唱題 約10カ月で168万遍達成

毎日せっせと記事を書けているが実際は、生活面で多少負荷が増している。
商工会議所主催の「自動制御・シーケンス技術講座」というのを、2日にわたって6時間半×2日(昼休み含まない)を受講したり、座談会など連日の会合に参加したためだ。

ところで、今日、今までの唱題を集計してみた。
写真の書類は、唱題の集計作業の様子である。

集計結果は、今年は約10か月経ったが168万遍あがった。
通算としては3年と約10カ月で768万遍を完遂した。

数や時間も確かに大事である。
しかし題目は、単なる形式ではない。
単なる数さえあげればいい、時間さえ長ければいいというものではない。

どこまでも一念のこもった唱題、具体的には、今この時の学会の戦いにしっかり呼吸を合わせ、友人や会員のことを1人1人顔を思い浮かべて祈るのだ。
獅子奮迅の思いと行動で、しっかりと広宣流布の戦力にまず自分がなっていくのだ。
そういう思いで戦いを改めて開始しました。

題目は形式ではない、ということをもう少し掘り下げてみよう。
あくまで「形式」だけを取ってみれば、学会と極悪日顕宗とは、題目も御本尊もほぼ同じである。
厳密に言えばいろいろと論点はあるが、ここでは触れない。

では学会と宗門とは何が違うのか。
いろいろと挙げられると思うが、ここでは何点かに絞る。
1つは広宣流布のための題目であり御本尊であり、その行動が学会には漲っている。
広布と言っても、ではいったい何を弘めるのかと言えば、平和・教育・文化・人権の運動を通して、立正安国の思想を基調にこの世から悲惨を無くし、身近な1人から全人類までを幸福にしゆく戦いである。

宗門にはこの正しい理想も目的も無い、真の指導者(師)もいない。
信者は供養集めの対象でしかなく、本尊も供養集めの道具に利用しているだけである。
広布破壊に盲進する極悪集団に成り下がってしまったのである。

日顕宗・宗門は、ネズミを狙う猫が細目でみてそっと歩くが如く、卑しい魂胆をひた隠しにして、信者から供養をむしり取ることばかりに血道を上げているのである。
勤行も供養収奪のための商売道具の1つに過ぎないのだ。

その正体は「懶惰懈怠  らんだけたい」であり、「遊戯雑談  ゆげぞうだん」そのものである。
広布の赤誠のカケラも無い、堕落し怠け切った姿であり、「遊戯雑談」に明かし暮らす「法師の皮を着た畜生」である。

悪は正義に似ていればいるほど、その罪は重く、極悪となる。

偽札が本物に似ていればいるほど、罪が重いのと同じである。
まさに「広布破壊の極悪」の存在に堕したのである。

それに対して学会員は俗でありながら、ある意味、僧以上の真剣さで、この厳しい社会の中で日々、生活闘争を為しつつ、くたくたに疲れた身体に鞭打って、悩める友のために、広布のためにと奔走(ほんそう)し、来る日も来る日も勤行・唱題を勇んで行じている。

こうして見てくると、学会員であることがどれほど凄いことか。
どれほど大きな福運が具わっているか。
学会のこの上ない正しい題目に合致するよう、怠りなく、今日よりは11・18そして来年の総本部完成を目指し、着実に前進していきます。
また長文になりスミマセン。

(一部加筆・修正しました 12年10月23日)

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA