28年前の決意文

近況ですが、今年に入って3カ月で100万遍唱題しました。これほどのペースは約30年前に退院し社会復帰した時以来です。一重強盛に信力・行力を振り絞って前進していきます!

写真は最近取り溜めていたものです。1枚目の決意文は学会創立60周年の時に記入したものです。上から母、100歳で亡くなった祖母、妹、自分が記入しました。父は単身赴任で不在でした。シートカバー補強1~3の写真は、配達で乗り降り回数が半端なく多いためシートに穴が開かないよう、同居の母に縫ってもらったものです。

決意文を28年ぶりに見て、「懐かしい~。こんなことを思っていたんだ。こんなに願いが叶ったね」と家族で語り合いました。思えば当時は、大病を患ったばかりで、将来の仕事や生活も見通せない状況でした。この後、創大通教や人材グループ等で薫陶を受けることができ、先生との出会いも叶いました。仕事・生活も徐々に開けていきました。こうして広布と人生の年輪は刻まれていくと思えば、感謝とよろこびにたえません。

追伸:とれた取っ手の修理を、同志の方が経営されている整備工場で引き受けて頂けることになりました。しかも当初の見積りよりかなり安い値段でです。これも変毒為薬の功徳です。ありがとうございます。

(平30.4.21 修正しました)

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA