英訳御書 他 ~書籍紹介(4)

以下は、いま読み進んでいる書籍です。画像をクリックすると、詳細ページが開きます。

   

 

   

 

   

 

とくに手元にある『折伏教典』は母が買ったもので、奥付に昭和39年5月3日改訂4版発行とあります。ちなみに私が生まれたのはこの年の8月です。

この折伏教典はまだ半分ほども進んでいませんが、戸田第2代会長のご指導が多く載っており、ぐいぐいと引き込まれるようにして読んでいます。その際に、現在の公式見解と異なる部分がありますので、大体、

  日蓮正宗 → 創価学会
  大御本尊 → 御本尊

と読み替えて進めると、違和感なく読み進むことができ、何の支障もありません。

草創期の学会員は、この折伏教典を常に携帯して、折伏に励んだと言います。初版が昭和26年発行ですから、今から66年前の資料となり、だいぶ古いです。しかし、これから折伏を進めるに当たって、必ず何か役に立つはずだ、との思いで読み進んでいます。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA