題を解決してまいります。

 

↓ 宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


唱題こそ悩みの万能薬 -指導集(8)

先生のご指導と聖教新聞等からの抜粋です。

 

・唱題できるという事がどれほど幸せなことだろう。無明の酔いから醒めるが如く、沈んでいる境涯もみるみる蘇ってハツラツとした命に変化する。あまりにも不思議な「悩みの万能薬」である。大富豪に生まれるよりも、絶世の美女として生きるよりも、御本尊と共にある人生のほうが遥かに幸せなことなのだ。

 

・信心とは、無限の希望です。たとえ状況がどんなに悪かろうと、すべて負け戦のように見えたとしても、その中から「何くそ!」と思って立ち上がり、妙法の無眼の可能性を実証していくのです。それが、信仰の本義ではないだろうか。無から有を生み出していくような、生死をかけた戦いなくして、本当の「信心」はわからない。損を得に、悪を善に、醜を美に変えていく――価値創造の壮絶な戦いが、「創価の心」です。それが「信心」です。

 

◆後輩のために自分が堂々と幸福になれ◆

・自分自身が幸福の春を勝ち取らねばならない。後輩の人がその姿を見て「信心を続けた人はあんなに立派になり、幸福になるのだ」と喜んでいかれるだけの歴史を示してあげねばならない。

 

・この悩みを解決したい、あの願いをかなえたいと、本気になって信心の実践に励めば、いままでその人の生命を弱く濁らせていた第六天の魔王が驚いて、低い迷いの境涯から離れさせまいと反発するのは当然です。急流を木でかけば波がおこり。眠れる獅子に手をつければ吠えるのは道理です。転重軽受の法門を実践し、高く広々とした境涯に前進する勇気ある信心を貫きたいものです。

 

・「全部、自分が一生成仏するための勉強だ」と思えたら、すべては解決する。人のせいにする愚癡の心がある分だけ、宿命転換は遅れる。「自分の宿命だ。自分の人生だ。まず自分が人間革命していこう」と決めて、苦しくとも、悲しくとも、御本尊に祈りきっていけば、必ず道は開ける。

 

・いやな思い、苦しい思いをすることがあったとしても、それらはすべて魔の所作によるものであることを見破り、それらをつきぬけて毅然と勤行・唱題に励み、広布の活動を力強く推進しゆくことじたいが信心強き仏界の人生なのである。

 

・われわれにとって大事なことは、なんといっても勤行である。信心の縮図は勤行に尽きる。たくさんの先輩のなかで今日の栄冠を勝ち得た人は、勤行をたゆまず、忍耐強くやりきってきている。それに反して、要領のいい、はったりの人は勤行の実践をおろそかにしていた。一日の活動の源泉である勤行を避けてしまったならば、いくら作戦を練ろうが実るはずがない。勤行こそ宿命転換の第一歩の原動力であり、勤行を真剣にやっている人は顔色もいいし、怨嫉など起こさないし、会うたびごとに成長している。勤行は前進のためのエンジンだ。それを根幹としてリズム正しく、指導どおり戦っていくならば、すべての戦いにかならず勝ちぬいていけることを確信していただきたい。

 

↓ 宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


仏の十号(2)

仏の十号の続きです。

信力と行力を!

一、戸田先生は、おっしゃった。
「創価学会は、その大法を末法の民衆に教え、流布するために、御本仏のお使いとして出現し、菩薩道を行じている。それもまた、『我常在此。娑婆世界。説法教化。』の一分の姿ではないか。してみると、学会の存在は、それ自体、創価学会仏ともいうべきものであり、諸仏の集まりといえよう」

なかんずく、事実の上で、最もはつらつと偉大な生命力を輝かせておられるのが、世界一の婦人部であると、私は申し上げたい。ともあれ、宇宙と社会と人間を貫く大法を、私たちは持ち、実践している。これほど尊貴な生命の位【くらい】はない。いかなる邪悪にも負けない、智慧と勇気と忍耐の力がある。限りない、対話と友情と信頼の光がある。ここにこそ、平和と文化と教育の大道が開かれる。正義と真実と勝利の歴史が刻まれていく。

