初心の功徳は小さい

信心して間もない初心の信者・行者には、大きな功徳がハッキリと顕れます。
例えば、思いがけず重い病気が治った、病弱な体が元気になった、あるいは思っていた以上の好条件で就職できた、または長年に悩み抜いてきた問題が奇跡的に解決したなどの功徳です。

これを「初心の功徳」と呼んでいますが、初心の功徳が余りにも華々しく見事に顕れるため、初心の功徳を味わった後は、花がしぼんで朽ちていくように、あとは下り坂を歩むように功徳が少なくなっていくと(笑)、誤解している人がいます。
かく言う私も、しばらくそのように誤解していました。

しかし「初心の功徳」は戸田2代会長も言ってますが、本当の功徳から見たら小さなものです。
確かに、顕益という点ではハッキリと解りやすい功徳です。
その意義は、一生涯にわたって退転せずに、信心を貫いて行こうと決意させ、信心の初心者に仏道修行に歩み始めさせることにあります。

すなわち、 「御本尊には確かに力がある。学会指導通り実践していけば、凄い境涯になれる」 と確信させ、本格的歩みに踏み出させる、1つのきっかけとしての役目しかない訳です。

しかし本当の醍醐味、本当の功徳とは、生涯にわたって後半に行くほどさらに強盛に、不惜身命の勇気ある信心を貫く中に、本格的功徳が出てきます。
戦っているか否かは自分が良く知っています。
1年ぼうずのような初心者か、あるいは数十年以上にわたって戦い抜いてきた、歴戦の勇士かどうか、どれほどの広布の成果を勝ち取ってきたか貢献してきたか否かは、自分が一番良く知っています。

数十年以上戦い抜いて来た功労者がもし、「初心の功徳」を羨【うらや】んでいる、などということがあったとしたら、余りに奇怪なことです。
それは年数は長くても戦っていないか、感謝を忘れているか、惰性の信心に陥っているのかもしれません。

「初心の功徳」と「歴戦の勇士の功徳」との違いを知りましょう。
信心一筋に生き抜けば、あのように偉大な人生を送れるのか、と初心の人に感嘆されゆく模範の姿を示し切っていけるよう、一層の戦いを私も起こしていきます。

※以上の記事は、鯖さんの掲示板に私が書いたコメントをまとめ直したものです。
いつもお世話になってます、有難うございます。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


カーラ・ボノフ他

ここらへんでカーラ・ボノフの曲などいかがでしょうか。

リンダ・ロンシュタットもパンチがある歌声です。
この2人なども、 遥か大昔、中学生の時に好んで聞いていました。

サーカスの「アメリカン・フィーリング」も1オクターブ下げてカラオケで歌います。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


700万遍達成

今日、3年半で700万遍を達成しました。
半年に100万遍のペースで7回完了となったのです。

1日のペースはだいたい90分=6000遍です。
雨の日も風の日も、どんなことがあっても来る日も来る日も90分を持続すれば、これだけ上げることができます。
90分ぐらい大したことない、とお思いかもしれませんが何年も続けるとなると、これがけっこう大変です。

行・学の実践が欠かせませんし、時間のやりくりもたいへんです。
自分の心身の司令塔である頭脳・心を、聖教新聞・学会書物・御書に常に触れて、上手にリードしていく必要があります。
もちろんそれには書類や活字だけを頼っていてはダメで、一番大事なのは常に善知識の集いである学会の活動をしていくことが最重要です。

時間のやりくりも、後手後手と遅い時間にずれ込んでいくのではなく、朝に勝つことは元より、可能な限り唱題を優先させながら、早目早目に済ましていく意識が大事です。
夜遅い時間に残してしまうと、思いがけない用事が入ったり、酒などの誘惑に負けて、
「今日はもういいべや。明日にしよう」
となってしまい持続が困難になってきます。

決して時間を上げることが目的ではないのは当然です。
しかし、自分が決めた時間も含め、1つ1つの目標をやり切っていくなかでこそ、1つ1つの願いが叶い、課題の解決もあります。

これだけの唱題をしていなかったら、到底無理であったような幸福感に満ちた生活ができています。
真の幸福とは地位やお金だけでは決してないのです。
強い自分が確立していなければ、かえってそれら名聞名利に翻弄【ほんろう】され、不幸の原因にさえなってしまうものです。
莫大な金銀財宝にも代え難い、幸福感=心の財を盤石に築いてこそ、身の財、蔵の財も自在に生かすことができます。

ともかく(また再スタートを切る思いで)、とりあえず1000万遍目指し、先生に勝利のご報告をしていけるよう前進していきます。

注: 写真は、唱題表の途中から百万遍スタートしているため、2枚にまたがっています。
通算3100万遍というのは、昭和60年夏からの通算です。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


英訳御書

このたび『英訳御書(上巻)』を購入し、音読による全編拝読するべく挑戦を開始した。
2枚目の写真は、「開目抄」の冒頭ページである。

『新・人間革命』
『マンデラ自伝』
『ビル・クリントン自伝』(途中)
と英語本 音読を今まで進めてきた。

図らずも大統領ものが2冊続いてしまったが、大統領であれば権力を掌中にしてはいても、境涯論で比較すれば大統領だからといって、特別に境涯が高い訳ではない。
日蓮大聖人の無上のご境涯から認められた御書こそ、最高峰の一書である。

本年の4月28日の立宗の日は、『御書全集』の発刊60周年記念でもあった。
さかのぼれば1951年5月3日第2代会長に就任された戸田会長が、まず着手されたのが、大聖人の御精神を伝える御書発刊事業であった。
その編集作業に心血を注がれたのが若き池田先生でした。

戦時中に弾圧を受けた際、退転者が多く出たのは教学が無かったから、と考えた戸田会長は徹底して教学に力を入れられました。
確信が無ければ、困難にぶつかった時に弱い。
教学に裏付けられた大確信があってこそ、いかなる障魔も乗り越えられます。

「本朝の聖語も広宣の日は亦仮名を訳して梵震に通ず可し」
(御書1613ページ)
との日興上人の仰せを、世界的に実現したのは学会です。

それに対して日顕宗は、法主本仏論など御書に無い邪義を振りかざした、「師敵対」そのものであり、世界広布を進めてきた仏意仏勅の学会に送りつけてきた「破門通告書」には、御書の御文を一文も挙げることのない、大聖人の精神に背いた暴挙であった。
その結果、信徒数が最盛期の2%まで凋落【ちょうらく】するという、厳しき仏法の因果の報いを受けている。

それとは対照的に学会の御書はいまや、英語、中国語、フランス語、スペイン語などに翻訳されており、教学試験を受けるSGIメンバーは今年だけで52か国で15万人となる予定です。
学会が「信・行・学」という仏道修行の王道を真っ直ぐに歩むことができているのも、御書発刊のおかげです。
あの昭和31年の「大阪の戦い」でも、池田先生による毎朝の御書講義が、「”まさか”が実現」の大勝利の原動力であったことは、よく知られています。

世界の果ての片隅に、悲惨で喘ぐ人がいる限り、どこまでも駆けつけていく思いで、仏の智慧と慈悲の光彩によって救い切る、との我々のミッション(=使命)を果たし切っていこうではありませんか。

聖教ブック・サービス

英語の使用人口

<補足>
2つめのリンク先の表内にある数字の単位は100万人ですから、
英語を母語とする人は世界で約3.5億人、公用語とする人は14億人というから驚きですね。

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


創城会員へ激励の品

壮年の場外整理役員のグループ「創城会」(そうじょうかい)メンバーを代表して、先生から御伝言と激励の品を頂きました。
この場を借りて感謝申し上げ、自分らしく先生に喜んで頂ける戦いができるよう、新たな思いと決意で、また前進していきます。

ところでお写真のこの花はなんという花でしょうか。
名前と花言葉なども解ればいいのですが、誰かご存知の方いらっしゃれば、コメントにて教えてくださればうれしいです。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村