砂川市・美唄市へ

最近、投稿が活動報告が続いていますが、もう少しお付合い頂きます。

去る28日に今回の主戦場内にある砂川市と美唄市へ、車に母も乗せて交流に行ってきました。
往復230km9時間の行程で、6人の友人などと対話できました。
この人数には父母の友人も含んでいます。

内2軒=4人には両軒とも家に上がって、じっくり対話でき、十数年振りに会えことに、手を取り合うようにして喜び合いました。

「法戦は単なる運動ではない、仏縁を深め広めることが最大の目的である」
との学会指導通り、元気になり、幸福になる仏縁を一段と深めることができた、その手ごたえを大きく感じた今回の交流でした。
母と共に大満足で無事故で帰着でき、夜は感謝の祈りを捧げました。

写真は2枚とも美唄市の写真です。
3月末にして未だに2mを超える積雪が残っているのが驚きです。
住宅地に入ると車がすれ違うのが困難なほどです。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


“砂川市・美唄市へ” への4件の返信

  1. ご苦労様私も3月25日歌志内滝川行ってきました。明後日11日も婦人部2人ヤング壮年部乗っけていきます。
    21日は大阪次の日は京都気合入れていきます。
    お互い頑張りましょう。

    1. うるさいおやじさん、模範の戦い大変にお疲れ様です。
      11日と21日も交流行かれるんですね、頭が下がります。
      無事故と勝利を援護唱題させて頂きます。
      私も題目で、さらなる友人掘り起こし、交流と挑戦していきます。
      今後も宜しくお願いします。

      1. 毎日ご苦労様行ってきましたよ関西、
        札幌の方ならお会いしたいですね?
        30年ぶりにあった大阪の友人、びっくりした
        京都の友人8時間話しても時間がたりない
        懐かしい京都伏見の組織の方思い出たっぷり
        書いてたら何行あってもたりません。

        1. いろいろとエピソードが生まれた有意義な交流でしたね。
          「道の遠さに志があらわれる」
          との御聖訓の通りの実践素晴らしいです。
          何行と言わず、ここで良ければ幾らでも書いて頂くのは歓迎です。
          私も負けずに見習ってガンバリます。

          私は苫小牧ですので、遠いようで近いですかね。
          札幌も今回また行くつもりですので、時間合えばお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA