祝・羽生永世七冠

先日、将棋棋士の羽生善治氏が永世七冠を達成しました。これにてタイトル数の通算合計数も99となりました。このタイトルというのは、160名余りのプロ棋士がしのぎを削るタイトル戦で、優勝できて初めて手に入る称号なのです。大体1年間をかけ複数のタイトル戦を並行して戦っていきます。最も高額な竜王戦では、4320万円の優勝賞金を1つのタイトル戦で手にする、というから驚きです。

相当に強い人であっても、一度もタイトルを取れないプロもたくさんいます。羽生善治氏はこのタイトルを今までに99個も獲得しただけでなく、その時代の将棋界を代表すると言われる永世称号をも、七大タイトル全てで獲得したのです。詳しくは次のリンクをご覧ください。

→永世七冠・羽生善治

 

いかにタイトルを取るのが困難か、ここらへんは、将棋士の生き様を描いた映画『3月のライオン』によく描かれています。次の1~2枚目の画像をクリックすると、前編・後編をそれぞれ Amazon ビデオでネット上から見ることができます。(「その他の購入オプション」から「標準画質」を選択すると、それぞれ400円で購入できます。予告編は無料で視聴できます)

 

  

 

次の3枚目の画像は、羽生善治氏の奥さんがツイッターをされていまして、祝福のツイートをしましたら図らずもお返事を頂きました。何千人というファンの人々のツイートに、1つ1つ返事を返された奥さんの、ファンを大事にする心にも感動しました。この妻ありての羽生氏の活躍だったのだと知った次第です。

 

4枚目の画像は、15年前に私が取得した段位免状です。左の方に3名の署名がありますが、一番左の署名が「竜王 羽生善治」と直筆で認められています。この免状は、金銭面ではない意味で価値が上がりましたので、これからも大事にしたいと思います。

 

(平29.12.10 一部加筆・修正しました)

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


“祝・羽生永世七冠” への2件の返信

  1. 多趣味で多方面の資格をお持ち(且つ御挑戦中)の
    レオさんは、将棋も段位をお持ちなんですね。
    私は、コマの動かし方を知っているだけ、定跡すら
    知らないヘボですが、羽生さんの永世七冠が、
    どれだけの大偉業であるかはわかります。

    大局観、感性、ひらめき等々、どれもが突出した
    才能を持った天才ですが、やはり、日々の鍛練・
    精進の賜物ですよね。

    本当に、素晴らしい業績ですね。

  2. 将棋に限らず謙虚な人ほど、お強いことが多いです。聞いてもいないのに自分から「私はけっこう指しますよ」など言う人は、全然ダメだったりします。

    昔、認定問題を毎週解き続け、1年で初段に合格しましたが、その後が長かったです。二段はそこから4年もかかり、さらに3年かけて五段まで合格しました。しかし、自分の段位は名ばかりで、最近まったく指していず実力はまるで弱いです。

    羽生さんほどのトップ棋士になると、日本各地の名所等を行ったり来たりの日々ですから、体力的にも相当過酷だそうです。それをもう30年近く続けてこられ、将棋界を牽引してきたのですから。天賦の才能を持ちながら謙虚に、真摯に鍛錬・精進を重ねる姿は、学ぶことが多いですね。

    師走のお忙しいなかコメント有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA