砂川市・美唄市へ

最近、投稿が活動報告が続いていますが、もう少しお付合い頂きます。

去る28日に今回の主戦場内にある砂川市と美唄市へ、車に母も乗せて交流に行ってきました。
往復230km9時間の行程で、6人の友人などと対話できました。
この人数には父母の友人も含んでいます。

内2軒=4人には両軒とも家に上がって、じっくり対話でき、十数年振りに会えことに、手を取り合うようにして喜び合いました。

「法戦は単なる運動ではない、仏縁を深め広めることが最大の目的である」
との学会指導通り、元気になり、幸福になる仏縁を一段と深めることができた、その手ごたえを大きく感じた今回の交流でした。
母と共に大満足で無事故で帰着でき、夜は感謝の祈りを捧げました。

写真は2枚とも美唄市の写真です。
3月末にして未だに2mを超える積雪が残っているのが驚きです。
住宅地に入ると車がすれ違うのが困難なほどです。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


青年大会/座談会

携帯に入っていた写真を micro SD カードを介してパソコンに移動しました。
一番上の写真は、今年初めの座談会のみんなの広場で、決意・目標を漢字で表して発言したものを、終了後に掲示したものです。
レンズが汚れていたのか、変な具合の写真になってしまいました。

地区の多士済々の顔ぶれが、ある意味、文字として目に見える形で表れ、しかも中等部の兄妹がコーナーの司会と書出しを行ない、かなり盛り上がりました。

次の2枚は、昨年末の青年大会会場の入り口に展示された壁絵です。
素晴らしい色使いの真心こもる作品です。
写真では壁絵しか紹介できませんが、1つ1つの出し物も、何より参加者1人1人が最高に輝いていました。

これからの時代を担いゆくのは、彼ら彼女ら青年しかいないと頼もしく思いました。
歴史に刻まれたこの青年大会に参加できて、本当に良かったです。

次の封筒の写真は、この青年大会に連れ出しして一緒に参加した男子部のお母さんから、返してもらったものです。
この婦人部の方が律儀にも、たまった封筒を返してくださるのは、これで2回目です。

単純に考えてもこのお宅だけで、写真の2倍の封筒(=61枚×2=122枚)を使用し投函していることになります。
壮年・男子合わせたら、写真の軽く20倍の分量を超えるでしょう。

こうした地道な行動の積み重ねが、前回の青年大会へ連れ出しとして結実したんだなぁ、と改めて感慨深いです。

我ながら「こんなに周ってたかな?」と驚きなのですが、今いるブロック(または地区)だけでも20年以上周り続けていることになりますので、こういう封筒の数になるのでしょうね。
小言も言わず受け取ってくれる会員さん達の思いも、改めて感じ取っています。

(宛名の部分は3Dボカシを入れてあります)

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村