氷点下5℃でした。

未だ11月ですが氷点下5度と、だいぶ気温が下がりました。降雪も凍結もなく、配達しやすい天気でした。写真は、車の車外気温計です。

北海道内は今日現在、留萌【るもい】では55cmの積雪があり、気温は市町村名は忘れましたが氷点下12℃を下回ったそうです。自分の居る地域は積雪ゼロですが、凍結すると滑りやすいので油断はできません。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


“氷点下5℃でした。” への2件の返信

  1. レオさんへ

    寒くなってきましたね。
    北海道はなおさらのことと思います。

    毎日の配達もご苦労様です。
    またお題目もたくさんあげられて、元気なご様子で嬉しく思います。

    信心は過酷な環境であっても、自分の住む地域で根を張って戦うしかありませんね。私もメンバーの少ない、因習の深い田舎ですが、ここが我が仏国土と心得て、活動に勤しんでいます。

    今日の「御書と歩む」(96)も、文字、言葉よりも実際に人に会って話すことの大切さが指導されていますね。厳寒の地で、足を運び、友人同志を訪問する・・・その菩薩の行動は、命に刻まれ、三世に渡り、レオさんはじめ北海道の方々の福運となるものと思います。

    レオさんの唱題行も、まさに陰徳の賜物ですね。しんしんと降る雪のように命に積りゆき、やがて生命をがっちりと妙法で固めゆくものと思います。

    明日から師走・・・年末に向かい、雪などの事故のないように、またお体を大切にお過ごしください。私も頑張ります。レオさんのさらなる大成長をご祈念申し上げます。

  2. 王者の剣さん、いつも楽しみにブログを拝見しています。冬将軍が次第に勢力を増しつつあるこの頃です。毎日の配達、本当にご苦労様です。自分などはまだ2年半ほどですから、やっと入口に立てたかなという感じです。正配の方が復帰し、自分は週4回に変更となりました。

    仰るように因習の深い地、厳寒の地、温暖な地、都会や田舎など様々ですが、今いる地こそ使命の舞台と腹を決めて戦えば、多少の苦労も後で宝の歴史に変わりますね。法戦後少し、心理的に思ったように動けなくなりましたが、少しづつ元の行動ができるようになってきました。今日は地区内を家庭訪問に歩けました。

    唱題に関する深いご理解有難うございます。題目だけは、石にかじり付いてでも、との思いで自己目標を持続しています。御本尊と対話するように、いろいろな思いを込めて祈っています。なんだかんだ言っても、創価学会員として、唱題できることこそ最高の幸せですね。如意宝珠とも言われますが、打出の小づちといってはもったいないですが、「祈りとして叶わざるなし」の御本尊ですから。いかなる障魔をも打ち破れるのが、創価の師弟の師子吼です。

    王者の剣さんの1つ1つのお言葉に感謝致します。慌ただしい年末、これから雪も降り量も増えますので、お互いに無事故で栄光の年を迎えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA