新しいLEDライト

配達時に使っているLEDライトの接触が悪くなり、修理不能と判断、新しいものを2個購入しました。次の写真1に写っている3つのライトのうち左から、(1)今まで使っていたもの、(2)新しく購入した手に持つタイプ、(3)これも購入したクリップ・タイプ、です。

(1)の今まで使っていたものは、歩く時は足元を照らし、ポストに入れる時は口にくわえて手元を照らしていました。ところがなぜか口の中が爛【ただ】れるのです。原因はライト本体の表面に塗ってある塗料が原因でした。しかし、上記(2)のライトはラバー(ゴムのようなもの)で覆われており、口が爛れる心配はありません。

写真1

地元DIYショップへ見に行ったのですが、LEDライトのコーナーに、頭に装着するタイプやクリップ・タイプのものもありました。そこで今回は試しにクリップ・タイプも合わせて購入してみました。次の写真2は、防寒帽のひさしにクリップ・タイプを装着した様子です。少し明るさは落ちますがその分、電池が長時間持ちます。

写真2

早速、今朝の配達でクリップ・タイプを使ってみましたが、ハンズ・フリー(手にライトを持つ必要がなく、手が自由)なのは、かなり良いです。どうしても片手には新聞を持つので、もう一方の手でライトを操作すると両手がふさがり、万一転倒した時に受け身がしにくいなどの心配もあるのです。

大体、日の出前に配達が終了するので、今の時期ライトは必需品です。冬至はあさって22日(金)なので、今頃が一年で最も夜明けが遅い頃です。それを過ぎるとだんだん日の出時刻が早くなってきます。夏場などは同じ時間帯でも、ライトは全く必要ないほど明るいうちに配達が終わります。こうした季節の移り変わりを肌で感じられるのも配達員の特権ですね。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください