題目の力

今年になって1月2日~3日に10時間題目をやり切りました。
→10時間唱題

ある意味、本当に行き詰り切ってしまい、崖っぷちでした。
もうどうにも策や方法が無くなってしまったのです。

10時間に取り組んだのは、理屈でも格好付でも何でもなかった、只々、御本尊に心からお願いしてみようとの一心だけでした。
折伏の進展の他に、生活面が3つで、合わせて4つの大きな問題を抱えていました。

その内、生活における問題2つが、この4か月を振り返ってみると、本当に驚くほど守りに守られ、ほぼ解決に至りました。

どちらも解決への道のりは困難を極めるものでした。
一難去ってまた一難と、次々と越えなければならないハードルが、何十個もありました。
それらの全てを題目の力で、ことごとく乗り越え問題解決することができたのです。
ここぞという大事な時に、まさに諸天善神というべき存在が現れること度々でしたし、身近な人々もこころよく協力してくれました。
解決に向けて自己の持てる力を100%発揮することもできました。

もしあの時の10時間と日々の題目の持続が無かったら、とてもですが、あれだけの困難の連続を、この短時日に切り抜けることは、不可能だったでしょう。
題目を根本に戦っていなければ、この5月を迎えても解決の道筋はついていず、心身ともに疲弊【ひへい】し切ってもいたでしょう。

真実一切衆生色心の留難を止むる秘術は唯南無妙法蓮華経なり
(御書p.1170)
との御文を自分らしく読むことができました。

以上、プライベートでもありこと細かにはここに書けませんが、題目の力、すなわち創価の御本尊の力をまた大きく体験させて頂き、心より感謝しています。
先生、同志の皆様ありがとうございます。

あとまだ未解決の問題も残っていますので、改めてまた慶びの報告ができるように、ベストを尽くしてまいります。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


“題目の力” への1件の返信

  1. しばらくでした。marimoです。

    題目の力はすごいですね^^
    私も、5,6日と5時間題目を唱えました。

    それで、メールアドレスが変わりました。今送ったものに、メール頂ければ助かりますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.