人の命を救う

「雨の夜の道」 ~イメージ画像です。実際の場所とは無関係です。

創立の日、誠におめでとうございます。それとは直接関係はないですが、つい先日の配達途中での出来事を記します。早朝から雨がしとしと降っており、気温も零度手前から5℃近くまで上がって来ていましたが寒い朝でした。あと残すところ3分の1程になった頃、車から見ると、未だ暗がりの道路に人が横たわっているのです。しかも頭から体のほとんどが車道の上にあるのです。距離は10m以上離れていて、しかも暗い中ですが、白く見えるのが仰向いた人の顔に間違いないのです。

「何かの事件でも起こったのだろうか?」
「酔っ払いか? それとも急病だろうか」

短時間に、いろいろな想念が浮かびました。こうはしていられない。時々、車が通る道だし、暗がりで見えにくいので、轢【ひ】かれてしまうかもしれない。この寒い朝だし、心不全なら一刻を争う事態だ。そう考えてそばまで行って声をかけました。最初は反応がありませんでしたので体を揺すってみると、小さな声で返事があったのです。

目は閉じたたままですが意識はあるようです。周りの状況を伝え、体を抱えて起こそうとすると、自力で立ち上がりましたが、フラフラしています。「タクシー代は払ったかい?」と言います。どうやら運転手と勘違いしているようです。自宅の行き先を聞くとすぐ近く、とのことで、近くのアパートへ歩いて行きドアを開け中に消えました。何事もなくホッと胸をなでおろしました。まだ配達が残っていますので、とりあえずその場を後にしました。

日を改め日中にそのアパートを訪問してみると、本人は不在で姉が出て来て種々対話しました。「ご心配おかけして申し訳ありません。わざわざ来て頂いてありがとうございました」とのこと。聖教のPR版と自分の名刺を渡して辞去しました。事件やトラブルには巻き込まれたくないとの不安がありましたが、姉はよさそうな人で、きちんとした家族のようです。

弟は未だ青年世代だそうです。夜勤が続き疲れ切った日々が続いていたそうです。その上に深酒でもしたのかもしれません。近い将来、聖教をとってもらいたいものだ、と思いつつ、今日は無理をしませんでした。(11・18の意義を込めて、つい先日、全く別な人へは聖教啓蒙は出来ています)

「折伏してあげられる人が目の前に現れますように!」
と毎日祈っていましたので、それが現実になったのでしょうか。それにしてもある意味、凄いというか劇的な現れ方で驚きました。しかし、今後の楽しみが1つできました。

 

↓ 宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


1分間動画が面白い

SOKAネットチャンネルで「1分間動画シリーズ」というのが始まったようです。いくつか紹介させて頂きます。

→1分間動画2

→1分間動画3

→1分間動画4

→SOKAnetチャンネル

次の動画はSOKAネットとは関係ありませんが、良い動画でしたので付け加えておきます。

→生い立ちと師との出逢い

 

 


万祈を修するよりも一凶を禁じよ

約40年前の先生のご指導を聞きました。

→中野兄弟会総会

 

 


配達により健康面の功徳を頂きました。

配達に関する近況です。まず1枚目の写真は、新しく購入した装備です。左が膝サポーターで右が新しい靴です。膝サポーターは今まで一度も使用したことがなかったのですが、階段の上り下りの時に右膝に痛みがあるので試しに購入してみました。実は三桁近い体重があるために、膝へ負担がかかっていたのです。膝サポーターをした後は、痛みがなくなり上り下りが楽になりました。

次に靴の方は、古い運動靴が安価のためか、1歩1歩歩く度に結構大きな音がするのです。かかとのクッションが潰れたか何かで、余りにも音がうるさいので、今回、メーカー品に買い替えてみました。さすがに履き心地もよく音も全くしなくなりました。

最後に、2枚目の画像ですが、血液検査の結果です。左から3列目の数値がちょうど1年前、4列目が今回の数値です。昨年は、総コレステロールと中性脂肪が余りに酷い結果で、結果を見たドクターから直ぐに電話が来たくらいでした。(H = 高いのマークが付いています) 採取した血液が「乳び」という状態でもあったようで、心配されました。自分なりに結構高価なサプリを飲んだりもしましたが、ドクターいわく、

「サプリの効果というよりは、新聞配達を週5日に増やしたのがよかったようですね」

とのことで、自分もホッと安心することができました。ほぼ毎日、約1時間の配達が終わる頃には体がほてり、汗が出ます。かなり良い運動になっているのです。自分のため、そして、広布のお役に立つためにも、健康以上の大事な功徳はないと思います。うれしくもあり改めて感謝を深くした出来事でした。これを機により一層、食生活や運動習慣に気を付け、報恩感謝の戦いをしていきます。

 

宜しければクリックしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


今年だけで200万遍

 

本日、今年だけで200万遍のお題目をあげました。ほぼ毎日2時間30分を持続しています。再発心してからの32年間の通算では4709万遍となりました。自分らしく徹して御本尊様と向き合ってきました。これからも、いかなる苦難があろうとも紛動されず、とにかく1に題目、2に題目で歩んでいきます。唱題行について、7年前に書いた記事を微修正して再掲致します。

【ここから過去記事の再掲】

題目について思いつくままに、述べさせていただきます。

「題目は難しいです。なかなか上がりません」という言葉をよく聞きます。しかし考えてみれば題目は、本来、万人に開かれた修行法であり、形式だけを見れば、どんな人でも実践できる簡単な方式です。例えば、滝に打たれたりといった荒行や、何千kmを歩くという巡礼の旅も必要としません。体を痛めたり、欲望を断ち切るためと言って難行・苦行も必要ありません。

例えば、1回1回の勤行をするのに百万円札の束を供養する必要もありません。必要なお金は基本的に1円も掛かりません。戸田第2代会長は、線香代としきみ代だけで済む、とも仰っています。さらに出家した僧侶でなくとも唱えられますし、王侯貴族などの一部の特権階級である必要もありません。繰り返しになりますが、唱題行は万人に開かれているのです。

外国人であっても差別はありません。アフリカの人だろうと、アメリカ人、フランス人、中国人、インド人、ブラジル人、ドイツ人、韓国人、等々、どの国も民族も分け隔てなく、同じ題目を唱えることができます。このように修行法が極めて簡単で、万人に開かれているのは、御本仏・日蓮大聖人の万人救済の慈悲の現われなのです。

題目がなかなか上がらない、持続が難しいのは、己心や外からの障魔や惰性、人からの反対に負けてしまうからです。その意味でも、学会の組織について励ましあっていくことが、重要となります。具体的には、会合への参加や、報告・連絡・相談といった連携を取ることが、持続するための生命線ともなります。

そして何より、自分自身が日々、新しく発心していくことが大切です。凡夫の小才・浅智恵で、御本尊の力を「こんなものだろう」と推し量ってしまうのが、最も恐ろしく愚かしいことです。ある意味、唱題にしても信仰実践にしても、悩みがあるからこそ、苦悩が深いからこそ、大きく挑戦していけます。順風満帆な何の悩みもないような生活であれば、なかなか実践できないものです。その意味では、今ある悩みに、感謝してもいいくらいかもしれませんね。

「病によりて道心は起こり候なり」
と御金言にある通りなのです。この「病」という文字を人によっては、「経済苦」とか「家庭不和」「仕事の悩み」などと置き換えても良いかもしれません。病や苦悩があるからこそ、仏道を求める心は起こるのです。人生を真摯【しんし】に見つめ直すチャンスになるのです。まだまだ世界にも身近にも、奥底では題目を唱えたいと思っていても、唱えられない人がたくさんいます。創価の題目を唱えさせて、これ以上ない幸福境涯を、自他共に開いていきましょう。

(平30.7.20 父親に関する記述を稿を改めて記すことにし、本記事からは削除しました)

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村