この創価学会とともに生きゆく皆さま方が、幸福にならないわけがない。断じて、負けるわけなどない。反対に、この学会に敵対し、学会員を悩ませ、苦しめた輩が、「若【も】し悩乱せん者は頭七分に破【わ】れん」という、あまりにも厳しい仏罰を受けていることは、皆さま方が、よくご存じの通りである。

一、日寛上人は「観心本尊抄文段」に仰せである。
「我等この本尊を信受し、南無妙法蓮華経と唱え奉れば、我が身・即【すなわ】ち一念三千の本尊、蓮祖聖人なり」 「唯【ただ】仏力・法力を仰ぎ、応【まさ】に信力・行力を励むべし。一生空しく過して万劫悔【ばんこう・く】ゆることなかれ」 私たちは、真剣なる信力と行力で、偉大なる仏力と法力を湧き出しながら、朗らかに悔いなく、勝ちに勝っていきたい。

(H17年6月14日付聖教、「本部幹部会での名誉会長のスピーチ」から)

■御書p.1044「法蓮抄」から


是【こ】れ程に貴き教主釈尊を
一時二時ならず一日二日ならず一劫【いっこう】が間
掌【たなごころ】を合せ両眼を仏の御顔にあて
頭を低【たれ】て他事【たじ】を捨て
頭の火を消さんと欲するが如【ごと】く
渇して水ををもひ飢えて食を思うがごとく
間【ひま】無く供養し奉る功徳よりも

戯論【けろん】に一言
継母の継子をほむるが如く
心ざしなくとも末代の法華経の行者を
讃【ほ】め供養せん功徳は

彼の三業相応の信心にて一劫が間
生身の仏を供養し奉るには
百千万億倍すぐべしと説き給いて候、
これを妙楽大師は
福過十号とは書れて候なり、

十号と申すは仏の十の御名【みな】なり
十号を供養せんよりも
末代の法華経の行者を供養せん功徳は
勝るとかかれたり

 

【ひと言感想】
生きて目の前にいる仏を供養するよりも、あらゆる困難を乗り越えて妙法を唱え広める人を供養する功徳の方が、はるかに勝れていると仰せです。仏教の正統中の正統を継承し、真剣に実践する創価学会員を、守り讃える人の功徳はかくも絶大なのですね。仏の十号の福徳を具えた創価学会仏の一員としての誇りも高く前進します!

 


仏の十号(1)

「仏」とは何なのでしょうか。死んだ人が仏なのでしょうか。それとも、世間から遊離し、悟りすました存在が仏でしょうか。

それは違います。仏とは、どんな困難も乗り越えていく最高の勇気、最高の智慧、最も強い生命力のことです。そして他者を慈しみ、不幸な人を放ってはおかない、苦しみを除き楽しみを与えゆく、慈愛あふれる生命です。本来、この仏の生命は万人に具わっているのです。

仏の生命が具えるあらゆる徳を一面から捉えたものが、「仏の十号」です。では先生の指導を元に学んでみましょう。

「仏の十号」の徳

一、日蓮大聖人は、「我が門人等は福過十号疑【ふくかじゅうごううたが】い無き者なり」―――わが門下の人々が、“十号(十の尊称)をもっておられる仏を供養するよりも、はるかに勝る福徳を得ること”は、疑いない―――(御書342ページ)と仰せである。この「十号」とは、仏を讃えた十種の称号のことである。

御本尊の向かって左の御肩には、「有供養者福過十号【うくようしゃふくかじゅうごう】」(供養すること有らん者は福十号に過ぎん)と、厳然とお認【したた】めである。十号の仏に供養する福徳よりも、御本尊を持【たも】ち、広布に戦う我々が得る功徳のほうが、はるかに大きい。さらに申し上げれば、究極的には、御本尊を正しく信ずる者は、十号の功徳を具【そな】える仏界の生命を現すことができるのである。

 

