夢は実現する!

夢はあたかも闇夜の北極星のようなもの。夢はカーナビゲーションに目的地をセットするようなもの、と私は考えている。

最近の若者に「あなたの夢は何ですか?」と聞くと、とても夢とは思えない答えが返ってくる。時には、夢そのものが無い、という若者さえ少なくない。

先行きの不透明さが増す現代は、夢も希望も持ちにくい時代なのだろうか。それとも、現代の人々には、現実が余りにも見え過ぎてしまっているのだろうか。

大学の研究者に聞くと、先が見える頭がよい人は研究には向かないそうである。
「こんなことをやったって無駄だ」
「こんな可能性の低いことを研究して、何十年を棒に振るのはご免だ」
と諦めが先に立ち、研究そのものがスタートできないからだ。

その意味では、97%ダメでも残りの3%にかけてみようと、何十年も持続できるには、先が見えない程度には頭の悪さが必要だというのだ。

企業において商売上の儲かる木も、最初の種の内は、上の例のようにわずかの可能性しか無いかもしれない。それでもそこに賭けてみてまず始める勇気、いざ始めた後も苦しくてもめげそうでも、成果をつかみ取るまで続ける根性が必要だ。ある意味、馬鹿になってやってみようとしなければできない。とにかく種を植えて肥料や水をやって育てなければ、ただ計算やシミュレーションだけをどれだけ繰り返しても、収穫は永久に得られない。

種を植える前のステップが夢見ることであるなら、この夢を見るということがどれほど大事なことか。例えば、今、あなたがこの文章を読んでいるパソコンについて考えて欲しい。パソコンというものがこの世に初めて誕生した時に、それはいつどこに出来たかご存知だろうか。

それは、「これこれこういうものが、あったらいいなぁ」と夢見た人の頭の中に、世界最初のパソコンが出来上がったのだ。あとはそれを現実化し商品にまでしていくプロセスが続くだけである。

大昔の帆船が、真っ暗闇の中でも北極星を目指して進んだように、そして目的地に無事到着できたように、夢は目的地に連れていってくれる。現代のカーナビゲーションが、目的地をセットするだけで、音声と映像により至れり尽くせりで案内してくれるように、どんな長距離であってもどんなに複雑な道順であっても、迷うことなく到着することができる。

「思考は現実化する」という有名な言葉があるが、「夢もまた現実化する」のである。そして忍耐強く一歩一歩あゆみを進めていけば、千里の道も行けるように、世のため人のため自分のためとなる夢はたいていの夢が叶えることができるのである。

レオ
(私が4年半前に書いた文章です)

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.