民衆の奴隷であってこそ本当の王者 -指導集(10)

◆池田SGI会長の指導

・ベートーヴエンが交響曲「田園」をつくった。もう、かなり耳は聴えなくなっている。しかし心の中には「田園」の鳥の声がさえずっている。小川のせせらぎが聴こえて田舎の人々の楽しい集いの声が聴こえている。激しい嵐の音も、嵐のあとの、さわやかな自然のたたずまいも、全部、ベート-ヴエンの「己心の中」にある。己心中の大自然を、彼は人類に伝えたのです。耳が聴こえなくても、仏法を知らなくても、それだけの境涯があった。いわんや、妙法を行じる人が、己心の宇宙を大きく広げられないわけがない。「妙」には「開く」という意義がある。広々とした己心の宝の世界を開くための信心です。何があっても楽しんでいける境涯をつくるのです。

 

♦︎民衆に尽くす無冠の王者♦︎
私だって毎日、朝から晩まで民衆の奴隷のようなものだ。それでいい。それが本当の王者だと思っている。 権力で自分を飾っていくのではない。(権威や財産や栄誉や名声など)それらをかなぐり捨てて「妙法以上の宝はない」と信心に徹した時、善の「妙荘厳王」となる。

 

・信心が燃えていれば、全宇宙がその人を守る。 「必ず心の固きに仮(よ)りて神の守り則ち強し」 大聖人が繰り返し引いておられる一句です。 「信心の強さによって、諸天が守る強さが決まる」と。 信心している人間が「大将軍」になれば、その家来である諸天善神は、元気一杯に働く。

 

・ただ「拝んでいる」だけでは、「日蓮と同意」にはならない。 折伏をやろう!広宣流布をやろう!―この心の炎が燃えている人が「日蓮と同意」なのである。

 

・病気になることは、決して敗北ではない。信心が弱いからでもない。広宣流布に生き抜く中で起きた病気という苦難は、成仏を阻もうとする魔の働きである。ゆえに怯んではならない。勇敢に立ち向かって、一生成仏を勝ち開いていく勇気を教えられているのです。大事なことは、病気になった時こそ、いよいよ強盛の大信力を奮い起こしていくことです。

 

♦︎魔が競った時こそ♦︎
戸田先生は語っている。 「魔が強いからこそ、勝てるのだ。信心が毅然として、その上で魔が強いということは、必ず勝てるという証拠なのである。要は自分自身の信心の決心にかかっている」 魔が競い起こった時こそもう一歩も二歩も大きく成長していくチャンスなのである。

 

・折伏以外に信心はない。折伏が根幹です。折伏をしなくなっては、学会の生命はありません。折伏を行った人、また、折伏をする人、また、折伏をするように指導する人・激励した人には、どういう人生であっても、それだけの功徳がある。反対に、どんなに信心をしていようと、折伏に挑戦しない人の人生は、最後には崩れてしまうのです。

 

・人間は、苦境に負けるのではない。自分自身に負けるんです。自らあきらめ、信念を捨て去り、敗れていくんです。今は、どんなに苦しくとも、広宣流布という最高の目的に生き抜いていくならば、十年後、二十年後には、絶対に花開かないわけがないと、私は断言しておきます。

 

・「どうせ」という言葉を捨てよう。 「無理だ」という言葉も捨てよう。 今どんな状況にあろうとも、こう自分に言い聞かせて生きていくべきだ。 「自分は、最後に勝つに決まっている!」 「自分の家族こそ最高の家族なんだ!」 「自分は既に世界で一番幸福な人間なんだ!」と。

 

・本当のリーダーの戦いは、まず自分が前へ進むこと。その姿を見て、皆は奮い立つ。自分が前進しなければ、どんな立派なことを言ってもダメだ。やっているふりだけでは人はついてこない。きょうも、どれだけの人と会い、語り、励ましたか。どれだけ祈り、智慧を出し、新しい道を開いたか。いくら時間をかけても、口先は立派でも、効果が出ないといけない。勝つための手を打っていく。それが戦(いくさ)だ。

 

・戸田先生「威張ってはいけない、大聖人の仏法の講義をさせていだけること、そして皆が講義をさせていただけること、そして皆が講義を聴いてくれることに感謝しなさい」

 

・人を動かすのではなく、まず、自分から動く。みずから率先して行動する。それでこそ人は信頼し、動きだすのである。

 

・「正しき人」が悪の上に立たねばならない。そして、正しき人が力を存分に発揮しゆくことだ。正しき人に活躍の場を与え、力を与えていくことである。それでこそ組織は悪を正し、悪を排除しながら、まっすぐに伸びていくことができる。

 

♦︎日興上人と五老僧の違い♦︎
師の教えを「知っている」から偉いのではない。「師の教えは素晴らしい」とは誰でも言える。 「だから何としても人々に伝えていくのだ」 これが日興上人であられる。 「だから、それを知っている自分はすごいのだ」 これが五老僧ではなかっただろうか。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


褒められているうちは半人前と自覚せよ -箴言集(7)

◆ガンジーの言葉

・欲望に駆られて、暮らしのために必要とする以上の富を得ることは、ほかの人から盗んだのと同じことだ。

 

◆アルフレッド・アドラーの言葉

・いじめられっ子はいじめを許容している。証拠を撮影する、キレる、相手を殴る、引っ越す、先生、親、警察、教育委員会に言うなどできることは山ほどある。しかしこれらを行わない。その行動で発生するリスク(恥ずかしさや怖さ)を背負いたくないからだ。できることは山程ある。

・人の顔色を伺う必要はない。あなたが向き合うべきは、他人ではなくあなた自身。人に嫌われることを恐れなくて良い。最も恐るべきは、人に嫌われることを恐れ、あなたという存在を殺そうとしているあなた自身だ。あなたはあなたのために生きている。

・他者の期待を満たすように生きること、自分の人生を他人任せにすること、これは、自分に嘘をつき、周囲の人々に対しても嘘をつき続ける生き方なのです。

 

◆元プロ野球監督・野村克也氏 名言集

・恵まれすぎることは、恵まれないことよりも劣る

現代のプロ野球は練習設備が整い、プロの世界に足を踏み込んだときからコーチが手取り足取り指導してくれる。だが、一歩間違えれば、その恵まれた環境が選手の自主性や考える力を奪うことにつながる。過保護な親が子どもをダメにするのと同じ。

 

・褒められているうちは半人前と自覚せよ

「褒めておだてるのは、そうしなければ自ら動こうとする意欲が引き出されないからである」。一人前になれば、褒められなくても自分の意思でさらなる高みを目指そうとする。

 

・期待しているからこそ、非難や批判もするし、悪口も言う。オレにやり玉にされるのは、オレが力を認めている証拠

テスト生時代は全く無視される毎日。入団4年目、レギュラーをつかんだ時期には、鶴岡一人監督から「おまえ、ようなったな」と称賛された。中心選手になった時期はうまくいって当たり前。点を取られてベンチに戻ってくると「バカタレ!」の連発だった。「まさに無視・称賛・非難の段階を歩んできた。人間は非難されるようになって一人前」。


 

・「我貴【われ・たっとく】くしてこれを奉ずるは、此の峩冠大帯【がかんだいたい】を奉ずるなり。我賤【われ・いや】しくして人これを侮るは、此の布衣草履【ふいぞうり】を侮るなり。然らば則ち原我【もと・われ】を奉ずるに非ず。我胡【われ・なん】ぞ喜びを為さん。原我を侮るに非ず。我胡ぞ怒りを為さん」

(高い地位につけば、なにかとかつぎ出されるが、それはほかでもない、身につけている立派な服装のためだ。低い地位に留まっていれば、なにかとバカにされるが、それはほかでもない、身につけている粗末な服装のせいだ。だとすれば、かつぎ出されるのも、バカにされるのも、人格とは無関係である。喜ぶこともないし、腹を立てることもない)

――『菜根譚』洪自誠著(PHP研究所)から

 

・あなたの心が正しいと思うことをしなさい。
どっちにしたって批判されるのだから。

―――エレノア・ルーズベルト

 

・時には、『偉大なる運命』が眠っている場合がある。
それを呼び覚ますのは『苦悩』である。

―――アルゼンチンの大詩人アルマフェルテの言葉

 

・人に憎まれもせず、
焼きもちも焼かれないような人は、
大した人物ではないのです。

―――東洋のデュマと呼ばれた作家・金庸氏の言葉

 

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


万祈を修するよりも一凶を禁じよ

約40年前の先生のご指導を聞きました。

→中野兄弟会総会

 

 


表彰して頂きました(2)

先月の県の会合でわが地区が表彰されました。地区部長が仕事で出られないため、私が代理で地区婦人部長とともに、表彰を受けさせて頂きました。表彰状には次の文言があります。

「世界広宣流布への大誓願を打ち立て、折伏・弘教 広布後継の人材拡大へ 異体同心の崇高なる結果を示されました」

この言葉にあるように、わが地区では、今年上半期だけで3世帯の弘教が結実し(うち青年部への本流2世帯)、他に入決2人もできました。昨年11月に成就した分を入れると御本尊授与合計4世帯となりました。今回の任用試験に2名の合格者を輩出し、新聞においても模範の戦いをしてきました。

地区の全てのメンバーの祈りと戦いの結晶として、今回の表彰を頂くことができ本当におめでとうございます! と感謝の思いで一杯です。そして、地区に関わってくださって頂いている、全ての同志の方々のお陰です。この場を借りまして、誠にありがとうございます。

この表彰を励みにして、ここに安住することなく、下半期の大勝利を目指していきます。個人折伏も、良い意味で(広布に)貪欲になって、先生に喜んで頂ける戦いをしていきます!

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


泣いて馬謖を斬る(1)

中国の民衆に千数百年にわたって読み継がれてきた『三国志』。その終盤において劉備玄徳の遺志を継いだ孔明が、なぜ泣いて馬謖【ばしょく】を斬らなければならなかったのかを、考察してみます。

次の動画は、「泣いて馬謖を斬る」の故事を解説した音声動画です。少しコミカルに過ぎる嫌いがありますが、分かりやすい解説だと思います。

→解説の動画

 

次回は、池田SGI会長のご指導を引きながら、自分としての考察や感想を述べてみます。

(平成30.8.22修正しました)

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村