20万アクセス達成!

本ブログ『夢の醸造所3.0』は3月1日に、20万アクセスとなりました。これも読者の皆さまのお陰です。誠にありがとうございます。これからも、創価の偉大な仏法を宣揚し、自身の境涯革命の足跡を綴っていけるよう勇猛精進していきます。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


世界青年部総会

本日、青年部を連れ出しして世界青年部総会へ行ってきました。壮年・婦人は別な部屋で同放を見る形でしたが、青年の情熱漲る国際色も豊かな、素晴らしい総会でした。全世界1500会場をつなぎ青年部員だけで75万人が集いました。「学会はとうとうここまで来たか」と、見ていて感動で何度か胸が詰まりました。

自分も過去に何度か、1万人~2万人規模の会合に参加してきました。3日前に電話で話を聞いて全国学生部大会のため、北海道から東京の武道館に行ったこともあります。全国の数百大学の学生部が一堂に会しました。当時の青年部長が太田昭宏さん、学生部長が谷川佳樹さんです。今日の総会はスケールも熱気も、はるかにそれらを超えるものでした。

ここ最近、地元青年部を何度もまわる中で、30年以上前に武道館に集ったりしたことが思い出されてなりませんでした。1人の青年の活躍の陰に、どれほどのおじちゃん・おばちゃん達の真剣な思いと祈りがあることか。その期待を裏切らず大成していって欲しいと、思いを新たにしました。

大震災からちょうど7年の今日、総会では会長指導の中などで、復興へ闘う東北の方々を皆で讃える時も持たれました。正にこの日に、日本・世界の青年が広布のバトンを受け継いだことは、世界の平和と安穏実現への大きな象徴です。昨年の核兵器禁止条約の採択、さらに先日の米朝首脳会談の進展と、世界青年部総会開催と時を同じくしたのは偶然ではないと思います。先生の指針にあるように「青年の情熱と力」こそが、世界を変えるのですね。

3・16という後継の儀式に集い合った、池田先生を中心とする当時の青年を源流とした、60年にわたる一つの総決算の姿が今日の会合でした。その時に、応援ではありましたが馳せ参じることができ、最高の喜びです。池田先生、同志の皆さまに感謝申し上げます。これを励みにして、これからも広布の戦いに喜び勇んで戦っていきます。

(H30.3.13 一部、修正しました)

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


春、足どりも軽く!

写真は配達にも使う、新しく買ったブーツです。――ブーツというよりはどう見ても長靴ですが(笑)――実は今まで履いていた防寒も兼ねる靴は、「水たまりを歩くと、なぜか水が沁みるなぁ」と思いつつそのまま履いていました。ところが、先日かかと部分が大きく裂けているのを発見。穴が開いたまま長い間履き続けていたのです。「なぜ気づかなかったのだろう?」と我ながら呆れてしまいました。

古い防寒靴は冬を三度にわたって使い続け、ある意味、自分の足の一部というか「戦友」みたいなものでした。写真を撮ろうと思うのが遅く、すでにゴミステーションに行っておりました。さて、新しいブーツは(笑)、前より少し値段が張りましたが、滑りにくいし非常に履き心地が良いです。油断は禁物ですが、春への変化と重なって、足どりもついつい力強く軽快になってきます。

過去にない位の大きな広布の戦いのなか、お陰様で仕事も忙しくなりました。色々と大変なことも多いですが、同じ戦うなら悲観的に捉えるのではなく、春らしく足どりも心も軽く、楽しく戦っていこうと一念を改めています。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


嵐の後の悪路面

今回の爆弾低気圧は台風並みに発達し、暴風と大雪の被害をもたらしました。ここ苫小牧では、林道でスタックした車を救助に来たロード・サービスの青年が、雪の中で死亡するという痛ましい事故も発生しました。気温が上がるそうなので、引き続き雪の事故に注意しましょう。

嵐が去った後の、今朝の路面状況は最悪でした。嵐後半の雨で融けた雪が、今朝の氷点下の気温のためガリガリの固い氷となったのです。写真では分かりずらいですが、歩きにくい歩きにくい。除雪の行き届いていない場所もあり、車がはまってしまいそうな所も何カ所かありました。しかも、ところどころ、それもつい油断してしまう箇所に、ツルツルのブラックアイス面が出来ていて、何度も転倒しかけました。

 

それでも、同志の方々のお題目と、自らの日頃の地道な題目に守られて、今日も無事故で配達完了しました。ふと思ったのですが、なぜ自分は、こうして路面状況など配達の模様を、ブログでこと細かく報告しているんだろうと、自ら不思議に思ったりします。余り見かけない記事だからこそ、こういう記事があってもよいのではと、温かく見守って頂ければ有難いです。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村