名 称 ふりがな 説       明
1 如来 にょらい 十号の第1は、「如来【にょらい】」。
これは、真如、すなわち究極の真理から現れ来【きた】る者という意味である。
最高の智慧、真理を体現し、瞬間瞬間、生き生きとこれを発揮して、民衆のために尽くす。最高の価値を創造していく躍動の前進をリードする。
2 応供 おうぐ 第2は「応供【おうぐ】」。
世の尊敬や供養を受けるにふさわしい存在という意味である。自然のうちに、人々を感化、善導し、皆に功徳を受けさせることができる人格である。
3 正遍知 しょうへんち 第3は「正遍知【しょうへんち】」。
あらゆることを正しく知り、正しく判断できる智慧をもつ者である。したがって、その智慧をあまねく人々に行き渡らせていく“知性の光”となるのである。
4 明行足 みょうぎょうそく 第4は「明行足【みょうぎょうそく】」。
英知と行動をあわせ持つ。知勇兼備【ちゆうけんび】の模範の指導者といえよう。
5 善逝 ぜんぜい 第5は「善逝【ぜんぜい】」。
煩悩を乗り越えて、仏の境地に達することである。
濁った時代、混乱の社会を打ち破って、新しい時代へ、常に勝利と発展を切り開いていく。そうした原動力といえようか。
6 世間解 せけんげ 第6は「世間解【せけんげ】」。
世間の情勢、時代の動向などを知り尽くした人のことで、的確に社会をリードしゆく指導力に通じよう。
7 無上士 むじょうし 第7は「無上士【むじょうし】」。
文字通り、この上ない「最上最高の人」である。
8 調御丈夫 じょうごじょうぶ 第8は「調御丈夫【じょうごじょうぶ】」。
どんな人をも善導し、いかなる悪の働きも調伏【ちょうぶく】(=コントロール)できる力を持つ者である。それは、一切衆生を薫陶【くんとう】する、人間教育の真髄を体現した存在である。
9 天人師 てんにんし 第9は「天人師【てんにんし】」。
諸天や人々を教え導く存在である。あらゆる人々を励ましていく“精神的指導者”と考えることもできよう。
10 仏世尊 ぶっせそん 最後の第10は、「仏世尊【ぶっせそん】」である。
「仏」は、この世で最も賢く目覚めている人であり、他を目覚めさせる人である。また、あらゆる人から尊敬されるがゆえに「世尊」という。


は、これら十種の威徳をすべて持っているのである。さらにまた仏は、この世で最も強く、すべてを勝ち抜いていく勇者であるがゆえに、「世雄【せおう】」という異名もある。智慧と力と福徳を持ち、進みゆくわが創価学会員は、永遠に勝利者である。永遠に仏の生命を涌現していけるのである。

(H17年6月14日付聖教、「本部幹部会での名誉会長のスピーチ」から)

 

 


ナチスと手を結んだ大企業

下記のリンクで紹介した記事内の企業に、22歳から24歳まで勤めていました。といっても日本法人の方ですが。いろいろと仕事の上で良い刺激も受けましたが、信仰のことで一部の社員から迫害を受け、メンタル疾患にもなりました。昔から、利益のためには人命・人権を軽視する体質があったようです。

→ナチスと手を結んだ大企業1

→ナチスと手を結んだ大企業2


前の職場(古い話ですが)の悪口は言いたくないので、社名はずっと封印してきましたが、少しくらいはいいでしょう。次のような事件もありました。あろうことか、6年前には日本法人の元社長が、女子大生を盗撮し連行されたというのです。これは検索すればすぐに出てきます。こういう会社に深く関わらなかったことが、逆に守られたのかもしれません。次の先生のご指導を銘記し、肩書等にとらわれず一層、自分を磨いていきます。

一流と言われる会社にいる人が、
一流なのではない。
「一流の人間」が働いている会社こそ、
どこであれ、何であれ、
一流なのである。
(体験のページに引用されたSGI会長の指導 ‘08年3月10日付聖教)

 

(平30.10.1 加筆・修正しました)