念仏無間地獄(4)

ではここから彼らの邪義を破折していきたい。
まず、念仏も同じ釈尊が説いた仏説ではあるけれども、あくまで方便の教えに過ぎないこと。
釈尊の出世の本懐は法華経以外にないことを、家を建てる時の足場(ここでは足代【あししろ】と表現している)を方便に譬えてご教示されたのが、次の御文である。

此の四巻三部の経は全く釈尊の本意に非ず
三世諸仏出世の本懐にも非ず、唯暫【ただ・しばら】く衆生誘引の方便なり。

譬えば塔をくむに足代をゆ(結)ふが如し、念仏は足代なり、法華は宝塔なり、
法華を説給までの方便なり、法華の塔を説給て後は念仏の足代をば切り捨べきなり、

然るに法華経を説き給うて後念仏に執著するは、塔をくみ立て後足代に著して塔を用【もちい】ざる人の如し、
豈違背【あに・いはい】の咎無【とが・な】からんや、

然【しか】れば法華の序分 ・無量義経には、四十余年未顕真実と説給て、念仏の法門を打破り給う、
正宗法華経には正直捨方便・但説無上道と宣べ給て念仏三昧を捨て給う、

之に依て阿弥陀経の対告衆 長老・舎利弗尊者・阿弥陀経を打捨て法華経に帰伏して華光如来と成り畢【おわ】んぬ、
(御書p.98)

家を建てるために足場を組みますが、いったん家が完成してしまえば足場にもう用はありません。
家に住まい使うためには、足場は却って邪魔にさえなります。
ですから足場は撤去して使わないのが正しいあり方です。

あくまで念仏は方便の教え(足場)であり、法華経を説くための準備であり、機根を整え、法華経の入り口まで導く役目だったのです。
ですから法華経が説かれた後は、念仏等の権教に執着してはならないのです。
あろうことか方便の教えに執着して、法華経を誹謗することの愚が、これにより明らかです。

御文の後半では、阿弥陀経が説かれた時の対告衆であった舎利弗は、正直に方便の念仏を捨てて法華経により、華光如来という仏になったのです。
このことに関連して、御書の他の御文には、阿弥陀如来自身の成仏についても言及されています。

それは阿弥陀如来自身も念仏により成仏したのでなく、法華経により成仏したのです。
三世十方のあらゆる仏を成仏させた根本の種子は、法華経なかんずく南無妙法蓮華経なのです。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


念仏無間地獄(3)

念仏宗の害毒の現れ方は
1.現実変革のエネルギーに乏しい。
あきらめの人生、消極的人生となるゆえに、深い充実感や歓喜が無い。
2.他力本願で、自ら周囲・環境をも変えていこうとの積極性に乏しい。
3.悩みの絶え間ない生活になる。
4.自殺したり、自殺願望を持つ者が多い。

ではなぜ念仏はこういう傾向になるのかを考察する手始めに、念仏の概略を確認しておこう。

中国浄土宗の祖は曇鸞(どんらん=476~542年)であり、日本の祖は法然(1133~1212)、真宗の祖は親鸞(1173~1262)である。
本尊は阿弥陀如来であり、依経は「無量寿経」「観無量寿経」「阿弥陀経」の浄土三部経である。

この世を穢土【えど】として嫌い、念仏を唱えることにより、例え悪人であっても、死後、西方極楽浄土へ往生するのを理想とし根本としている。
これを正当化するため、祖師や後世の人師が多数の邪義を造り出している。
念仏が主張する邪義を列挙してみる。

1.聖道門、浄土門
2.難行道、易行道
3.正行、雑行
4.捨閉閣抛
(しゃへいかくほう=浄土宗以外の教えを捨てよ、閉じよ、閣【さしお】け、抛【な】げうて)
5.未有一人得者
(みういちにんとくしゃ=聖道門ではまだ1人も得道(=成仏)した者がない)
6.千中無一
(せんちゅうむいつ=聖道門では千人の中に1人も成仏する者はない)

こうして列挙してみるだけで、念仏宗があらゆる言葉を尽くして、いかに法華経を誹謗しているかが明瞭である。
ここで、彼等の主張通りに、それぞれを浄土宗と法華経に分けると、次のようになる。

浄土宗=浄土門、易行道、正行、百即百生

法華経=聖道門、難行道、雑行、未有一人得者、千中無一

特に、末法の衆生は機根が劣っているゆえに、法華経を聖道門、難行道と呼び、一見すると褒め上げて無用の教えと誹謗しているのである。

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


念仏無間地獄(2)

