裸形の猛者と甲冑の猛者

真言宗の破折について、御書および講義録から核心部分の一つを抜粋してみたい。

然れば則ち法華経と大日経と敵論の時は
大日経の理・之を奪つて法華経に付く可し、

但し大日経の得分は但(ただ)印真言計りなり、
印契(いんけい)は身業・真言は口業なり
身口のみにして意無くば印・真言有る可からず、
手口等を奪つて法華経に付けなば
手無くして印を結び口無くして真言を誦せば
虚空に印真言を誦結(じゅけつ)す可きか如何、

裸形(らぎょう)の猛者と
甲冑(かっちゅう)を帯せる猛者との譬の事、
裸形の猛者の進んで大陣を破ると
甲冑を帯せる猛者の退いて一陣をも破らざるとは
何れが勝るるや、

又猛者は法華経なり甲冑は大日経なり、
猛者無くんば甲冑何の詮か之有らん
此れは理同の義を難ずるなり、

(法華真言勝劣事p123)


裸の猛者(もさ)と甲冑(かっちゅう)を着けた猛者との譬えについていえば、裸の猛者が進んで敵陣を破るのと、甲冑を着けた猛者が敵陣を前に退いてしまうのとは、どちらが勝れているかは明白ではないか、と仰せになっている。これは、甲冑を着けているかどうかではなく、敵陣を破るかどうかが「猛者」の本質であることを指摘され、印・真言の有無が成仏の法の本質ではないことを示されているのである。

また、猛者が法華経で、甲冑が大日経だとすれば、猛者がいなければ甲冑も何の用にもたたないではないか。とも破されている。法華の法理がない大日経は、無用であることを明かされているのである。以上が、天台真言宗の立てた「理同」に対する破折にあたる。

(日蓮大聖人御書講義第3巻上p50~)

真言は印・真言があるので「甲冑を着けた兵士」であるのに対し、法華宗はそれらが無いので「裸の兵士」であるとの真言宗の邪義に対して、明確に破折された御文である。

譬喩として、甲冑の有無と、猛者が敵陣を破れるか否かが述べられている。それは敵陣を破ることが「猛者」の本質なのであって、印・真言には成仏の本質は無いとの仰せなのである。つまり真言宗の印・真言は一見立派な鎧・兜(よろい・かぶと)を身に着けているようであっても、敵陣を前に退いてしまう弱兵であれば何の役にも立たない。単なる見掛け倒しであり形式に過ぎないのである。それとは対照的に、法華経(の肝心たる南無妙法蓮華経)には猛者が敵陣を破るように、現実に人々を成仏させる無眼の力があることを意味しているのだ。

先の講義録の続きには、このことを重ねて述べている。それが以下の部分である。

(中略)
仏法の根本は成仏であるが、成仏の根本は“法”すなわち“理”を悟ることにあって、印・真言によるのではない。印や真言は既に悟った仏のあらわす力や智慧を象徴するものなのである。一切衆生の成仏得道の“法”は一念三千であり、これらは法華経のみにある。大日経には、一念三千の法理はない。したがって、いかに大日経には印・真言が説かれていると誇っても、根本の成仏の理が説かれていないのでは、全く無意味となるのである。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


御本尊様に守られました

父は眠っている間に腹部大動脈瘤が破裂により、救急車で搬送先病院で息を引き取りました。数時間前の眠りにつく時は、元気に笑顔も見せ普通に会話もできるほどでした。つい数日前には、自分の足で花見を楽しむこともでき、急ではありましたが痛いとか苦しいとか訴えることもなく、霊山へ旅立ちました。

本当にたくさんの方々のご参列・ご弔意を頂き、生前お世話になりましたことと合わせて、深く感謝申し上げます。あらゆる意味で、創価学会の御本尊様に守られ、父を霊山へ送り出すことができました。先生、同志の方々に本当に感謝しております。できる限りご恩返ししていけるよう、親族一同頑張ってまいります。誠にありがとうございました。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村