春、足どりも軽く!

写真は配達にも使う、新しく買ったブーツです。――ブーツというよりはどう見ても長靴ですが(笑)――実は今まで履いていた防寒も兼ねる靴は、「水たまりを歩くと、なぜか水が沁みるなぁ」と思いつつそのまま履いていました。ところが、先日かかと部分が大きく裂けているのを発見。穴が開いたまま長い間履き続けていたのです。「なぜ気づかなかったのだろう?」と我ながら呆れてしまいました。

古い防寒靴は冬を三度にわたって使い続け、ある意味、自分の足の一部というか「戦友」みたいなものでした。写真を撮ろうと思うのが遅く、すでにゴミステーションに行っておりました。さて、新しいブーツは(笑)、前より少し値段が張りましたが、滑りにくいし非常に履き心地が良いです。油断は禁物ですが、春への変化と重なって、足どりもついつい力強く軽快になってきます。

過去にない位の大きな広布の戦いのなか、お陰様で仕事も忙しくなりました。色々と大変なことも多いですが、同じ戦うなら悲観的に捉えるのではなく、春らしく足どりも心も軽く、楽しく戦っていこうと一念を改めています。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA