兵庫交流

この土日に兵庫県に行ってまいりました。
約30年前に高専の工場見学で大阪を訪問して以来の、近畿入りとなりました。

現地でレンタカーを借り、宝塚市、伊丹市、尼崎市、西宮市、神戸市と5市を周り訴えきってきました。自分の所属組織の同志から題目の応援を頂き、諸天に守りに守られ、所期の目標を達成し無事故で帰宅することができました。この場を借りて、題目を贈って頂いた方々、応援してくださった方々に、心より感謝申し上げます。これ以上のことは詳細に書くことはしませんが、苦労も多かった分、最高に充実した2日間を過ごせました。

写真などを撮る余裕は無かったのが正直なところですが、次の2枚は帰路の神戸空港の様子です。予定より早く空港に着き、未だ閑散としています。

神戸空港-1-2

神戸空港-2-2

話は変わりますが、今回訪れた阪神地方には、近江商人の心得として、「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の三つの「良し」、すなわち「三方良し【さんぽうよし】」というのがあるそうです。売り手と買い手がともに満足し、また社会貢献もできるのがよい商売であるという意味だそうです。

私たちの実践もある意味で、立正安国の行動における「三方良し」とも言うべき、通じるものがあると思うのです。つまり「政治良し」「友人良し」「自分良し」を実現するものだということです。

よく言われるように我々は単なる選挙屋ではないのですから、立正安国への1つ1つの行動は、以下の3つのことを目指したものなのです。

1.政治を監視し菩薩界・仏界の政治家をつくり、国家・社会の平和と安穏を実現する(政治良し)
2.友人との対話を通じて、仏界の生命力を分かち合う(友人良し)
3.自分自身が功徳を受け、生活革命する(自分良し)

今回の交流で勢いを出して、自己の戦いの目標、功徳の目標へ向けて、自分に出来ることを100%やり切っていきます。

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村


“兵庫交流” への2件の返信

  1. レオさんへ

    兵庫交流ご苦労様でした。おかげで伊藤候補もかなり追い上げてきたようです。とはいえ、自民、お維新、民進、共産、公明で3議席ですので熾烈な戦いです。ちよさんも遠路ですが、レオさんは北海道でしたよね。お二人には頭が下がります。北海道には知人がいませんが、何かある時には走らねば、いや飛ばねばなりませんね。

    仏法には無駄がないと言われます。折伏であれ、法戦であれ、自他共の幸福と国の繁栄につながることを確信したいものです。何よりレオさんが元気なことが、こちらにもうれしいことです。

    7月には完全勝利で、私も晴れやかな梅雨明けの青空を皆さんと共に仰ぎ見たいものだと思います。

    共々に前進を! ありがとうございました。

  2. 王者の剣さん、いつも励まし有難うございます。
    多くの支えを頂いたことにより、万難を排して交流に行ってくることができました。何より御本尊のお力により、天候面、安全面などにおいて、諸天に守られきった兵庫旅でした。交流中の2日間で題目も計5時間あがりました。ホテルで囁【ささや】き題目でしたが、じっくり生命力を充電しました。その後のビールはまた格別でした。(笑) ちよさんも連日、東奔西走されているようで、婦人部にはただただ頭がさがります。

    初日、車の車外温度計で36℃だったのが、2日目北海道に戻ると14℃でした。その差22℃というから驚きです。それと無理のし過ぎもあったのでしょうが、帰宅後、少し体調崩しましたが、今はほぼ回復しました。自分らしく1つ大きな峠を乗り越えることができ、御本尊と同志に感謝です。自分も「晴れやかな梅雨明け」の完全勝利目指して、今日より新たな戦いを起こしていきます。有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA