不器用の一心

iPS細胞の開発により山中伸弥京都大学教授は本年、ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。
ノーベル賞とまではいかなくても、一人前の研究者になるためには、優秀である必要があると考えられがちですが、実は適度に頭が悪い部分もないと一人前にはなれないそうです。

なぜなら自分が志した研究で芽が出るかどうかは、やってみなければ分かりません。
しかも3~5年くらいで結果が出ればまだしも、ですが、実際は20年30年かけて研究し続けて、やっと満足できる成果が得られる場合が多いのです。
何十年やっても1つの大きな成果も出ないことだってあります。

そういう1つの研究の道に歩み出す時、目先が利【き】く頭が良い人は、
「こんな割に合わない研究なんて、やってられない」
と言って始める前から諦めて、別の道に進むでしょう。

これに対し、先が見えない程度に頭が悪い人は、ともかく研究者の道を歩み始め、ほんのわずかな成功を目指していくのです。

このことは意外と万般に通じることかもしれません。
どんな分野であれ、真の成功者となるような人は、人が逃げ出したがるような場所で、不屈の信念で仕事に打ち込み続ける「愚直」の人です。
逆に、要領ばかりを優先し、うまく立ち回り続けるような「要領」の人は、一時は良いようであっても時とともに、落ちぶれ果てていくものです。
なぜなら、「要領」の人は自己を磨くことをしませんから、内面に何も形成されていないからです。

ここまで書いてきて、聖教新聞の「名字の言」を思い出したので、以下に紹介します。

「当代随一」と仰がれる宮大工【みやだいく】の棟梁【とうりょう】が、弟子を取る際、基準を定めている。
それは、不器用なこと。
なぜか。
器用な人は、ある段階までは早く上達する。
だから、仕事を甘くみて、楽をすることを覚えてしまう。
結局、成長の“伸びしろ”が小さいという。
「千年の大建築」を手掛ける宮大工の世界では、要領や小手先など通じない。
遅くても、一つ一つ階段を上らなければ、大きな仕事を成すことはできない。
「不器用の一心に勝る名人はない」と(小川三夫著『棟梁』)

釈尊の弟子である須梨槃特【すりはんどく】は、自分の名前すら忘れてしまうほど、物覚えが悪かった。
周囲は軽蔑した。
だが、師の釈尊だけは見捨てなかった。
その心を受け止め、修利槃特は師匠の言う通りに修行し、「普明如来【ふみょうにょらい】」の記別を受ける。

一見、不遇なように見えて、実は最高に価値ある、幸福な人生を輝かせた。
「仏法の世界は、真面目に、地道に、誠実に戦い抜いた人が、必ず勝つ」と池田名誉会長。
逆に、いかに才にたけていても、苦労や下積みのない人生は、もろい。
落とし穴につまずきやすいものだ。
無名でいい。
特別な才能など、必要ではない。
ただ真っすぐに、信心を実践し抜いた人に、“人生勝利の春”が訪れることを忘れまい。

創価学会80年余の歴史は、無名・無冠の庶民の王者たちの、愚直なまでの信心の激闘に次ぐ大激闘によって築かれたのです。

それをゆめゆめ忘れずに、私も次の戦いに向けて再スタートを切っていきます。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


大勝利おめでとうございます

メールマガジンから「党声明」の抜粋を紹介します。

「第46回衆議院総選挙において、わが党は、公認候補を擁立した9小選 挙区で完勝、全国11ブロックの比例区で前回比1増の22人が当選し、合計 31議席を獲得しました。
前回敗北した8小選挙区すべてで雪辱を果たし、初 挑戦の北海道10区でも議席を獲得するという大勝利を勝ち取ることができま した。
公明党に対して深いご理解とご支援をお寄せ下さった国民、有権者の皆 さま、厳しい選挙情勢の中で血のにじむような献身的なご支援をお寄せ下さっ た全国の党員、支持者の皆さま、創価学会員の皆さまに、心より感謝と御礼を 申し上げます」

当日、無理がたたって風邪気味の所、除雪を無理に2時間もやって、ダウンしてしまい、地区の皆さんには迷惑をお掛けし、この場を借りてお詫びします。

よく学会の支援活動に対して次のような言葉を聞きます。
「組織票が強いから、大丈夫でしょ」
この「組織票」とは何でしょうか。
人は号令や掛け声だけで簡単に動くのでは決してありません。

1人の心を掴み動かすことは並大抵の努力ではないのです。
血のにじむような思いと行動の積み重ねが、人を動かすのです。
内部票を固める、あるいは友人票をお願いする、と言っても、そこには岩盤に爪を立てるような思いで、「臆病の岬」を何十回と越えた、人知れぬ戦いがあるのです。

こちらの真剣な行動に呼応して、真剣に世を憂う多くの人々から賛同・協力が頂けたのだと思います。
しかも学会員は1円の報酬も求めずにそれを行なっています。
これほどの民衆運動の潮流を築き上げたことは、歴史上で見ても物凄いことだと思います。

現実的には数字を元に集約を繰り返しますが、あくまで数字は数字であり、人の血の通わないものです。
その数字の背景にある、数々のドラマや友人との魂の交流は、数字や片言の報告会話などで伝わるはずがありません。

今回の法戦は、誰が見ていなかったとしても、自分が見ています。
御本尊が見ています。
先生がすべて知ってくださっています。
これを「冥の照覧」と言います。

私事ですが、新しい地区・地元組織では、引越し間もない私を受け入れて下さりました。
海の者とも山の者とも解らない新参者に、数々の舞台を与えて頂きました。
自分らしく戦い切ることができ、依頼先=141人という目標も完遂することができました。
この場を借りて深く感謝申し上げます。

これから少しの間、英気を養ってください。
自分の時間も大切にお使いください。

激闘に次ぐ激闘を、誠に誠に有難うございました。
たいへんにお疲れ様でございました。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


トゥルー・ラブ他 ~コーヒー・ブレーク

コーヒー・ブレイクといっても、こんな遅くにコーヒーを飲んでは眠れなくなりますが、たまには音楽でも楽しんでください。

同一曲の歌詞入りです↓

昔、男子部時代、地域友好カラオケ大会のような会合が持たれた時に歌った曲です。
動画貼り付け不可なのでリンクに致しました。

→ミセス・マーメイド/チェッカーズ

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


800万遍達成

今日、唱題800万遍を4年で達成しました。
今のこのペースがほぼ定着しました。
この勢いで、5年で1000万遍を目指します。

再発心した昭和60年から27年間では3200万遍達成です。
生涯1億遍達成を目指していきます。
Sokaの正しい題目は、途中苦しいことがあたとしても、最後は必ず大歓喜となり澄み渡る青空のような気持ちです。

一切衆生南無妙法蓮華経と唱うるより外の遊楽なきなり経に云く「衆生所遊楽」云云、此の文あに自受法楽にあらずや
(p.1143)

Sokaの唱題行こそ最高の遊楽であり楽しみである、その他に真実の遊楽は無い、との仰せです。
その意味をこの800万遍を通して、ひしひしと実感しています。

さて、今回の戦いも残すところあと1日となりました(当日を除いた場合)。
何度も何度も拝してきた新池御書に次のようにあります。

始より終りまで、弥(いよいよ)信心をいたすべし・さなくして後悔やあらんずらん、譬えば鎌倉より京へは十二日の道なり、それを十一日余り歩(あゆみ)をはこ(運)びて今一日に成りて歩をさしをきては、何として都の月をば詠(なが)め候べき
(p.1440)

都の京への道のりも11日歩んできて、やっとあと1日の所まで来たのに、歩むのを止めて引き返したりしてしまえば、すべてが無駄になってしまいます。
せっかく楽しみにしてきた旅の目的である、都の月をこの目で見ることもできなくなってしまいます。

戦いも長期になると、どうしても疲れも溜まり気の緩(ゆる)みも出てきます。
「ここまで本当に良くやった。もう勝ったも同じだ。あと1~2日頑張ったって、結果には影響しないだろう」
ゴールまであと一歩ともなると、 どうしてもこのような油断も出てきます。

敵もどの陣営も、まさに死に物狂いで戦っています。
ゴールのテープを切る瞬間まで、勝敗は分からないのです。
池田先生は「御書とともに」12月13日付で次のように指導されてます。

いかなる戦いも、「勝つ」と決めて、最後の最後まで進み抜いた方が勝つ。
いざという時に戦い切れば、永遠に崩れない常楽我浄の軌道を開くことができる。

最後に、くどいようですが以下は、2年前に前ブログで私が記事にした内容の再掲です。

最初はやる気満々であっても、1つのことを何十年と貫き通すことは難事です。 まして正しい道であればあるほど、その途上には障害がつきものです。
一度立てた誓いも、ともすれば時とともに決意が薄れてしまい、あともう少しで成就するという最後の肝心な所で、あきらめ投げ出してしまうことが往々にしてあります。
富士山へ登る登山家は、最後の約900mが一番険しく苦しいそうです。 これは胸突き八丁と言われ、「物事を成し遂げる上で、一番苦しい正念場」との意味もあります。
都の月(=祈りの成就と歓喜) を味わうためには、最後の一歩まで歩み通さねばならないのです。

絶対無事故で勝ち切って、自分らしい歴史を刻んでいきましょう。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村