念仏宗に限らず現代の既成仏教は形骸化の道を辿り、葬式仏教となっている。
それらとは対照的に、現実の生活を力強くリードし、あるいは複雑さを極める現代文明を指導する力は、もはや創価の仏法にしかない、と強く主張したい。

三代の会長を中心として、昭和から平成の大折伏が展開され、創価学会は宗教界の王者となった。
創始者・釈尊の真意を失い葬式仏教と成り下がってしまった既成仏教は、現代ではもはや邪宗教として広布を阻む大きな力は無い。

むしろ近・現代では、武力拡張による帝国主義、資本主義と共産主義といったイデオロギーの争い、科学万能主義と公害、経済至上主義や拝金主義、オートメーション化による人間疎外等々の諸問題を、人類は乗り越えて行きつつある。

その意味では、ほんとうの「現代の一凶」「現代の邪教」とは、地域共同体の喪失や、「無縁社会」と言われる、人間同士を分断する様々な働きや、人の絆を希薄化させる「元品の無明」としか言いようのない「生命の濁り」であり不信感ではないだろうか。

こうした現代の生命次元の病弊にアプローチし治癒させるには、あきらめの宗教とも呼ぶべき念仏の害毒、その生命力を弱体化させる思想の害毒を、解明し破折することも、あながち無駄ではないと考える。

一言に念仏破折と言っても、その論点は多く、1人の力では作業量が多過ぎるのと、ネット上には非常に優れた論稿も存在するので、それらを活用させて頂くのも有効と思う。
以下は、谷建二郎さんの『創価随想』というブログから、関連部分を集めたものである。
非常に力のこもった、目が行き届いた優れた論文である。
時間が許す方は、まずこちらをお読み頂きたい。

→1.念仏無間
→2.往生の空しさ
→3.弥陀の本願・まことか
→4.易行道とは
→5.橋を問う

これらを土台として、繰り返しとなる部分、新しく追加的に述べる部分、両方が出てくると思うが、それらは第3回に続く。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


念仏無間地獄(1)

念仏無間地獄それは
「念仏者は間断なき地獄の苦しみに苛まれる」
との意味で、日蓮大聖人が鎌倉当時に流行していた邪宗教を破折なされた「四箇の格言」の1つである。

念仏無間地獄と聞くと、
「なぜ人の宗教を悪く言うのか」
「仏法を奉ずる者が、なぜ他派の悪口を言うのか。増上慢ではないのか」
と言う人が少なくない。
今風に言えば、「上から目線の物言い」との批判なのであろうが、そのように批判する本質は、
「世間への恐れと臆病」
であり、「動執生疑の第一歩」とも言えよう。

仏法は「人に対しては寛容」であっても、「法に対しては厳格」なのである。
なぜなら、信じる法=本尊が低劣で誤っていれば、それは即生活に顕れ、あらゆる不幸を招く根本原因となるからだ。
「苦を抜き楽を与える」慈悲の心、相手を思う一心から、厳しく破折しているのである。

真の仏法においては、例え念仏者やその他の邪教の人に対しても、命の奥底に仏界を具えていると見るゆえに、最高最大に相手を尊敬する。
ただし、真に相手の幸福を願うゆえに、また文底の法華経が唯一最高であると確信するゆえに、相手が邪教ゆえに不幸な人生を送らないよう、厳しく忠告し折伏するのである。

念仏宗の人も意外と、念仏宗とはどんな教えか、なぜ念仏を信ずべきでないかについては、余り知らない人が多い。
「先祖代々やって来たから」
「長男・長女だから受け継がなくてはならない」
と意味も解らず、何となくやっている。
法事は念仏で、結婚式は教会で、初もうでは神社でというように、外国人から見ると「あんた何宗なの?」と絶句されるような、無節操振りもある。

繰り返すが、
「宗教の善悪は、生活上に幸・不幸を厳然ともたらす」
ことについて、いかに無知であるか、現証の恐ろしさに気づかない人が多いのである。

以上のことからまず念仏宗を取り上げて、自己研さんの意味も込めて、破折を試みたい。
連載は4~5回位になる予定である。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


青年学会 勝利の年 開幕!

新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。
ご挨拶が遅れてしまい申し訳ありません。

創立の月の総本部完成に向けて、青年が勝利し、地区の1人1人が勝利し、自身が勝利して荘厳していけるよう、本年こそ2つも3つも壁を破る戦いをしていきます。
今年もご指導・ご鞭撻を何卒、宜しくお願いします。


ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村